出産で入院するときは何を準備すればいいの?準備のコツと必要&便利グッズまとめ

妊娠8ヶ月頃になると、産院で「そろそろ入院の準備を始めておいてくださいね」と言われる妊婦さんもいるのではないでしょうか。産院でチェックリストを渡されても、はじめての出産だと、本当に必要なものや、あると便利なものなど、細かいことはよくわからないですよね。今回は、出産の入院準備グッズや準備のコツをご紹介します。

荷物はわかりやすくまとめよう

ただでさえ出産でいっぱいいっぱいな時。
「あれはどこへに入れたんだっけ?」、「どうしよう!見つからない」と困ったことにならないために、荷物を詰めるときには、しっかりとどこに入れたか確認しながら詰めましょう。

できればバッグは2つにわける

「出産時に必要なもの」と「出産後の入院中に必要なもの」はそれぞれ異なるので、入院グッズを準備するときには、バッグを2つ用意するのがおすすめです。

◆出産時に必要なもの
陣痛や破水で、病院に行かなくちゃ!というときに持っていく。母子手帳や健康保険証もこちらに。
◆出産後の入院中に必要なもの
着替えや化粧品など、出産時には使わないもの。旦那さんや里帰り先のご家族の方に頼むことができる場合、後から持ってきてもらえばOK。

もし他の人に頼ることが難しい場合でも、この2つを分けておくと何がどこに入っているかが分かりやすいので、とっても便利ですよ。
妊婦さんが出産時に1人で荷物を持っていかなければならないなら、「出産後の入院中に必要なもの」を詰めるバッグをキャリーバッグ(いわゆるコロコロ)にすると運びやすくていいかもしれません。
(出産時・出産後の両方で使うものは、出産時用のバッグの方に必要な個数だけを入れると◎)

化粧品や下着などはポーチにまとめる

化粧品・下着・衛生用品などはこまごまとしたものが多く、何かとかさばってしまうもの。取り出しやすくしておくためにもひとまとめにしてポーチや小さめの袋にまとめるといいでしょう。
また、退院後は赤ちゃんのお世話でバタバタしているので、荷物の片付けも一苦労。ある程度入院前から小分けにしておけば、後々とても助かりますよ。



出産時に必要なもの

フェイスタオル〜汗拭きに〜

出産するときはとにかく汗をたくさんかくので、使いやすいサイズのフェイスタオルを準備しましょう。
3~4本あると安心。

腹帯〜産院に確認を〜

出産直後に骨盤に巻いてもらうために必要です。
産院によってはさらしオンリーのところもあるので、事前に確認しましょう。

犬印本舗 産後リフォーム 産後すぐニッパー M ブラック S3054

産褥ショーツ〜1、2枚用意しておくと安心〜

生理用ショーツのように防水布がついていて、ナプキンをあてる部分が面ファスナーで開くようになっているショーツです。
産院で用意してくれるところも多いですが、自分でも1~2枚用意しておくと安心です。

オオサキメディカル dacco ダッコ ラクパン 前開き産褥ショーツ L グレー 84907

産褥パッド〜悪露のためのパッド〜

出産後の悪露のために必要なおおきめの生理用ナプキンのようなパッド。
こちらも産院で用意してくれることが多いです。

PIPBABY お産パッド M10枚入

カメラ

生まれたての赤ちゃんの姿をしっかり残しておきたいですよね。
もちろんカメラがなくてもスマホで代用可能。最近は出産後の分娩台でSNSでシェアするママも多いのだとか。
(持ち込み可能かどうかは必ず事前に聞いておきましょう。)
充電器も忘れずに。

出産時に準備しておくと便利なもの

テニスボール〜いきみ逃しに〜

はじめての出産だと、何に使うの?とびっくりしてしまいますよね。
テニスボールは、いきみたいけれど、子宮口が十分に開かなくていきんではいけないときの、「いきみ逃し」にとっても重宝するのです。
筆者は1つしか準備しませんでしたが、背中と腰ゴリゴリ用とお尻にあてる用で2つ持っておけばよかったなと思いました。

うちわ〜陣痛に耐えているときに〜

陣痛に耐えている間はとってもあつくなります。
うちわであおいだら少し楽になった、というママも少なくないようです。
扇子を使うという手もあります。

靴下〜冷え対策〜

冬だけでなく、夏も冷房の効き過ぎなどで、妊婦さんの足元は冷えやすいものです。
筆者も陣痛が来たとき、上半身はあついのに、足は冷え冷えでつらかったので、靴下がとても重宝しました。
また、出産時だけでなく、出産後も冷えやすいのでいくつか持っておくといいでしょう。

