分娩費用はいったいどれくらい?出産方法によって異なる?分娩費用まとめ

出産やこれから始まる育児にはとてもお金がかかりますね。妊娠出産は基本的に健康保険がききません。また出産する医療機関によっても、出産方法によっても費用は異なってきます。そこで今回は、出産方法による費用の違いについてまとめてみました。あくまでも目安の数字ですが参考にしてみてください。

分娩にかかる費用とは

分娩にかかる費用の明細は、一般的に以下のようになっています。

■入院費(部屋代、食事代、新生児世話料など)
■分娩費(手術、分娩介助、胎盤処理の費用など)
■新生児の検査費用
■消耗品(産褥ショーツ、ナプキン、母乳パッドなど)

金額の目安としては、入院費が10万〜30万円、分娩費10〜30万円、新生児の検査費用3万〜5万円、消耗品1〜5千円くらいです。



出産方法別の分娩費用

病院の施設の規模や、私立か公立か、または個室か大部屋か、などによっても金額は異なってきます。
また出産の方法によっても,費用は変わってきます。

自然分娩

自然分娩は、医療機関によりますが40万円から75万円くらいです。出産前に医療機関に確認してみるといいでしょう。

帝王切開

帝王切開の分娩費用だけを見ると、平均的な分娩費用と大きく差がないといわれています。しかし、帝王切開の入院日数は、通常の分娩による入院のおよそ2倍となりますので、その分の入院費用がかかります。
通常の分娩費用に加えて、10万〜15万円くらいを見込んでおいてください。

また、妊娠前から民間の医療保険に加入していると給付金も支給されます。

合併症や切迫早産

妊婦が合併症などを患う場合、もしくは切迫早産などの場合には通常の分娩とは違ってさらに費用がかかります。

症状の重症度によって異なりますが、通常の分娩費用に加え、10万円程度を見込んでおくと良いでしょう。

妊娠高血圧や妊娠糖尿病での入院が必要となると,さらに費用がかかります。

無痛分娩

無痛分娩は、自然分娩費用に加え、いくらか上乗せされるケースが多いようです。上乗せ額は約1万円から約20万円と、医療機関によって開きがあります。

その他

どんな出産方法でも、平日9時から17時以外の時間帯での出産になると時間外手当が上乗せされ、出産費用が1割増くらいになることがあります。また、初産婦は経産婦と比べ、費用が3万円くらい上乗せされる医療機関もあるようです。

病院によって様々なので、事前に問い合わせることをおすすめします。

限度額適用認定証の申請をしよう

帝王切開や切迫早産のように事前に入院が分かっている場合、もしくは通院で高額な医療費が予想される場合は、限度額適用認定証を健保組合、もしくは協会けんぽ、もしくはお住まいの市区町村役場に申請しましょう。高額医療費を健保組合または国保組合で立て替えてくれます。

出産までに準備しておきたい費用はいくら?

分娩費用は約40万〜75万円になります。

現在では多くの医療機関が出産費用を補填してくれる出産育児一時金の直接支払い制度や受け取り代理制度に参加しています。
そのため退院時には、かかった出産費用から42万円を差し引いた額を退院時に支払うことになります。

ただし、この数字はあくまで目安であり、出産時は何が起こるか分かりません。
細かい金額は病院によって異なるので料金に疑問があれば、病院に詳細を説明してもらいましょう。



先輩ママの声

お金も赤ちゃんを迎えるための準備です

新しく増える家族のためのお金、できる限り用意しておきたいものですね。お母さんは安心して出産に望めるように、出産時に使える公的な補助制度など、ぜひ事前に確認しておいてくださいね。