赤ちゃんのお祝い準備は大丈夫!?お七夜にお宮参り…1歳までの行事とは

赤ちゃんが生まれてから1歳まで、赤ちゃんの誕生と健やかな成長をお祝いするための行事がたくさんあるのをご存知ですか?家庭によっては簡単に済ませたり、やらないこともありますが、赤ちゃんのお祝い行事は生まれてから1歳まで!慌てて準備をしないために、1歳までのお祝い行事についてご紹介します。

赤ちゃんのお祝いは妊娠中から準備を!

昔から日本では、赤ちゃんの誕生と健やかな成長を願ってでさまざまなお祝いをします。
ママが無事に出産を終え、ちょうど退院する7日目ごろに最初の行事「お七夜」があります。退院してすぐにお祝い膳を用意したり、赤ちゃんの名前を決めたり、命名書を準備をするのは大変ですよね?
最近では、ママの床上げも済んでいないので簡単に命名書を書くだけだったり、しない家庭もあります。

妊娠中から、お祝いに誰を呼ぶのか、節句などは特に高額な人形などを準備するため、誰がお金を負担するのか、など決めておくと良いですね!
地域やしきたりなどによって行事も異なるので、どんな風にするのかパパや両親と相談して準備をしましょう。



お七夜とは

赤ちゃんが生まれた日から7日目の夜のこと

赤ちゃんが生まれた日から7日目の夜ことを「お七夜」といいます。この日に名前を決め、赤ちゃんの誕生と名前のお披露目をし無病息災を願う行事です。
正式には名付け親が、赤ちゃんの名前を書いた奉書紙を白木の台に載せて鯛や鯉を添えて贈り、それを神棚などに飾ってお祝いします。
現在では自分たちで名前を決めて、市販の命名書や半紙に名前を書いて部屋に飾り、親族でお祝い膳を囲むことがほとんどのようです。

お祝い膳も、身内だけなので簡単にお寿司と市販の鯛を用意したり、仕出し専門店に頼むと用意も片づけも必要ないのでママにとって負担が少なくて済みますよ。
妊娠中から名前や祝い膳の用意のことを決めておくと、慌てて準備をしなくて良いので、安心してお七夜を迎えることができますね。
退院してすぐなので、ママの体調によっては落ち着いてから行っても大丈夫。しかし、出生届は生後14日以内に提出しなければならないので、お忘れないように!

手形 足形 付き 命名紙 写真 命名 手形足形 お誕生 の記録に

お宮参りとは

無病息災を願う行事

お宮参りとは、その土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、無病息災を願う行事です。
男の子は生後31日目、女の子は生後32日目が一般的で、地域によって異なりますが生後1か月前後が目安です。しかし、暑い夏や寒い冬は生まれて間もない赤ちゃんにとって負担が大きいので、ママと赤ちゃんの体調と天気が良い日であれば気にしなくても大丈夫ですよ。

参拝時は、父方の祖母が赤ちゃんを抱っこするのが正式ですが、母方の祖母やパパが抱っこしてもかまいません。

お宮参りの時の服装

赤ちゃんには何を着せれば良いか悩みますよね?準備できるのであれば、男の子は羽二重の紋付で鷹や鶴などのおめでたい絵柄の熨斗目模様。女の子はちりめんの花柄や友禅模様の祝い着が正式な服装になります。
白いロングドレスや外出用のベビー服にケープをかける洋装でも大丈夫です。
また、貸衣装を利用したり、写真館で撮影すると衣装を無料レンタルもできることも。男の子は5歳、女の子は3歳の七五三のお祝いの時に、手直しして使うこともできるので、産着を購入するのか事前にパパと相談しておきましょう。

また赤ちゃんの服装に合わせて、パパとママ、両親もきちんと正装します。本来は紋付の礼装ですが、色無地、訪問着など略礼装でも大丈夫。ママはワンピース、パパはスーツなどフォーマルな洋装でも構いませんよ。

【正絹】 お宮参り着物 (初着・産着) 男児 M2-6 鷹に兜・黒地  新品仕立上り 【5大特典付】

【お取寄せ】 お宮参り7点セット (よだれ掛け 帽子 フード お守り 末広扇子 誕生記 でんでん太鼓 犬張子) オフホワイト地 男の子用 (ic)

