突発性発疹になったら登園はいつから?保育園の登園基準とホームケア

4歳までにほとんどの子どもがかかると言われている突発性発疹ですが、子どもがかかってしまうと働くママたちは「保育園に預けられない!?仕事休めるかな…」と困ることもありますよね。今回は、突発性発疹になったときの保育園の登園基準とホームケアについて調べてみました。

突発性発疹とは?

ウイルス感染症のひとつ

ヒトヘルペスウイルス6型というウイルスに感染することで発症します。
まれですが、ヒトヘルペスウイルス7型というウイルスに感染した場合も、突発性発疹と同じような症状が出ることがあります。
突発性発疹は一度感染すると免疫がつくられるため、二度とかからないと言われています。2回感染したという方は、ヒトヘルペスウイルス6型と7型の両方に感染したことが考えられます。

高熱のあと、お腹から全身にかけて発疹

突発性発疹は「三日熱発疹症」ともいわれており、その名の通り3~4日ほど高熱が続きます。熱が下がってからは、お腹から全身に発疹が広がっていくのが特徴です。熱は38~39度くらいと高いですが、元気なことが多いです。
また、便が緩くなることもあるため、おむつをしている子は便でおむつかぶれを起こしやすいので、こまめにおむつを替えてあげましょう。

発疹が出始めると機嫌が悪くなる子が多く、1日中グズグズしていることもありますが、2~3日で消失し、長くても1週間ほどです。発疹はかゆみがないため、水ぼうそうのような跡は残りません。
突発性発疹は4歳までにほとんどの子どもが感染すると言われており、中でも生後6ヶ月~2歳までの子どもに多いです。そのうちの6~8割は症状が現れますが、感染したからと言って必ず症状が出るわけではないので、感染に気付かずに治っている場合もあります。



保育園の登園基準は?

熱が下がったら登園OK!ただし保育園の方針にしたがって

日本小児科学会では、「症状が回復したら登校(園)可能である」としています。そのため、熱が下がっていれば発疹が出ていても登園は可能です。

しかし、発疹が出始めると途端に機嫌が悪くなることが多いため、自宅でゆっくり過ごすほうがお子さんにとっては安心できますね。熱が下がって元気であれば登園可能なところ、医師の診断が必要なところなど、保育園の方針によって違います。
パパやママの仕事の兼ね合いもあると思いますが、都合がつくのであればできるだけそばにいてあげてくださいね。

学校、幼稚園、保育所において予防すべき感染症の解説 日本小児科学会 予防接種・感染対策委員会
※こちらを参考にさせていただきました。

突発性発疹になったときのホームケア

熱が上がっているとき ~体を温めて安静に

熱が上がり始めると寒がるので、温かくして安静にさせましょう。体がガタガタを震えることもありますが、体温を上げるための自然なものなので、慌てないでくださいね。
また、冷たい飲み物ではなく、温かい飲み物やスープなどを与えましょう。

熱が上がり切ったら ~水分補給と着替えを

熱が上がっているときは寒がっていても、上がり切ってしまうと暑がるようになります。暑がっているときは、布団を薄手の毛布やタオルケットだけにしてあげるといいでしょう。

また、汗をかいているときは体が冷えてしまうので着替えをさせてくださいね。汗をたくさんかいたときは、水分補給も忘れずに行いましょう。熱が高くても元気なことが多いですが、遊びまわったりしないように、安静にさせてください。

発疹が出てきたら ~そのまま放っておいても大丈夫

熱が下がって、発疹が出始めたあとは特にすることはありません。発疹が出ると何か薬を塗ったほうがいいのでは?と思いがちですが、ステロイドなどの塗り薬は効果がないので、そのまま放っておいても大丈夫です。
熱が下がりお風呂に入れたら、発疹が真っ赤になったなんてこともありますが、心配はいりませんよ。血行が良くなったことで、赤みが出ることもありますが、しだいに薄くなっていくので安心してくださいね。
お風呂は体力を使うので、長湯せずにさっと洗って体が冷えないようにしましょう。



熱性けいれんに注意!

15人に1人は熱性けいれんに!

日本では、0~6歳の15人に1人の子どもが熱性けいれんを起こします。生後6ヶ月~6歳未満の子どもに多く、6歳を過ぎるとほとんど起こりません。
熱性けいれんが起こると、全身がガタガタし、体がピンッと硬直します。白目をむいて、ひきつけを起こし、ときには意識を失うこともあるので、熱が高いときはそばでよく観察してあげてください。

◆けいれんが起こったらすること◆
・衣類をゆるめる
・けいれんの時間をはかる
・体は横向きにして、吐いてしまったときに吐いたものがつまらないようにする
・けいれんの様子を観察する(眼球の動き、けいれんが左右対称か、顔色)
・けいれんはおさまったあと、意識が戻ったか、顔色、頭痛や嘔吐、麻痺が無いかを確認
・落ち着いたら病院に連れていく

初めてみた方はパニックになってしまうことも多く、冷静でいられないこともあります。
しかし、しっかり見ていないと重大な病気を見落とすことになりかねません。けいれんの様子がおかしい場合は別の病気も考えられるので、落ち着いて対応しましょう。

日本小児保健協会「幼児健康度に関する継続的比較研究」
参考リンク

けいれんが起きたらチェックしてほしい10のポイント

【1】けいれんが5分以上続いている
【2】けいれんが左右対称でない、もしくは体の一部だけがけいれんが起きた
【3】1日に2回以上起きた
【4】1歳未満の赤ちゃんがけいれんを起こした
【5】6歳以上でけいれんが起きた
【6】熱が無いのに起きた
【7】チアノーゼ(唇が紫になって呼吸が弱い)を起こしている
【8】けいれんがおさまってあとも意識が戻らない、嘔吐や頭痛、麻痺がある
【9】けいれん前に意識を失った、嘔吐や頭痛があった
【10】吐いたものが喉につまった

上記の症状がひとつでも当てはまったら、救急車を呼びましょう!熱性けいれんではなく、別の病気が原因の可能性があります。
救急車を呼ぶか迷ったときには、24時間利用できる救急相談窓口に電話してくださいね。電話番号は「♯8000」です。全国共通なので、覚えておくといいですよ。
また、地域の夜間診療病院に電話で相談してもいいでしょう。どちらも緊急性が高い場合は救急車を手配してくれます。

働くママなら保育園は頼みの綱

いかがでしたか?
突発性発疹が生まれて初めての発熱だったということも多い病気です。突然の高熱に驚くママも多いですが、きちんとケアできればすぐによくなりますよ。
筆者も子ども2人を保育園に預けて働くワーキングマザーです。
子どものことで職場に迷惑をかけることも、子どもの体調を最優先に考えてあげられないこともあります。
自己嫌悪で押しつぶされそうな日もありますが、それでもママは頑張らないといけないですよね。
辛いとき、大変なときもありますが、「ママかっこいい!」と思ってもらえるように、お仕事も子育ても頑張っていきましょう! 1歳前後の子どもがかかると言われる突発性発疹。ママたちの間では「突発」という略称が用いられるほど言わずと知れた疾患かもしれません。今回はそんな突発性発疹の症状や特徴、「うつるの?」といった疑問についてもお話しましょう。