妊娠中に起こる貧血ってどんなもの?症状と対処法

妊娠中に関わらず、めまいや立ちくらみなどの貧血症状を起こすことがありますよね。妊娠していなくても生理中だけ貧血が起こる人もいます。では、妊娠中に起こる貧血とはどういうものなのでしょうか。その症状と対処法についてまとめました。

妊娠中の貧血 その症状とは?

貧血とひとことで言っても症状はさまざま。妊娠中の貧血とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

具体的な症状

・めまい、立ちくらみ
・動悸、息切れ
・朝起きるのがつらい、疲れやすいなどの倦怠感
・舌炎ができる
・冷え性、寒気がする など
症状はさまざまですが、人によっては自覚症状がなく、病院での血液検査で貧血だとわかる人もいるようです。



妊娠中の貧血 その原因は?

実は、妊婦さんの中でこういった貧血の症状を起こしたことのある人は30~40%もいるそうです。
それほど妊娠中は貧血になりやすく、病院でもお母さんが貧血になっていないかを血液検査でチェックされたり、「貧血気味ではないですか?」と助産師さんに聞かれたりすることがあります。
ではどうして妊娠中は貧血になりやすいのでしょうか。

血液が薄まった状態になるため、貧血を起こしやすくなる

妊娠すると、赤ちゃんにたくさんの栄養や酸素を送るため、お母さんの体では妊娠前の約1.5倍の血液が作られます。
子宮・胎盤の成長、赤ちゃんの分の血液が増加することでお母さん自身の血液量は増えるのですが、血液中の赤血球は少ししか増えません。
その結果、血液が薄まった状態になるため、お母さんは貧血を起こしやすくなるわけです。

妊娠中の貧血 母体や赤ちゃんへの影響は?

出産時に血液不足になることも

貧血の症状が起こった場合、安静に過ごすことが多くなりますが、それによって運動不足になり、いざ出産!というときに体力的にも困ります。
また、出産するときに出血を伴いますが、妊娠後期に貧血の状態でいると血圧が下がりやすくなり、余計に出血量が増えてしまうのです。
その結果、気を失ってしまったり輸血が必要になったり…と大変な出産になってしまうのです。
産後、赤ちゃんに母乳を与えようとしても母乳は血液からできていますから、そこでも貧血は影響してしまうのです。

赤ちゃんに十分な栄養や酸素が送れなくなる

貧血をそのままにしているとお母さんだけではなく、もちろん赤ちゃんにも影響を及ぼしかねません。
お母さんの摂った栄養や酸素は胎盤を介し、血液として赤ちゃんに送られます。
貧血でその血液が少なくなるということは、赤ちゃんへ十分な栄養や酸素が送られない、ということになるのです。
その結果、赤ちゃんの発育が遅れたり、未熟児や低体重児になってしまう恐れもあります。
また、お母さん自身が貧血による立ちくらみを起こし、お腹をぶつけてしまう、なんてこともあるのです。



妊娠中の貧血 その対処法とは?

貧血によりめまい、立ちくらみ、動悸、息切れなどが起きた際はその場にしゃがみ込むか、可能ならすぐ横になり安静に過ごしましょう。
慌てて動き、転んだり倒れてしまっては大変です。
息を吐くことに意識しながらゆっくりと呼吸をすると落ち着いてくるでしょう。また、病院で鉄剤を処方してもらうこともできます。

普段の食生活から改善を

貧血にならないためにも普段の食事に鉄分を含む食材を取り入れることも大切です。
動物性食品では、レバー、シジミ、卵、牛肉の赤身、イワシ、牡蠣、魚の血合いなどを摂るといいでしょう。但し、レバーはビタミンAを含むため摂取量に気を付ける必要があります。
植物性食品では、ほうれん草、小松菜、ヒジキ、ワカメ、海苔、ごま、高野豆腐などが鉄分をよく含んでいます。

また、タンパク質とビタミンCはこれらの食材と一緒に摂取すると、鉄分の吸収を助ける働きをするので効果的です。
鉄分を含む食材を摂取した後で、お茶などに含まれるタンニンを摂ってしまうと鉄分の吸収が下がってしまうため、食後のお茶はタンニンをあまり含まない麦茶やハーブティにするといいでしょう。

妊娠中の貧血は仕方のないこと、前向きに考えましょう

いかかでしたでしょうか。
妊娠すると貧血になってしまうのは体の仕組み上仕方のないことですが、お腹に授かった赤ちゃんのためにまた自分の楽しいマタニティライフのために鉄分をしっかり摂って、元気に過ごしていきたいですね!

今貧血で悩んでいる人もそうでない人も、生まれてくる赤ちゃんのかわいらしい姿を想像しながら、自分の食生活や生活習慣を見直していきましょう!