胃腸風邪のときの食事はどうする?胃腸に負担の少ないレシピと避けるべき食材

胃腸風邪は一般的な風邪とは違い、下痢や嘔吐などの症状が出るのでとても辛いです。食事は「刺激のない、胃腸に負担の少ないもの」はイメージできますが、逆によくない食事は意外と知らない方も多いんです。今回は、少ない量で栄養がとれる胃腸に優しい食事レシピと避けるべき食材についてご紹介します。

胃腸風邪とは?

冬になると流行し始める胃腸風邪は、1人でも感染すると家族内でうつし合ってしまうこともあります。子どもが胃腸風邪になり、看病している間にママにも感染してしまったというのはよくある話ですよね。

胃腸風邪と言っても、感染した細菌やウイルスによって症状や期間が違います。
発熱、下痢、嘔吐などが主な症状で、多くの場合1週間もすれば治ってしまうことが多いですが、抵抗力の弱い子どもは重症化することもあるので注意が必要です。

食欲がない場合は無理して食べなくてOK!

症状が出ているうちは、口に入れても気持ち悪くなってしまったり、食べ物を見るのも嫌になるほど食欲が落ちてしまうことがあります。
そんなときは、無理に食べなくてもOKです。胃腸風邪のときは、空腹よりも気持ち悪さのほうが勝っているので、食べたくないと思う方も多いのです。
そのため、お子さんが胃腸風邪になっても「栄養をつけなくちゃ!」と無理に食べさせないでくださいね。

食欲があってもたくさん食べるのはNG。「消化」は胃腸に負担がかかるので、たくさん食べてしまうと症状が長引いてしまうことがあります。
下痢や嘔吐によって脱水気味になっていたり、体力も消耗しているので、様子を見ながら胃腸に優しい食事を与えましょう。



胃腸に負担の少ない優しい食事レシピ

米から作るおかゆ:サラっと食べられる五分がゆを鍋で簡単に作ろう!

【材料】(1人分)
・米   50g
・水   500ml

【作り方】
1.米を洗って、30分ほど水に浸しておく。
2.鍋に米と水を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にし、蓋を少しずらして35~45分炊く。
3.火を止め、蓋をずらして5分蒸らす。

火にかけている間は、かき混ぜなくてもOK!自然に鍋の中で対流するのでそのままにしておきましょう。

体調が悪いときの定番「おかゆ」は、胃腸に負担がかからないので胃腸風邪のときも◎!
炊飯器で作る場合は、お米の量と水の量は釜に書かれているので、その通りするだけなので簡単ですね。水分が多いほど、胃腸に負担がかからないので、症状を見ながら水分量は変えてみてください。

ご飯からつくる五分がゆ:ご飯から作って調理時間を短く!

【材料】(1人分)
・ご飯   100g
・水    200ml

【作り方】
1.鍋にご飯と水を入れて火にかけ、沸騰したら弱火に、蓋をずらして20分加熱する。
2.火を止め、蓋をずらして5分蒸らす。

ご飯と水の量は、米1:水2なので簡単ですね!子どもがいるとお粥をつくる機会も多くなるので、覚えておきましょう。
お粥は土鍋など厚手の鍋を使うとおいしくつくることができるのでオススメです。

おじや:だしが効いた母の味。優しい味でほっこり


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/3858/blog/15681929
やさしい味*風邪をひいた時の雑炊(おじや)。宅建合格

【材料】(1人分)
・ご飯      茶碗軽く1杯
・水       1カップ
・ブロッコリー  2房
・カニカマ    20gくらい
・みりん     小さじ1
・味噌      小さじ1
・しょうゆ    2、3滴
・だしの素    少々
・卵       1個

【作り方】
1.鍋に水とだしの素を入れて火にかける。(だしの素ではなく、かつお節などでだしをとってもOK)
2.沸騰したら小さく切ったブロッコリーを入れ、蓋をして2~3分煮る。
3.ご飯、小さく切ったカニカマ、みりん、しょうゆを入れ弱火で30秒~1分煮る。
4.味噌を溶き入れたら強火にし、溶いた卵を入れて半熟になったら火を止める。

