サンタさんにまつわる子どものあるあるエピソード14選「サンタさんの包み紙イトーヨーカドーと一緒だね」

子どもにとって、サンタさんって大切な存在ですよね。「今年も来てくれるかな〜。」「○○が欲しいな〜。」「いい子にしてないとくれないかな〜。」と、街や家の中に、クリスマスの飾りが増えるたびにテンションもあがってきます。そして、そばにいる大人達も、また、ドキドキソワソワの日々。そんな、クリスマスのあるあるネタをまとめました

  • サンタにまつわる子どものあるあるエピソード14選
  • 親子で素敵なクリスマスを!


  • 子どもの思いはとっても純粋

    ハロウィンが終わり、街がだんだんとクリスマスカラーに染まってきました。と、同時に、お子さんのいるご家庭では、クリスマスツリーやプレゼントの準備が始まっているのではないでしょうか。

    子どもがいない間は、クリスマスと言っても、普通に仕事をしていたし、せいぜい週末にケーキを食べるくらいのものでしたが(我が家ではそうでした…)、子どもが3歳くらいになってくると、そうもしてられませんよね。

    子どもにとって、サンタさんは、年に一度、我が家にやってくる大切な存在。今年は何くれるのかなー?ほんとに来てくれるのかなー?と、ドキドキワクワクする日々から、もうクリスマスの始まりです。

    子どもの思いはとってもピュア。純粋にサンタさんを待ちこがれる子供達(と、周りの大人達)の、あるあるエピソードをまとめました。



    サンタにまつわる子どものあるあるエピソード14選

    1. よく見ています

    プレゼントの中身や、クリスマス・イブの夜に置くことには気を使いますが、そんなところにまで気が回りません…

    家の息子は、包み紙やプレゼントの袋を見て「サンタさん、今年はヤ◯ダ電機で買ったんだなぁ。」とか「今年は、駅の鉄道模型屋で買ったんだなぁ。」とか言ってた(´ー∀ー`)w 昔、お店の店員さんに「サンタさん、買いに来ましたか?」と聞こうとして、全力で阻止した(´ー∀ー`) w RT

    出典:

    twitter.com
    どこで買ったか、全部バレバレ。

    今ふと思い出したけど、子どもたちが小さい頃クリスマスプレゼントを枕元に置いた朝、息子はうつろに起きて一瞬見てまた寝るかと思いきや秒速で起きて娘を揺り起こした。娘は「ママ、サンタさんの包み紙ってイトーヨーカドーと一緒だね♩」と笑った。女は怖いぜw

    出典:

    twitter.com
    女は、そういうことには目ざとい。

    2. 自然に生えてきます

    おもちゃを欲しがる子どもが多いと思いますが、こんなものを欲しがる子もいるようです。

    子どもが書いたサンタさんへのプレゼント請求の手紙。

    (訳)歯が抜けたので、大人の歯を1本下さい。

    出典:

    twitter.com
    多分、それは、サンタさんに貰わなくても、君の歯茎にもう準備されてる。

    3. それだけでいいの!?

    子どもは純粋なので、できるだけ高額なものが欲しい、なーんてそんな腹黒い思いはカケラもありません。今、欲しいと思うものが欲しいんです。

    私子どもと関わる仕事してんだけどある子に今年サンタさんに何お願いするのか聞いたらグミ70個って言ってて平和だな〜と思った

    出典:

    twitter.com
    グミ70個が、今一番欲しいものなんだな〜。平和だな〜。

    週末にクリスマスの飾りをちょこっと出したら、息子がサンタさんだぁー‼️と食いついていたから、プレゼント何お願いする⁉️と聞いてみた😊
    答えは…イチゴのケーキ🍰
    他には⁉️と聞くと…プリン🍮
    おもちゃでもいいんだよ⁉️には…タオル🌟
    まだまだベビーちゃんでホッとした💕💕

    出典:

    twitter.com
    ケーキに、プリンに、タオル!いいよいいよ〜。用意してあげるよ〜。

    4. 親だって必死です

    親は、子どもの欲しいものを探るため、そして、子どもの夢を壊さないように必死なんです。

    デパートで働いているのだが、今日はおもちゃ売り場の
    横にずぅーっとおりました。
    小さい子どもと親御さんと言う組み合わせが非常に多かった
    のですが、どの親も同じ言葉を言っておりました。
    「今日は買わないよ。」「サンタさんにお願いしときない。」
    そして「それくれるかわからんけどね。」

    出典:

    twitter.com
    我が家も、パソコンでおもちゃを選びながら、同じこと言ってます。

    5. 親はヒヤヒヤです

    小学校の3,4年生くらいになってくると、毎年、親もヒヤヒヤです。

    2年生が神妙な顔で「本当にサンタさんって」と言いかけたので、とうとうばれたかと身構えたら「トナカイに乗ってくるのかなぁ。あ、今年はミルクとクッキー用意しなきゃ。去年no milk no cookieって書いてあったよね。あ、てことは同じサンタが来たのか」知恵ついてんだか何なのか。

    出典:

    twitter.com
    まだ、サンタさんの存在を疑う方向には、知恵を使っていないようです。

    6. 子どもは本当に信じてます

    大人になってだいぶ経っていると、子どもの頃の思いを忘れてしまっていますが、子どもは、「本当に」信じてるんですよ!お父さん!

    サンタさんにプレゼントとか嘘だろ〜!って思ってたらうちの従妹がガチだった クッキー焼いてホットミルクとにんじん用意してた…お母さんのベッドで寝てるからってサンタさんに「こっちで寝ています」って矢印の張り紙してた…その夢が今年父親の不用意な行いによって砕かれたと聞いて泣くしかない

    出典:

    twitter.com
    お父さん…子どもの夢を砕かないで〜〜!

