今どきの七五三事情って?写真・神社・服装のギモンに答えます!

子どものお祝い行事と言えば、やっぱり「七五三」。小さい子どもがおめかしをして参拝する姿は微笑ましく、とてもかわいらしいですよね。でも実際は、どう準備していいかわからないママも多いのではないでしょうか。参拝だけではなく、写真撮影に、親戚を集めた食事会など、イベント盛りだくさんな今ドキの七五三事情、ご説明しましょう。

七五三とは?

7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝う風習です

七五三とは、7歳・5歳・3歳という節目の年に、子どもが無事に成長したことを祝う風習です。
もともとは、3歳は髪を伸ばし始める「髪置」、5歳は男子が袴を着ける「袴着」、7歳は女子が帯を使い始める「帯解」と、別に執り行われていたお祝いの儀式を明治時代にまとめたものが今の七五三として定着したようです。

昔は乳幼児の死亡率が高く、3歳までに亡くなってしまう子どもも数多くいました。
ですので人別帳や氏子台帳と言われる昔の戸籍のようなものには、産まれてすぐには登録せず3歳~4歳になってから登録していたと言われています。
それくらい3歳まで子どもが生き延びるのが難しかった時代には、3歳、5歳、7歳と無事に子どもが成長してくれたことは大きな喜びだったんでしょうね。



七五三の疑問1. 数え年?満年齢?どちらで数えるの?

数え年、満年齢、どちらでも構いません

昔は数え年で男子は3歳と5歳。女子は3歳と7歳のお祝いをしていたようですが、今は簡略化されています。
男子が5歳、女子が3歳と7歳でお祝いをしますが、満年齢でも数え年でも都合のいい方で構いません。
兄弟のお祝いを一度で済ませるために、上の子を満年齢、下の子は数え年などで調整をとっている家も少なくありませんよ。

七五三の疑問2. どうやって参拝すればいいの?

地元の氏神様にお参りするのが基本です

七五三の参拝は、普段住んでいるところの氏神様に子どもが健康に育つよう祈ってもらうのが基本です。
ただ、最近は神社に神主さんが常駐していなかったり、祈祷を受け付けていなかったりすることもあるでしょう。
また、せっかくの記念だからと有名な神社で七五三の祈祷をしてもらいたいと考えているママもいるかもしれませんね。
そういった場合は少し遠出しても構わないと思います。

子どもが疲れないように気を付けて

ただ、小さな子どもにとっては、着物やスーツなど普段着なれないものを着て遠出するのは大人が思っている以上に疲れてしまうもの。
ましてや、境内が砂利道で歩きにくかったり、駐車場からかなり距離があったりすると、慣れない草履が痛くてぐずってしまう子も多いですよ。
普段履き慣れた靴を持参するか、歩く距離の少ない神社を選ぶと安心です。

また、人気の神社でお日柄のいい日に祈祷を受けようとすると、祈祷まで数時間の順番待ちだったりすることもあります。
子どもが途中で飽きてぐずったり、待ちくたびれて眠ってしまったりすると楽しいイベントが台無しですので、あまり欲張らないようにしてくださいね。
人気の神社で祈祷を受けるなら午前中早い時間に行くか、週末は避けて平日に行くなどすると比較的待ち時間が少なくて済みますよ。



七五三の疑問3. 参拝は11月15日じゃないとダメ?

11月15日にこだわらず、10月か11月の都合のいい日に参拝しましょう

七五三は11月15日と言われていますが、正式にいつ参拝しなくてはいけないという決まりはありません。
今11月15日という慣習になっている理由には諸説ありますが、体の弱かった徳川家光の子ども(後の綱吉)が11月15日に健康祈願をしたところ、すくすくと成長したという話にあやかっているという説が有力です。
また、旧暦の15日は鬼宿日と言い、鬼が出歩かない吉日だから七五三が11月15日に定まった…という説もありますが、真偽のほどは定かではありません。

今は11月15日にこだわらず、10月か11月のどこかで行うことが多いようです。
混雑を避けるあまりに12月にまで遅らせて参拝する方もいますが、12月に入ってから祈祷を受けようとすると、神社側で用意している千歳飴などのお土産が品切れになっていることもあり、お土産がもらえないこともあります。
12月以降に祈祷をしてもらいたいなら、あらかじめ神社に予約を入れて、可能かどうか確認しておくといいでしょう。

七五三の疑問4. お賽銭をあげて参拝するだけでOK?

祈祷をする方もたくさんいます

お賽銭をあげてお参りをする「参拝」だけでもいいですし、祈祷をしてもらっても構いません。
七五三ということで祈祷を受ける人も多いですが、絶対に受けなくてはいけないものではないので、「子どもの機嫌」と「大人がどうしたいか?」という二点で決めて構わないと思います。
祈祷をうける場合は、謝礼として最低3千円から5千円程度かかることは頭に入れておきましょう。

七五三の疑問5. どんな服装をすればいいの?

