生理でレバー状の塊が出るときの原因や注意点について

生理の時のドロッとした血の塊。初めて経験した人は驚きますが、毎回のように出てる場合は「いつものこと」とスルーしてしまいがち。でも実はその血の塊、病気のサインかも知れません!今回はなかなか人と話す事の少ない、生理のレバー状の塊の正体についてお話します。

生理時に出るレバー状の塊は何?

溶けきらなかった子宮内膜

女性の体は妊娠に備え、子宮内膜を厚くし、受精卵を待ちます。受精が成立しなかった場合、厚い子宮内膜は不要になり、剥がれて体外に排出されます。
その際に、排出しやすいよう剥がれた子宮内膜を酵素の力でサラサラの血液にします。これが生理の経血です。生理時に出るレバー状の塊は何らかの理由で解けきらなかった経血や子宮内膜の組織の一部です。

生理時に出るレバー状の塊が出る原因

原因は子宮内膜の厚さ

子宮内膜に対して酵素が足りていない事が原因です。子宮内膜を厚くする女性ホルモンの分泌量が多いと酵素を途中で使い切ってしまい、塊が出るようになるのです。
ただこの現象は、性的に成熟している20代後半から30代の女性にはよく見られる現象で、決して珍しい事ではありません。この場合は心配する必要は無いでしょう。

血行不良が原因のことも

東洋医学では生理のレバー状の塊は子宮の血流が悪くなり、滞っているサインと考えられています。
この血流が悪くなっている状態のことを「於血(おけつ)」と呼んでいます。「於血(おけつ)」の原因として考えられているのが冷えや、食生活の乱れ、ストレスなどです。生理痛がひどかったり、イライラしやすい人は於血体質であるといわれています。

生理時に出るレバー状の塊が出るときの注意点

病気のサインかもしれません

生理時にレバー状の塊が出る場合、月経量が多い事が考えられます。月経量が多い理由として以下のような病気も考えられます。

・子宮内膜症・・・子宮内膜が子宮内以外に出来てしまう病気です。月経量が増加し、強い腹痛を伴います。

・子宮筋腫・・・子宮の筋肉から発生する良性の腫瘍のことです。子宮内膜症と同様、月経量が増え、強い腹痛があります。腫瘍が大きくなると、頻尿などの症状が出る事もあります。

上記以外の子宮の病気の可能性もあります。今後の妊娠に影響が出る事もあるので早めに受診するようにしましょう。

塊のサイズに注目

塊は塊でも非常に小さい粒つぶ(5mm~7mm程度)のような塊が出る事もあります。
このような場合は心配ありません。梅干サイズよりも大きく、指でつぶせるものがレバー状の塊です。
こういったものがみられる場合、月経量が多いと考えられます。生理の塊の大きさを他人のそれと比べる事はなかなか難しいと思いますので梅干サイズを目安にしてみて下さい。

生活の乱れを直そう

上で紹介した於血は様々な病気に繋がります。生理時にレバー状の塊が出たときは血流が滞っているサインととらえ、生活習慣を改善してみましょう。食事は腹7分目程度にし、脂肪分や糖分の多いものは控えたほうが良いです。また、タバコやコーヒーも血流を悪くする原因になります。控えましょう。

レバー状の塊は体からのサイン

生理は人と比べる事が難しいので、レバー状の塊が出ても「生理とはこういうもんだ」と思い込んでいる人もいるかもしれません。生理時のレバー状の塊は子宮の病気や於血を知らせる、体からのサインです。

早期に発見し、受診や生活の改善が出来る事で治療の可能性が広がります。体の成熟によるホルモンの増加など、心配の無い場合もありますが、受診してみて何も無いと安心する事ができます。
特に今後妊娠を考えている方は、レバー状の塊が出たら軽く考えずに、しっかり受診するようにしましょう。