だしがきいた優しい味が弱った体には嬉しいですよね。卵は半熟状態が一番消化にいいので、おじやのときは半熟にするのがおすすめです。
しかし、赤ちゃんが食べる場合は注意!卵はアレルギーを起こす食材なので、月齢の低い赤ちゃんには与えないようにしましょう。

また、完全に火を通していれば大丈夫でも、半熟状態の卵を食べるとアレルギーが出てしまう子もいます。お子さんの月齢に合わせて、卵の量や加熱状態は変えてくださいね。

やさしい味*風邪をひいた時の雑炊(おじや)。宅建合格



by shinkuさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
やさしい味*風邪をひいた時の雑炊(おじや)。宅建合格

by shinkuさん」 おはようございます。 風邪をひいた時のスープ →★ につづいて、風邪をひいた時の雑炊。おじや。おかゆと梅干、というのが苦手で。子どもの頃から苦手だったな。 … こちらを参考にさせていただきました。

サムゲタン風おかゆ:普通のおかゆに飽きたらサムゲタン風に。炊飯器で簡単調理


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/94152/blog/13970520
風邪引きさんに*サムゲタン風「鶏のおかゆ」。 【材料】(2~3食分)

・米        0.5合分
・水        適量(おかゆの目盛まで)

◆具材と調味料
・ささみ      120g
・しいたけ     2個
・長ねぎ      5~6cm
・にんにく     1片
○おろし生姜    小さじ1
○塩        少々
○清酒       小さじ1

◆仕上げ
・塩        少々
・鶏がらスープの素 小さじ2
・ごま油      適量
・白ごま      適量
・青ネギ      適量

【作り方】
1.米を30分ほど水に浸しておく。
2.にんにくは包丁の腹で潰し、しいたけは薄切り、長ねぎは縦に細切りにする。
3.水を切った1の米に水を加え、具材と○を入れて「おかゆ」モードで炊飯。
4.炊き上がったら鶏がらスープのもとと塩で味を調え、鶏肉をほぐす。
5.器に盛ってごま油を垂らし、白ごまと青ネギを散らす。

おかゆは毎食になると飽きてしまうので、サムゲタン風にしても◎!
お肉は消化に悪いと言われていますが、脂肪の少ない鶏肉、特にささみは消化にいいのでOKです。胃腸風邪の時は、脂肪分の多い肉は避け、たんぱく質がしっかりとれる鶏肉がおすすめです。

※青ネギは小さな子どもが食べる場合は入れないようにしましょう。ねぎは生のままでは食べることができないので、必ず加熱しましょう。
しいたけに限らず、きのこ類は食物繊維が多いので消化に悪いです。旨味たっぷりで美味しいのですが、下痢のときは少なめにしたほうがいいかもしれませんね。

風邪引きさんに*サムゲタン風「鶏のおかゆ」。 by きちりーもんじゃさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
風邪引きさんに*サムゲタン風「鶏のおかゆ」。 by きちりーもんじゃさん」 風邪を引いてしまった主人。かわいそうにっ。うどんやにゅうめんや卵がゆ。いつも和風の味付けでは飽きてしまうので、今回は少し趣向を変えて、韓国風にしてみました。具材は、… こちらを参考にさせていただきました。

あんかけうどん:鶏がらスープで一味違ったうどんに!とろとろあんでサラリと食べられる


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/165129/recipe/910189
風邪ひきさんに あんかけうどん 【材料】(1人分)
・冷凍うどん      1玉
・水          300cc
・鶏ガラスープの素   小さじ2
○水          大さじ2
○片栗粉        大さじ1弱
・卵          1個
・ごま油        少し
・ねぎ         お好みで