    子ども達があれ欲しい!これ欲しい!というたびに「じゃあクリスマスプレゼントでいい?」という夫、本当にやめてほしい。うちはクリスマスプレゼントはサンタさんしかくれないの。だから本当にやめて。お願いだからやめて。

    出典:

    twitter.com
    そこは、「サンタさんにお願いしたら?」と言いましょうよ。

    7. クッキーでお出迎え

    筆者が子どもの頃は、そんな風習なかったような気もするのですが、最近は、訪れるサンタさんのために、クッキーとミルクを用意しておくご家庭も多いみたいですね。

    「サンタさんへ
    こんばんは!手づくりクッキーよういできなくてごめんなさい
    となりのかみにサインかいてください
    がんばってください!」

    妹がこんなん書いてた✋(笑)
    来年も書くんだろうな( ̄▽ ̄)
    今度は手作りのクッキーで
    サンタさんでむかえてあげてください

    出典:

    twitter.com
    クッキーの準備だけでなく、パパ・ママはクリスマス前に、筆記体の練習をしておいたほうがいい。

    8. 色が重要です

    小さいうちは、「プレゼント」の意味も、いまいちよくわかっていません。リボンがついてるきれいな箱、くらいにしか思っていないのかも!?

    この二日間で娘に「サンタさんからどんなプレゼント貰いたいの?」と聞いても「黄色いプレゼント!」と、めっちゃ抽象的な答えしか返ってこなかったので残り一ヶ月半で黄色いプレゼントを探す旅に出ないといけない

    出典:

    twitter.com
    我が家も、双子の娘が2歳の時は、それぞれのリクエストが「黄色いプレゼント」「ピンクのプレゼント」でした。

    9. パパ vs サンタ

    パパとサンタは、さぁ、どっちが優しいのか!? パパとサンタは、べ、べべ別人ですからねぇ…

    10. サンタの代弁です

    パパ・ママは、サンタさんとは別人ですが、サンタさんの代弁をすることだってあります。

    「今年のクリスマスはサンタさんにヴァイオリン買ってもらうんだぁ~」って娘が言ってるので「サ、サササンタさん1万円以上のプレゼントは無理って言ってた気がする~」って言いました。すまん、娘。

    出典:

    twitter.com
    パパ・ママとサンタは、知り合いなのだ。

    息子が「今年のサンタさんのプレゼント、ドローンが欲しい!」と、言われる…「世界中の子供らが気を使わんとサンタの金がいくらあってもたらんけえ、しかも大人でもどこでも飛ばせんしぶつぶつ」と言ったらわかってくれました。ドローンとか要求するくせに、まだ信じとるみたい…

    出典:

    twitter.com
    世界中の子供達、みんなでちょっと気を使いましょう。しかし、ドローンが欲しいなんて、すごい。

    11. 小芝居するサンタ!?

    サンタさんがプレゼントを用意するところを想像する子供達。その想像力が、また豊かです。

    今朝、やっとサンタさんが来たごまが、「サンタはさあ」呼び捨てかよ~💧「どうやってプレゼント買うのかな~?おじいさんのふりをして、娘に頼まれましてのう~って買いに行くのかなあ」何故、サンタがそんな小芝居を(^^;)

    出典:

    twitter.com
    サンタは、きっと、魔法でプレゼントを用意するんだよ。

    12. 一生恨まれます

    サンタさんが来るのは、年に一度。その一日を逃したらダメなんですよ〜、お父さん!

    娘が寝ている時にコッソリ枕元にプレゼントを置くつもりが酒飲み過ぎて13時間も寝てしまい起きた時に娘が先に目覚めていて今年はサンタさん来なかった〜と朝から泣いている件

    やっちまった💦

    出典:

    twitter.com
    イブの夜は、深酒しない方がいい。

    13. 大人の思惑はみな同じ

    子供のピュアな思いを利用して、おりこうにさせようとする、大人はなんて欲深いのでしょう。

    今も昔も変わらないのは、
    おりこうにしてないと、サンタさんは来ないよって、
    楽しみにしている子どもたちに、
    パパやママが目一杯の人参をぶら下げる。

    出典:

    twitter.com
    ただではサンタは来ないよ〜。

    部屋に散らかってるプラレールは私、片付けないよ?(廊下につながってるレールは邪魔だから何とかするけど…)息子たちには「ここのお部屋キレイにしないとサンタさん、プレゼント持ってきてくれないと、きっと」って言って、サンタさんを出しにして彼らに片付けさせよう。

    出典:

    twitter.com
    この時期にだけ、使える技です。

    14. サンタさんも大変です

    サンタさんは大変だよ。

    娘へのプレゼント。
    「アンパンマン」って返事に期待しながら、さりげなく聞いてみた。

    結果は、
    「おほちたま」お星さま
    「わんわん」
    「ニャンニャン」

    お星さまは、買えません。
    アパートだから、犬も猫も無理(_)

    出典:

    twitter.com
    う、うーん、ここは1つ、ワンワンとニャンニャンのぬいぐるみで手を打ってくれませんかね?

    親子で素敵なクリスマスを!

    いかがでしたか?
    お子さんのいるご家庭でしたら、身に覚えのあるエピソードもいくつかあったのではないでしょうか?

    クリスマス前のワクワク感って子どもにとっては大切なもの。
    クリスマスの朝に、本当にサンタさんからのプレゼントが来ていたら、それはもう最高に嬉しい気分です。

    そして、プレゼントを嬉しそうに開けている子ども達を見られることが、大人にとってのクリスマスプレゼント。そんな親子の時間こそが、サンタさんからの本当のプレゼントなのかもしれませんね。

    親子で素敵なクリスマスをお過ごし下さい。