妻が妊娠中に夫ができること

女性が妊娠すると、赤ちゃんが誕生するその日まで肉体的にも精神的にもめまぐるしい変化がおこります。多くの女性が様々な変化に戸惑い、時には体調を崩してしまうこともあります。そんな時に、一番便りになるのはそばにいる夫です。妊娠中の妻のために、夫ができることをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

妊娠初期の女性の体の変化とは

情緒不安的になりやすくなります

妊娠したことがわかると、うれしいと同時にこれから始まる妊娠生活に不安を感じる女性はたくさんいます。時には情緒不安的になり、イライラしたりわけもなく泣いたりと、感情が自分自身でコントロールできなくなることがあります。

これは、妊娠したことにより今までのホルモンバランスががらりと変わってしまうからです。生理が来るたびにホルモンバランスがかわり、情緒不安定になってしまう女性は少なくありません。そのように、女性はホルモンバランスに感情を支配されることが多いのです。

見た目に変化は少ないけれど、一番大切な時期です

妊娠してもすぐにお腹が大きくなるわけではありません。特に、妊娠初期はお腹が目立たないので妊娠していることに気づいてもらいにくいのに、妊娠がだめになってしまう可能性も高い時期です。
この時期にあまり無理をさせると残念な結果になってしまうこともあります。また、ストレスなども妊娠に悪影響を及ぼすことがあります。

つわりが酷いと入院する可能性も

妊娠初期最大の変化は「つわり」です。つわりが全くない人も中にはいますが、多くの女性がつわりで苦しみます。つわりにもいろいろな種類があります。

・食べつわり…空腹になると吐き気がする
・吐きづわり…食べると吐き気がする、臭いで吐き気がする
・眠りつわり…常に眠くてたまらなくなる
・よだれつわり…よだれの量が増え、よだれを飲み込むだけで吐き気がする

つわりの原因はホルモンバランスが変わったためだという説が有力です。とにかく自分自身では全くコントロール出来ないもので、食べづわりや吐きづわりがひどくなると重症妊娠悪阻という病名が付き、入院して点滴を24時間することになる場合もあります。



妻が妊娠中に夫ができること

妊娠は病気ではない、とよくいわれますが、これは妊娠中の不調が通常の病気のように薬や治療でなんとかできるものではない、という意味で言われます。ですので、妊娠中に夫が妻を支えてあげなければ、元気な子供が生まれてこない可能性があるばかりか、妻の気持ちが離れていって妊娠中に離婚…なんてケースにもつながることがあります。

それでは、妊娠中の妻に夫がしてあげられることにどのようなことがあるのでしょうか?

家事を手伝う

家事は女性がするものだ、と多くの男性は思っているかもしれません。ですが、妊娠中の女性はお腹の中の子供を無事に育てる、という最大の仕事を行っています。ですので、妊娠期間中くらいは、いろいろな家事を手伝ってあげましょう。

特に、お腹が大きくなってくるとお風呂掃除が一番大変になってきます。食事の面では、つわり中に料理をすることが大変になる女性もたくさんいます。また洗濯でも、お腹が大きくなるとベランダまで洗濯物を運ぶことが大変になります。

家事の何もかもすべてをする必要はありません。つわりなどで動けない時、お腹が大きくなるとできなくなりそうなこと、一緒に2人でやれそうなことなど、少しでも家事を分担するようにしてあげましょう。

話を聞いてあげる

妊娠して一番戸惑っているのは女性本人です。自分の体の変化や、気持ちの変化に振り回されて、妊娠して嬉しいはずなのに、嬉しいと思えない…と悩む人だっています。そんなときにただ話を聞いてくれる人がいるだけでずいぶんと気持ちは変わります。

何も明確な答えやアドバイスなどは必要ありません。つわりでしんどいの、と言われれば大変だね、と寄り添ってあげてください。イライラするの、と言われれば黙って愚痴を聞いてあげてください。それだけで妊娠中の女性はずいぶんと気持ちが楽になります。

マッサージなどのスキンシップ

妊娠すると女性の体にはいろいろな不調があらわれます。よくあるのは腰痛やむくみ、などです。そんな時に、夫がマッサージしてくれたら喜ぶ女性はたくさんいます。
また、マッサージやスキンシップは体の不調を和らげるだけでなく、妊娠している女性の不安やストレスを解消することにも役たちます。

妊娠の経過を知っておく

女性は妊娠したその時からママの気持ちに変わっていきます。ですが、夫はなかなか自分がパパになる自覚が芽生えるまで時間がかかります。「今日検診で○○だったの」と言われても、「へぇ~」としか返事ができない男性はよくいるでしょう。ですが、それでは妊娠している妻の不安や不満が大きくなってしまいます。また、自分がパパになる自覚が育っていきません。

