臨月の妊婦さんの風邪対策。悪化しないとっておきの方法

出産まであとちょっとというところで風邪。困りますよね。万全の体調で出産に臨めるよう、妊婦さんの風邪が悪化しない方法についてまとめていきます。

臨月に風邪を引いたら?症状は?

妊娠中は赤ちゃんを異物扱いしないために、ママの体はわざと免疫を下げて、赤ちゃんを受け入れています。しかし、そのために風邪などのウィルスには感染しやすく、また、悪化しやすかったり、長引きやすかったりします。ただ、胎盤を通してウィルスが赤ちゃんに運ばれることはありません。
このまま出産まで風邪を引いていた場合、熱がある場合は、体力が落ちて十分にいきめなかったり、40度近い高熱が続くと、赤ちゃんに影響がある可能性もあるようです。普通の風邪の発熱ではほぼ影響はないようですから心配しすぎないようにしましょう。
咳がひどい場合はお腹が張ったり、子宮口が開いてしまい、早産の恐れがあったりするようです。また、咳でも体力が消耗しますし、出産時に呼吸を整えづらいので、出産の時に心配ですね。咳がひどくても赤ちゃんが苦しかったり、聴力に影響が出るということはないようなので、その点はあまり心配しなくていいようですよ。
鼻水や鼻づまりがひどい場合も、出産時に呼吸が整えにくく、分娩中に苦しくなったり、いきみづらくなるので心配です。
臨月にもし風邪を引いてしまったら、出産までに治るようにすることが大切ですね。



臨月に風邪の治療法・赤ちゃんへの影響は?

風邪を引いたら、保温と栄養と休息が一番の治療です。それでも、症状がひどかったり、長引きそうな場合は受診をしてお薬をもらった方が安心です。
妊娠中はお薬を飲んではいけないと思っている人が多いですが、実は安心して飲めるお薬もあります。ただ、ロキソニンやボルタレンといった消炎鎮痛剤は妊娠後期前後に内服すると赤ちゃんの心臓に影響を及ぼすため絶対飲んではいけないといった注意が必要な成分もありますから、市販の薬を飲んだり、自己判断で家にある薬を飲んだりはしないでくださいね。きちんと産婦人科を受診をして、処方されたお薬を飲んで、短期間で治すようにしましょう。
風邪の場合、葛根湯やPLを処方されることが多いようです。

臨月の風邪対策方法

風邪を引かないために

妊娠したら、人ごみを避けたり、普段からマスクをつけたり、うがい手洗いを今まで以上に心がけていきましょう。粘膜を強くするビタミンCを摂る事も大切です。睡眠はきちんととり、体力が落ちないように心がけましょう。
それでも風邪を引いてしまったら、まずは体を温め、休息をとりましょう。無理は禁物です。上のお子さんがいる時は、ご家族に協力してもらえるといいですね。入浴するのが不安であれば、足湯をすれば体が温まりますよ。お風呂場を湯気で満たして足湯をすれば、鼻づまりや咳などにも効果的ですよ。

咳に対して

咳が強く出る時は、こまめに部屋の換気と部屋の加湿を行いましょう。マスクも自分の息で加湿ができますから、有効です。あまりひどく咳き込むと、体に負担になり、喉が切れる原因にもなりますから、小さく何度も咳き込むようにしましょう。横になってしまうとひどくなることが多いので、体は起こしておいたり、苦しい時は台などを利用して前かがみの姿勢を取ると楽です。おなかが大きいので、気分が悪くなるようであれば、体勢を変えましょう。他にも、背中を温タオルで温めたり、温かい飲み物を飲むのも有効です。自然療法として、昔からはちみつ大根が咳には効果的と言われているようですよ。
出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/37505/recipe/267841
はちみつ大根

鼻水・鼻づまりに対して

咳と同じく、マスクでの加湿や部屋の加湿が有効です。鼻水が出る時はきちんとかんで、すすらないようにしましょう。ティッシュでこすることにより、刺激になるので、鼻の周りの皮膚の保湿も忘れずに。一気に両鼻をかむと、中耳炎になる可能性があるので、片方ずつ、少しずつかむようにしましょう。鼻の周りに温タオルを当ててあげると、簡単に加湿が出来るのでお勧めです。

熱に対して

熱はこれから上がる時には背中がぞくぞくするような悪寒がします。その時は体は冷やさず、むしろ温めてあげましょう。布団をかぶったり、足湯をするのも有効です。熱が上がりきると布団をかぶっているのも嫌なくらい暑くなりますから、その時に薄着になり、体を冷やすようにしましょう。首や脇のそばに太い血管が通っていますから、アイスノンなどを当ててもいいでしょう。
熱が出ている時は脱水にならないように水分を摂るのを忘れずに。
自然療法では熱には梅干のクエン酸がいいようです。



みんなの声

風邪には休息と保温。ひどいようなら病院へ。

妊娠中は免疫が下がっています。そのため、妊娠前よりも風邪を引きやすい状態です。風邪を引かないためにも、日ごろから疲れをためないようにして、マスクやうがい手洗いなどの基本的な予防法をきちんと行いましょう。もしも風邪を引いてしまったら、休息と保温を心がけ、症状がひどい場合は早めに病院に行ってお薬をもらうようにしましょう。短期間で内服する分には赤ちゃんには問題はありません。ただし、薬は必ず医師の診断で処方してもらい、市販の薬は飲まないようにしましょうね。