お宮参り 着物 女の子 正絹初着 濃ピンク裾赤染め分け まり 華尽くし文様 金コマ刺繍使い サヤ地紋生地

日本製 お宮参り 女の子 ピンク フードとよだれかけと扇子とお守り袋と化粧箱の5点セット



お食い初めとは

生後100日目、または120日目に家族や身内で行うお祝い行事

生後100日目、または120日目に「赤ちゃんが一生食べ物に困らないように」という願いを込めて、家族や身内で行うお祝い行事です。
正式には、白木の三方(さんぼう)、土器の椀皿、柳の白木箸を使用してお膳を盛り付けます。お膳は紋付で男の子なら朱塗りの膳、女の子なら外側が黒塗り、内側が朱塗りの漆器を用います。
このお膳は母方の実家から贈られる事が多いです。最近では離乳食で使えるように、ベビー用食器を贈り、それに盛り付けることも一般的になってきました。

料理は地域によってことなりますが、一汁三菜が基本で、鯛など尾頭つきの魚・赤飯・汁物・焚き物・香の物・紅白の餅を用意することが多いです。あとは、歯が丈夫になることを願って産土神(うぶすながみ)の神社で拾った小石を「歯固めの石」として用意します。
料亭などではお食い初め膳が用意されていることも。遠方の両親と会うときや家庭の事情によって、利用するのもいいですね。
また自宅でする場合も、仕出し専門店でもお食い初め膳が用意されているので、利用してみては?育児に追われて準備も大変なので、ママの負担が少なく済みますよ。

お食い初めに祝い膳赤飯セット(天然鯛400g・国産はまぐり300g・梅かまぼこ1本・ボイル済みタコ足1本・赤飯2パック・このしろの酢漬もしくは小鯛の酢漬)

【お弁当】お食い初め祝い膳(女の子)【配達地域限定商品】

お食い初めの仕方

「養い親」が赤ちゃんを抱っこし、箸で食べさせるマネをします。この「養い親」とは祖父母や親戚などお祝いに出席した中で一番の長寿の人のことで、「長寿にあやかる」と言う意味があります。
最近では、自分たちだけですることもあります。男の子はパパ、女の子はママが食べさせてもかまいません。赤ちゃんのことを願ってするものなので、こだわらなくても大丈夫ですよ。

食べさせ方の順番は、飯、汁、飯、魚、飯の順に三回食べさせる真似をします。次に箸を小石に触れて、その箸を赤ちゃんの歯茎に当て、石のように丈夫な歯が生えるようにお願いをします。
小石は、終わった後神社に戻しに行くのが一般的です。

初節句とは

by hunnysan
8 1

女の子は3月3日「桃の節句」、男の子は5月5日「端午の節句」

赤ちゃんが生まれてから最初の、女の子は3月3日「桃の節句」、男の子は5月5日「端午の節句」が初節句になります。子どもの健やかな成長と厄除けを願う行事です。
ただし赤ちゃんが生後1,2ヶ月の場合は、ママも赤ちゃんにも負担が大きいので、翌年に繰り越してお祝いすることも多いですよ。なので両親とも相談して、無理のないように準備しましょう。

ママ側の実家から、女の子にはひな人形を、男の子には武者人形や兜、鯉のぼりを贈る風習があります。しかし高額な物になるので、最近では両家が話し合い、分担して贈ることもあります。どうするのか、両親に相談して決めましょう。

お祝いをいただいたら、ひな人形や武者人形を家に飾り、節句の日に招きます。
桃の節句ではちらし寿司・蛤のお吸い物など、端午の節句ではちまきや柏餅を振る舞ってお祝いします。

離乳食も始まっている赤ちゃんなら、一緒に食事ができる初めての行事になります。ママの愛情いっぱいのご飯で楽しんでくださいね!