ペットボトル用ストロー〜寝っ転がったまま水分補給〜

寝転がった状態で飲み物を飲めるように、ストローがあると便利です。
ただし、飲み物によっては口径が合わないものがあるので気を付けてくださいね。

ハジーストロー



出産後の入院生活で必要なもの

バスタオル〜ママのシャワー時や赤ちゃんのおくるみ代わりにも〜

ママのシャワー用に。
赤ちゃんのおくるみ代わりにもなるので、2~3枚持っておくと便利ですよ。

パジャマ〜前開きの長めの丈がおすすめ〜

出産時と同じように、出産後も汗をかきやすいので、病院で貸し出されるものがあっても、足りなくなってしまうことがあります。
パジャマは前開きで、丈が長めのものがおすすめです。
授乳口がついているタイプもいいですが、慣れるまではなかなか上手に授乳できないので、産院にいる間はパッと胸を出せる普通の前開きパジャマの方が使いやすいかもしれません。
もちろんパジャマの代わりに、ルームウェアやワンピースでもOKです。
ちなみに筆者は綿100%の前開きゆったりワンピース+マタニティレギンスで過ごしました。

ケーズアイ 綿100%スムースニット地ドット柄 前開きシャーリングルームワンピース

授乳用の下着〜おっぱいをすぐに出せるように〜

◆授乳ブラ
赤ちゃんにおっぱいをあげるために、胸がすぐに出せるようになっているブラジャーのことです。
おすすめはクロスオープンタイプ(カシュクールタイプ)。片手でも胸が出せるので、すぐに授乳できます。
◆カップ付のキャミソール
授乳ブラとは少し違いますが、実は胸が出しやすいので便利。お腹も冷えにくいですよ。

ワコール 産褥用 バーシングブラ MG GY MBQ152

筆記用具〜赤ちゃんのお世話の方法をメモしよう〜

入院中は、赤ちゃんのお世話のやり方を猛スピードで叩き込まれます。
忘れずにメモできるようにしておきましょう。

化粧品・衛生用品〜あると便利〜

ママのお肌のための基礎化粧品や、退院時のメイク用品(写真を撮ること・撮られることが多い!)、爪が伸びたときのための爪切りや爪やすりなども準備しておきましょう。

清浄綿

PIPBABY 清浄綿 2枚入×50包
トイレの後などに会陰を消毒するために使います。
また、授乳前におっぱいを拭くように指導されることもあります。
産院側が用意してくれる場合も。

箱入りティッシュペーパー〜箱で用意してくと便利〜

日常的にティッシュを全く使わないという方は少ないですよね。
ティッシュがないと案外困るもの。必ず1箱用意しておきましょう。

ママと赤ちゃんの退院時の服

退院時はよく写真を撮ります。
赤ちゃんはもちろん、ママもお気に入りの服にしておくと、後悔しないかもしれません。

出産後の入院生活で準備しておくと便利なもの

装着が簡単な骨盤ベルト〜しっかり骨盤を締めましょう〜

産後は骨盤をしっかり締めることが本当に大事!
とはいえ、出産直後からママ自身のことは後回しになりがちなので、簡単につけられる骨盤ベルトがおすすめです。
(ちなみに筆者は下の子出産の際にこれを怠ったために、産んで3年目の夏でも強烈な冷えに悩まされています…!)

オオサキメディカル dacco ダッコ キュッとベルト フリーサイズ ブラック 60806

ドライヤー〜シャワーのあとに〜

個人の病室に備え付けの場合は必要ありませんが、貸し出しの場合、なかなか自分のところにまわってこないことも。
ずーっとびしょびしょの髪の毛でいるのも気持ち悪いので、可能ならばマイドライヤーを持っていきましょう。

簡易加湿器or加湿マスク

春夏秋冬いつでも病院内は乾燥警報。あっというまにカサカサに。
上の子の出産のとき、筆者は朝起きると必ず声がガラガラになっていました。下の子の出産のときは、簡易加湿器を持ち込んだところ、とっても快適でしたよ♪

ミクニ ちょこっとオアシスプラス ピンク U502-03 電気を使わないエコ携帯加湿

ミニポーチ

入院中は、赤ちゃんのお世話や栄養講座などで移動することが意外と多いので、お財布・スマホ・カメラなど、貴重品を入れておくのにミニポーチが活躍します。

母乳パッド

出産して3日くらい経つと、母乳が染み出てきてしまうママが多いようです。特に片方のおっぱいで授乳をしている間に、もう片方のおっぱいからたらたら垂れてくるのでブラやパジャマがびしょびしょに。
母乳パッドはブラの内側に付けるだけでいいのでとても便利です。
1パックまるまる持っていくのはさすがにかさばるので、5~10個程度を持っていくといいかもしれません。

ピジョン 母乳パット プレミアムケア 102枚入

ビニール袋〜汚れ物をサッと入れましょう〜

入院中は毎日何かしらの汚れ物が出ます。おうちの方にお洗濯を頼める場合も、頼るのが難しい場合も、汚れてしまったものをちょっとまとめておけるビニール袋があるといいですよ。

出産の入院準備も楽しんで

必要最低限のものだけ準備すれば、あとは何とかなるものです。
けれど、それに加えて便利なものも一緒に準備しておくと、快適な入院生活を送れるはず。
赤ちゃんとの幸せいっぱいのご対面を想像しながら、出産の入院準備も楽しんでくださいね。素敵なお産になりますように♪