無排卵月経とは?生理が遅れる・周期が遅い…に潜む気をつけたいこと

普段から生理が遅れ気味だったり、周期が極端に遅い場合、無排卵月経であることがあります。無排卵月経の症状や治療法についてご紹介いたします。

無排卵月経とは?症状は?

月経はあるのに排卵が行われていないことを無排卵月経と言います。これは普段通りに月経があるので自分ではなかなか無排卵であることに気づきません。しかし無排卵ですから、妊娠したいと思った時に妊娠することができないのです。

この無排卵月経は主に30代の女性に多く、約1割の方が悩んでいる病気です。生理周期がバラバラで月に2度来たり、数ヶ月に一度ダラダラと長く続くといった症状がある方もありますが、いつもの生理と同じように規則正しい周期であっても無排卵である場合があります。

無排卵月経の原因・治療法

無排卵月経は主にホルモンのアンバランスから起こります。月経が起こる仕組みとして、まず脳の中枢から卵巣へ女性ホルモンを出すように命令が出ます。

次に卵巣は卵を育てて女性ホルモンが多く分泌するようになります。これが正常な流れなのですが、脳にストレスを感じて卵巣へ命令をださなくなったり、卵巣の機能が正常に働かなくなると、女性ホルモンの分泌がうまく行えなくなってしまいます。
そしてホルモンはバランスを崩してしまい、無排卵月経を引き起こしてしまうのです。

無排卵月経の治療法としては、漢方薬で体質改善を図ったりホルモン剤によってホルモンバランスを整えることが一般的ですが、早急に妊娠を望んでいる場合には、排卵誘発剤を使用することもあります。

無排卵月経の対処法

では無排卵月経への対処法を三つご紹介いたします。

基礎体温を測る

無排卵月経であるかどうかを認識するためには、基礎体温を毎日測り続けてグラフをつけることが大切です。まず前回の月経から今回の月経までの間に、体温が高い時期と低い時期があるかを確認します。
高体温と低体温の温度差は0.3℃以上なければいけません。

排卵が行われるのは低体温から高体温へ変わるときに一度体温が少しガクッと下がる時ですので、そのようなグラフになっていれば問題なく排卵が行われていると言えます。
しかし低体温が長く続いていたり、高体温時と0.3度以上差がなかったりすると無排卵である可能性がありますので、婦人科を受診して相談してみましょう。

バランスのとれた食生活を積極的にとる

過度なダイエットや暴飲暴食などの不摂生な食生活はホルモンバランスの乱れを引き起こしますので、三食きちっとバランスのとれた食生活を送るように心がけましょう。

体を温める

冷えはホルモンの働きを鈍くしてしまいますので、エアコンの効きすぎた部屋に長時間いたり、シャワーだけで入浴を済ませたりしないようにしましょう。食事も水分もなるべく温かいものを積極的にとるようにしましょう。

妊娠しやすい体づくりをしましょう

無排卵月経で治療が長引いてしまうと、なかなか妊娠できずに不妊へと繋がっていき不安は募るばかりです。希望した時にすぐ妊娠できるように、普段から基礎体温を測り自分の生理周期を知り、妊娠しやすい体づくりを心がけましょう。