妊婦健診について行って一緒にエコーを見たり、妻の妊婦健診の報告をしっかり聞いてあげたり、エコー写真をみて色々質問したりなどして、積極的に胎児の成長を知るようにしましょう。
子育てはパパとママの2人で行うものです。男性はパパの自覚は自分で育てなければ出てこないことを肝に命じておく必要があります。

両親学級などに参加する

病院や保健センターなどで出産を控えた両親のための教室やセミナーなどがたくさん行われています。妊娠している女性はそのような教室やセミナーに自主的に参加する人は多いですが、夫は参加しない人の方が多いでしょう。ですが、自分も一度参加してみたい、と妊娠中の妻に伝えてみてください。きっと、想像以上に喜んでもらえると思います。

これから生まれてくる子供のために積極的に知識を身につけようとしてくれる夫の姿は、妊娠中の妻にとってなによりもうれしいものです。また、妊娠期間を妻1人で過ごすのではない、という安心感にもつながります。時間が許されればぜひ参加してみてください。

妻が妊娠中に夫がしてはいけないこと

先ほどは妻が妊娠中に夫がしてあげると良いことを紹介しましたが、次に、妻が妊娠中に夫がしてはいけないことをご紹介したいと思います。妊娠中に妻の機嫌を損ねてしまったり、胎児に悪影響をおよぼすような行動をとってしまったりと、知らないことによって気付かず行動してしまわないようにしましょう。

家事など、無理をさせる

妊娠中の妻が一番つらかった、がっかりした、と言われる夫の行動は「家事をさせる」ことだと言われています。つわりで辛い時に「俺の食事は?」と聞いたり、お腹が大きくなって危なくなってきたのにお風呂掃除をしてくれなかったり、洗濯物がたまっているのに無視されたり、などの夫の行動で妊娠中の妻の不満が爆発したこともよく聞きます。

妊娠した妻は今までどおりに家事ができなくなることがある、と知っておきましょう。

体型の変化をからかう

妊娠すると女性の体はどんどん変化していきます。そのことに喜びを感じながらも、夫に嫌われてしまうのではないか、と恐怖を感じている女性も少なくありません。「お前、太り過ぎじゃないか?」「気持ち悪いお腹だな」なんて絶対に言ってはいけません。

女性の体が変化しているのは何より、愛する夫の子供をお腹に宿しているからです。妻の体に変化がおこっているのは自分のためなのだと自覚しましょう。

夜の生活を強要しない

一般的に男性は女性よりも性欲が強いことはよく知られています。妻が妊娠していても、生理的に夜の生活がしたくなることもあるでしょう。ですが、女性は妊娠中に過度のスキンシップを行うことに恐怖を感じることもあります。また、切迫流産や切迫早産の危険性をともなう場合もあります。
夫婦でしっかりと夜の生活については話し合いをして、妊娠中の妻の気持ちを尊重するようにしましょう。

両親の暴走を放置しない

新しい命の誕生は、妻と夫だけでなく、2人の両親にとっても嬉しいことです。ですが、時に両親の暴走により、嬉しいはずの出産が妻にとっては苦痛になることもあります。

病院によっては出産時には妻の両親しか付き添えないようにしているところもあります。それくらいに、妻と、夫の両親との付き合いは難しい問題を含んでいることが多いのです。もし、妻からSOSが出た場合は、しっかりと防波堤の役目をするようにしましょう。



先輩ママの声

子育ては妻と夫が2人でするもの

赤ちゃんが妻のお腹に宿った時から、子育てははじまっています。自分のお腹で育てていない分、夫はなかなかそのことを頭で理解できても行動できないかもしれません。
ですが、知識として知っておいて、妻が喜ぶように行動しているうちにパパになる自覚は育っていきます。ですので、妊娠中の妻を持つ夫は、積極的に妻の妊娠に関わるようにしましょう。

また、妊娠している自分の代わりに夫が色々と行動してくれたり、話を聞いてくれたりした時、妻は夫に感謝の気持ちをあらわして伝えるようにしましょう。そして、必要以上に甘えすぎないようにしましょう。適度な家事は妊娠中の体重増加のコントロールや、安産をむかえるためにも必要です。

妊娠中にはいろいろなトラブルが起こることがあります。そんな時こそ、妻と夫の2人で力を合わせて、赤ちゃんが無事に生まれてくる日を待ちたいですね。