妊娠中期の頭痛の原因は?ツボ押しなどの対処法、飲める薬や注意点をまとめました

妊娠中期に起きる身体の変化には色々ありますが、その中に頭痛が起きやすくなることもあげられます。妊娠高血圧症候群と頭痛の関係、頭痛の症状別の対処法もご紹介します。

妊娠中は頭痛が起こりやすい

妊娠中はホルモンバランスも変化し、思うように運動ができなかったり、妊娠に伴う貧血があったりと、頭痛が起こりやすい状況にあります。しかし、妊娠中ですからすぐに薬を飲んで対応、と言う訳にいかないのがつらいところですね。妊娠中の頭痛の原因を知って、上手く回避して過ごせるとよいですね。



妊娠中期の頭痛の原因

【1】ホルモンバランスの変化

女性の身体は妊娠すると色々な変化を伴います。妊娠することによって分泌されるhCGというホルモン。女性ホルモンであるプロゲステロンは妊娠を維持していくために多量に分泌されます。こういったことによりホルモンバランスが乱れてしまって頭痛を引き起こすことが考えられています。

【2】運動不足からの筋肉のこり

中期に入り、安定期に入ったとはいえお腹も大きくなってきているので思うように動くことができず、肩こりや首のこりがおきて血行が悪くなってしまうと、脳の血行も悪くなって頭痛をひきおこしてしまいます。妊娠していると無意識にお腹を守る動きをするために、不自然な動きとなり血行不良となることもあるようです。

【3】ストレス、疲れ

お腹が大きくなってくると寝不足になって疲れがたまってしまうことも。つわりがあったり、出産への不安などからストレスがあると、自律神経が乱れてしまい血管が収縮して、頭痛が起きてしまいます。

【4】鉄欠乏性貧血

妊婦の二人に一人は鉄欠乏性貧血だと言われています。貧血になってしまうと脳も酸欠状態になってしまい頭痛が起きる場合があります。

【5】妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群でも頭痛が起きる事があります。血圧が上昇することで血管が拡大し、周りの神経をシゲキしてしまうのです。頭痛の影に妊娠高血圧症候群が潜んでいる場合があるので注意が必要です。

頭痛がつらい時の対処法

妊娠中の頭痛の主なものは以下の2種類です。それぞれ頭痛が起きるメカニズムが違うので対処法も異なります。

偏頭痛の場合

何らかの理由で血管が拡張し、その血管が周りの神経を刺激してしまうことによって起こります。こめかみや目の上などに、ズキズキと拍動性の痛みがあります。

*薬に頼らない対処法*
1)真っ暗な部屋で休む
光や音、動くことで悪化しやすいです。

2)頭をはちまきのようなもので締め付ける
血管が拡張してしまうことが原因なので、締め付けると楽になることも。

3)患部を冷やす
冷やす事で血管が収縮して痛みが楽になります。逆に温めてしまうと悪化してしまうことがあるので、お風呂は避け、シャワーにするとよいかもしれません。

緊張型頭痛の場合

肩の凝りなどが原因で血流が悪くなる事で起こる頭痛です。後頭部から首にかけて全体に締め付けられるような痛みです。

*薬に頼らない対処法*
1)まずは水を一杯飲んでみる
脱水が起きると血流が滞り頭痛が起きます。つわりがあって吐き気がある場合には脱水が起きている可能性が高いです。頭痛が起きそう、と思ったらまずは水を一杯飲んでみましょう。

2)肩をグルグル回したり、首や肩をマッサージする
血流が悪くなっていますので、肩をグルグルまわして肩甲骨を動かしたり、首や肩をマッサージするのはおすすめです。

3)適度な運動をする
中期で安定期に入っていれば適度な運動もできますね。マタニティヨガ、マタニティスイミングなど、好みのものに挑戦してみるとよいかもしれません。

4)患部を温める
温める事で血行が良くなります。

5)深呼吸
ストレスがたまってると感じたら深呼吸がおすすめ。血流もよくなりますよ。

ツボ押しをしてみる

takumines
百会:頭のてっぺん、つむじの手前にある
風池:首筋の外側、髪の毛の生え際の窪んだところにある
天柱:風池から2センチ内側2センチ下にある

上から百会、風池、天柱といい、片頭痛、緊張性頭痛どちらにもおすすめのツボです。息を吐くタイミングに合わせて優しくゆっくり押してみましょう。



妊娠高血圧症候群でも頭痛があります

妊娠20週~分娩後12週の間に、高血圧または高血圧に加えて尿たんぱくが出る場合に妊娠高血圧症候群と診断されます。6時間くらいの間隔をあけて2度、最高血圧が140mmHg以上、または最低血圧が90mmHg以上の場合、高血圧と診断されます。これは放置したまま出産を迎えてしまうと大変危険です。だから妊婦検診では毎回血圧を測るのですね。

高血圧の症状としても頭痛があります。検診をきちんと受けること、そして頭痛が続く様なら医師に相談してみるとよいですね。 ▼参照したサイト

日本妊娠高血圧学会

妊娠中でも服用できる薬

市販の薬は避けましょう

まず、妊娠中には市販の薬の服用は避けるようにしましょう。色々な成分が混ざっていることが多く、判断が難しいからです。どうしても、薬を必要とするような症状がある場合には、産婦人科の先生に相談して処方してもらえると安心ですね。

妊娠初期は薬を避けましょう

妊娠初期は赤ちゃんが受精卵から人の形へと進化する、とても大切な時期です。この時期の薬の服用は赤ちゃんへの影響が大きいと言われていますので、自己判断での薬の服用は避けるようにしましょう。

アセトアミノフェンは安心とされていますが100%ではありません。

妊娠中期であれば、頭痛がどうしても我慢できないようであれば、アセトアミノフェンという成分の薬であれば安全だと言われています。日常生活に支障をきたすほどなのに、我慢をする必要はないですが、あまり安易に薬に頼るのは禁物です。先ほどご紹介した対処法を参考に、まずは薬に頼らないで対処する方法を考えてみましょう。

安全だと言われているアセトアミノフェンですが、妊娠後期の服用で、お腹の赤ちゃんの動脈が収縮し新生児遷延性肺高血圧症を起こすことがあるので、頼りすぎるのも禁物です。

症状がひどい時は医師に相談してみましょう

妊娠中、薬は飲まないにこしたことはないのですが、日常生活に支障をきたすほど、症状がひどいようであれば産婦人科の先生に相談してみましょうね。妊娠中期の方が飲んでも大丈夫な薬を選んでくださいますよ。

しかし、薬に頼りすぎず、日頃から身体を動かすようにしたり、規則正しい生活をしてストレスを溜めないような工夫をするのも大切ですね。妊娠期間というのは、赤ちゃんと繋がっていられるとても貴重な時間です。頭痛とも上手につき合いながら、マタニティライフを満喫しましょう。