破水したらどうする?見分け方と気をつけること

妊娠後期になると「突然破水したらどうしよう」と不安に感じる妊婦さんが少なくありません。特に破水から出産が始まる場合は、急なのでバタバタしがち。そのために破水や破水時の行動をしっかり予習しておけば、大丈夫です。さっそく破水の疑問を解消しましょう。

そもそも破水するってどういうこと?

破水とは、羊水を包む卵膜が破れること

妊娠中、赤ちゃんはママのおなかの中で、羊水のプールでゆらゆら泳いでいる状態です。その羊水を包んでいる卵膜が破れて、羊水がママの体外へと流れ出ることを「破水」と言います。
破水が起こる状況としては、子宮口が最大になって、赤ちゃんがいよいよ生まれるというときがいちばん多いのですが、陣痛前に破水が起こる人もたくさんいます。これを「前期破水」と言います。出産への心構えができないまま、日常生活のなかで突然の破水に遭遇するとすれば、この前期破水がほとんどでしょう。

破水の原因は人それぞれ。あまりに重いものを持ったり、胎動が激しすぎたりしたときに、卵膜が物理的な衝撃を受けたことで発生することもありますし、卵膜の炎症や高齢出産による影響なども考えられます。



破水の見分け方は?

出典: http://beaut.ie/2012/mini-survey-what-would-you-like-to-see-us-do-more-of/#.VWKAAU-8NjM

見分けるポイントは2つ!

妊娠中は大きく育った赤ちゃんによって膀胱が圧迫されたり、筋力が衰えてしまったりすることが原因で、尿モレに悩むママも少なくありません。そんなママたちが心配するのが、尿モレと破水の見分け方です。
尿モレも破水も、人によって感じ方は色々です。どちらの場合も、チロチロと少量ずつ出る人もいれば、ドバッと大量に出てしまう人もいます。なので、量や出方によって破水を判断するのはなかなか難しいのです。

でも、ご安心ください。尿モレと破水には見分けるポイントが2つあるのです。

1.ニオイ…「無臭」「生臭い」なら破水かも。「アンモニア臭」なら尿漏れです!

羊水は生臭いと言われていますが、まれに無臭という人もいます。一方、尿には多かれ少なかれアンモニア臭があります。
ですので、アンモニア臭があれば尿で間違いありません。

2.力の入り具合…力を入れていなくてもモレるなら破水の可能性が

尿モレはクシャミや笑った拍子、あるいはしゃがんだり、荷物を持ったりした瞬間など、身体に力が入ったときに起こります。
ところが、破水は寝ているときでも起こるのです。
身体に力を入れていないのにも出てくるなら、破水の可能性が高いです。 事前に見分ける方法がわかっていたとしても、自分で判断するのを不安に思うプレママさんは少なくありません。 「もしかして破水?」と不安に思ったら、遠慮せずに産婦人科の先生に相談してみましょう。

突然の破水!どうすればいい?

出典: http://www.mybabiesplanet.com/pregnancy/pregnancy-can-use-of-cell-phone-harm-your-baby.html

まずは落ちついた行動を

陣痛前、日常生活の中での突然の破水は考えるだけでドキドキもの。
でもどうか慌てないで。次のステップにしたがって、落ち着いて行動すれば大丈夫です。

ステップ1 感染症に気をつける

破水=卵膜が破れることで、赤ちゃんが外部との接触を持つことになります。赤ちゃんに感染症のリスクが発生するので、気持ち悪いと思ってもお風呂やシャワーはNG!汚れた下着を取り替えて、多い日用の生理用ナプキンやタオルをあてておきましょう。

ステップ2 病院に電話する

次に破水の状況を産院へ伝えて、指示を仰ぎましょう。
正期産(妊娠37~41週)の破水であれば、そのまま入院して出産へ進むことになるでしょう。また37週未満の場合は、小さな赤ちゃんをより長くおなかで育ててから出産するために、少し長い入院になることがあります。いずれのケースにせよ、突然の破水に対応できるように、妊娠後期に入ったら入院準備はしておくようにしましょう。

ステップ3 病院へ移動する

最後に、破水かどうか診てもらうため、またはそのまま入院するため、病院へ向かうことになります。
徒歩や電車だと破水が多くなったときに動けなくなってしまう恐れがあるので、家族が運転する車かタクシーを利用しましょう。羊水対策としてバスタオル、レジャーシートなどを座席に敷くのがおすすめです。 出典: http://www.macleans.ca/society/life/theres-a-pill-for-that/

逆子の破水の場合には、特に注意して!

破水したからといってパニックになる必要はありませんが、ひとつだけ注意したいのが逆子ちゃんの破水。

赤ちゃんの頭が下を向いた状態だと、卵膜にできた穴を赤ちゃんの頭がふさいでくれますので、羊水が大量に流れ出ることはありません。ところが、逆子ちゃんの場合は足が下に来ているので、卵膜の穴がふさがらず羊水が出続けてしまうことも。
羊水が減りすぎると赤ちゃんが苦しくなってしまう危険があります。バタバタ動くと羊水がさらに流れてしまうことにもなりかねないので、逆子ちゃんがおなかにいるママは、より落ち着いて行動するように注意してくださいね。



どんなときも落ち着いた行動を♪

出典: http://www.todaysparent.com/blogs/pregnant-pause/8-things-i-learned-during-pregnancy/
順序はどうあれ、破水は妊婦さんなら誰もが通る道。そうとわかっていても、ただでさえドキドキの連続である妊娠中に、突然破水してしまったら慌ててしまうのは当然かもしれません。けれど、おなかにいる赤ちゃんのためにも、ママはどうか落ち着いて行動してくださいね。