【数量限定】 雛人形 ひな人形 衣裳着 ケース飾り 親王飾り ナチュラル 木目調 【15S147】 【143-232 姫華豆親王飾 桃 143-232】

五月人形 端午の節句 五月 兜飾り 兜ケース飾り 六角勝輝1201 藤翁作 伊達政宗 アクリルケース h265-fn-125-743

【武者人形】5号鎧武者 采配:嘉房作【五月人形】【ご進物ケース】

初正月とは

赤ちゃんが生まれて最初に迎えるお正月

赤ちゃんが生まれて最初に迎えるお正月が、初正月です。魔除けや厄払いの意味を込めて家族や親戚で赤ちゃんをお祝いしましょう。

ママの実家から、男の子には「破魔弓」、女の子には「羽子板」がお祝い品として贈る風習です。
男の子が迎える初正月に破魔弓を飾ることで、魔除け、健やかに逞しく育ちますように。 女の子には羽子板を飾ることで、魔除けや厄払い、赤ちゃんの健やかな成長を願い贈られます。

最近では額に入った破魔弓もあり、赤ちゃんが触って倒してしまう心配がないものなど、いろんな種類が売られています。赤ちゃんグッズ専門店や人形専門店などで、それぞれの家庭に合ったものを選ぶといいですよ。

【羽子板】羽子板 8号さくら:鹿の子振り袖押絵羽子板:パールレッドアクリルケース;伏見屋監修 【羽子板ケース】【正月飾】

【破魔弓】【額入破魔弓】10号 剣[TURUGI]【正月飾】【破魔矢】

【破魔弓】【破魔弓額入】6号龍額[RYU]【正月飾】【破魔矢】

1歳の誕生日祝いとは

家族みんなで1歳の誕生日を楽しく、記念に残るお祝いを

一歳の誕生日に寿が書いてある、一升の祝い餅を風呂敷で赤ちゃんに背負わせたり、踏ませたりするお祝いの行事です。
「一生(一升)食べ物に困らないように」、「丸いお餅のように円満な人生を送れるように」という願いが込められています。
本来は風呂敷に包んで背負わせますが、最近では歩いてお出かけする時にも使えるように、リュックに入れる人も多いですよ。お餅専門店で注文すれば、風呂敷やリュックがセットの場合もあるので確認してみてください。

お餅は地域によって大きさや数が異なりますので、事前にパパ・ママの両親に確認をして準備をしましょう。大きいお餅の場合は切り分けて、後でいただきます。お祝いに来てくれた方には、お土産に持って帰れるように準備もお忘れなく。
また財布や電卓などを並べて、赤ちゃんに「選び取り」をさせて将来を占うことも。赤ちゃんが食べれるようにヨーグルトや豆腐を使ったケーキを準備して、家族みんなで1歳の誕生日を楽しく、記念に残るお祝いをしましょう。

一升餅 名入れ めでたい 創業明治20年 越後のわたえい 2kg 【オリジナル】

ひつじのショーンのリュックサック 新商品 赤ちゃんティミーのリュック 一升餅 お持ちかつぎ*出産祝いやギフトにもどうぞ=ベビー用品

ハッピー

バースディ お誕生日 パーティ 飾りつけ セット 特大バルーン 数字風船 1個 & ハート型 バルーン 風船 3種 & HAPPY BIRTHDAY バナー 【数字

歳記念日】 (数字の【 1 】)

家族みんなで赤ちゃんの誕生をお祝いしましょう

赤ちゃんが生まれてから、1歳までは行事がほんとうに次から次へとやってきます。しかし、どれも赤ちゃんの誕生をお祝いし、健やかな成長を願って行うもの。育児に家事に大変なママが、無理して準備をしないように妊娠中からゆっくりパパや両親と決めておくといいですよ。

赤ちゃんは、寝ているだけだったのに歩くようになったり、言葉を話すようになったり…。1年であっという間に成長してしまいます。行事ごとに赤ちゃんの成長を家族みんなでお祝いし、写真やビデオで記念に残し、大切な思い出作りをしましょう!
また、赤ちゃんの誕生日だけでなく、ママ・パパになっても1歳の記念日!お互いに1年間、育児にがんばってきた感謝の気持ちを伝えあうことも大事ですよ♡