【作り方】
1.鍋に水300ccを入れ、鶏がらスープの素を加える。
2.沸騰したら一度火を弱め、○の材料で作った水溶き片栗粉を加えよく混ぜる。
再び、1~2分加熱する。
3.うどんはレンジで温め、器に入れておく。
4.2に溶き卵を回しいれ、15秒ほどそのままにしたあとゆっくり混ぜる。
5.3のうどんに4をかけ、ごま油を垂らしてねぎを散らす。

普通のうどんに飽きたら、鶏がらベースのうどんがおすすめ!冷凍うどんなので、食べたいときにすぐに作ることができるのも嬉しいですよね。

うどんは冷凍うどんを使っていますが、生のうどんを使ってもOK。うどんはくたくたにしたほうが消化にいいので、別の鍋で茹でたうどんにあんをかけてもいいですね。

風邪ひきさんに あんかけうどん by さーやさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
「風邪ひきさんに あんかけうどん」鶏ガラスープのうどん

意外と美味しいので、是非試してみてください♪食欲がないときや夜食にもオススメです(〃艸〃),うどん,鶏,卵,ねぎ,あん,丼,クリ,レンジ こちらを参考にさせていただきました。

茶碗蒸し:つるんとのど越しがいい茶碗蒸しは食べやすい◎


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/105906/recipe/692951
茶碗蒸し 【材料】(2人分)
・卵       2個
・だし      300cc
・薄口しょうゆ  20cc
・みりん     20cc
・お好みの具   適量

【作り方】
1.卵をよく溶き、だしを合わせて目の細かい茶こしでこす。
2.お好みの具を適量器に入れる。
3.1の卵液に薄口しょうゆ、みりんを加え混ぜ、2の器に注ぎ蓋をする。
※蓋が無い場合はラップかアルミホイルでOK。
4.鍋に水を入れて、3の器を並べる。水の高さは器の1/3くらいになるようにする。
中火弱で10~20分ほど、卵液のかたまり具合を見ながら蒸す。

茶碗蒸しに入れる具は消化にいいものを!小さく切った人参を入れたり、高たんぱくの鶏ささみを入れるなど工夫してみてくださいね。
茶碗蒸しはつるんとのど越しがいいので、食べやすいですよね。食べるときはよく冷まし、熱々の状態で食べないように気を付けてくださいね。

茶碗蒸し by ともくんばあばさん | レシピブログ – 料理ブログのレシピ満載!
「茶碗蒸し」作るのが大変そうですが、冷蔵庫にあるもので簡単に作れます。,卵,茶碗蒸し,かぼちゃ,銀杏,魚,鍋,鶏肉,蒸し器,気軽な茶碗蒸し こちらを参考にさせていただきました。

胃腸風邪のときはNG!避けるべき食材

生モノや脂っこいもの、刺激物は避けて

胃腸風邪のときに避けるべき食材はこちら!
・生もの
・脂っこいもの
・辛いもの、塩辛いものなど刺激が強いもの
・熱いもの、冷たいもの
・甘いもの(ジュースやお菓子)
・味が濃いもの
・乳製品
・お肉
・アクが強いもの
・消化に悪いもの
・お酒、コーヒー

こうしてみると意外と多いですよね。胃腸風邪のときだけでなく、体調の悪いときはこれらの食材を避けるようにしましょう。
胃腸に負担のかかる食事は、それが刺激となって下痢や嘔吐を繰り返すことがあります。胃腸風邪の症状が落ち着いても、すぐに脂っこいものなどを食べるのは避けてくださいね。

胃腸風邪が治った後も食事には気を付けて

いかがでしたか?
胃腸風邪は下痢や嘔吐など辛い症状が続くので、食事を摂るのも大変ですよね。胃腸風邪のときは、胃腸が弱っているので刺激の少ない、消化にいいものを食べるようにしましょう。

また、症状が治まったあとにも注意!症状が治まっても、胃腸にはダメージが残っているのでしばらくは胃腸に負担のかからないものを食べるようにしてくださいね。
胃腸風邪になったときは、水分補給をこまめに行い、脱水にならないように気を付けましょう。