子どもは着物・ドレス・スーツ

七五三といえば着物、というイメージがあるかもしれませんが、別に着物にこだわる必要はありません。
ドレスやスーツなどの洋装でもOKです。
ただ、お祝いの儀式ですので、普段着ではなく正装に近い服装を心がけましょう。

ママは着物かスーツが主流

ではママは何を着ればいいのでしょうか?
子どもに合わせて着物を着るのは素敵ですが、着物なんて持ってないわ…というママも多いもの。
また、子どもの支度に忙しくて、自分まで着付けをしてもらう余裕を作れない方もいるでしょう。

そんな方はスーツでもワンピースでも全く構いません。
最近は、着物より洋装で参拝するママがかなり多いと感じますよ。
ただ、子どもの晴れ姿を引き立てるようあまり華美な服装は慎み、落ち着いた大人の女性を演出してくださいね。

七五三の疑問6. 写真撮影はいつがおすすめ?

最近は夏前に撮影する「前撮り」が主流です

せっかくの七五三ですから、記念になる写真を撮りたいものですね。
昔は参拝の前か後に、写真館で記念写真を撮るのが主流でしたが、最近は参拝と写真撮影の日をずらすのが主流です。
え?2回着物を着るの?2度手間じゃない…とお思いの方もいると思います。
では、なぜ参拝と写真撮影の日にちをずらすが主流になってきているのでしょうか?

写真と参拝を分けるメリットその1:子どもが疲れない

写真館で写真を撮るとなると、1枚だけパシャッと撮ってオシマイということはありませんよね?
いろいろな背景やポーズで、何枚も何枚も撮るのではないでしょうか。
また、一人で撮ったり、家族で撮ったりしているうちに、1時間くらいはかかってしまい、子どもが飽きてしまうことも…。
そのあと参拝をすると、疲れてぐずぐずになる可能性もありますよ。

笑顔の写真を撮って、楽しく参拝するためにも、写真撮影と参拝の日を分けると安心です。

写真と参拝を分けるメリットその2:二種類の衣装を着ることができる

2回衣装を着ると言っても、同じ衣装を着なくてはいけないわけではありません。
せっかく写真撮影と参拝の日を変えるのなら、衣装だって別々のものを選ぶことだってできますよ。
写真館ではレンタルの着物で、参拝では自前のスーツで、などと2種類の衣装が楽しめるのが写真撮影と参拝の日を分けた方ならではのお楽しみです。
特におしゃれが大好きな女の子は、2回も衣装が着られるなんて嬉しいですよね♪

とはいえ、二種類も衣装を用意できないわ…という方もいるでしょう。
写真を撮影してくれた人には、参拝用に別の衣装を貸してくれるサービスをしている写真館もありますから、いろいろチェックしてみるといいですね。

写真と参拝を分けるメリットその3:ピークをずらすと安い

七五三撮影をしている写真館は、どうしても10月や11月に激混みしてしまうもの。
日本人には「七五三は11月」というイメージがありますから、仕方のないことですよね。
でも、その混雑を緩和させるために、写真館が「前撮りキャンペーン」や「誕生月に七五三撮影をしよう!」と言った割引キャンペーンをいろいろ打ち出しています。
それを上手に利用してみてはいかがでしょうか。

たとえばスタジオアリスでは、春夏に写真撮影をすれば、通常価格より数割安くなりますよ。

▽スタジオアリスの詳細はこちら! 子どもにとって一生に一度の晴れ姿。とびっきりの笑顔を、アルバムいっぱいに閉じ込めたいですよね。スタジオアリスは、そんなパパとママの願いをかなえてくれる子ども専門の写真館です。写真館での撮影をグッと身近にしてくれたパイオニアだからこそ、アイテムやノウハウも多彩。家族の記念写真を撮りたい方必見の情報をお届けします!

写真と参拝を分けるメリットその4:白い肌や揃った歯で撮影できる

当たり前ですが、11月からさかのぼれば灼熱の真夏。
夏過ぎて撮影をすると、子どもが日焼けして真っ黒になっていることもあります。
どうせ衣装を着るなら、日焼けする前の白い肌で撮影したほうがきれいですよね。

また7歳女子の撮影を考えているなら、ちょうど乳歯が抜け替わる時期です。
ウカウカしていると、秋には前歯が抜けていることもあるかもしれませんよ。
歯の生え変わりは個人差があるので一概には言えませんが、やはり写真を撮るなら、揃った歯のほうが衣装映えするものです。

11月という日付にとらわれず、その子の肌や歯のタイミングで撮影するのも、きれいな写真を撮るコツの一つです。

七五三の疑問6. 最近の七五三写真のスタイルとは?

根強い人気、従来の写真館タイプ

昔ながらの街の写真館もいまだに健在だと思いますが、七五三撮影をするなら、スタジオアリスやスタジオマリオ、ラカンスタジオなどの子供向け写真館が人気ですよね。
豊富にそろった衣装が選び放題で、しかも子ども向けのヘアメイクもしてもらえるというのは、ママにとっても嬉しいポイント。七五三撮影の新定番となってきました。

▽子供向け写真館ならここがおすすめ!

こども写真館スタジオアリス|七五三・卒園・入園入学記念や赤ちゃん撮影
七五三、卒園・卒業、入園・入学、お宮参り、百日祝い(お食い初め)の記念写真撮影なら、スタジオアリスにお任せください。スタジオアリスは、いつでも撮れる「こども専門写真館」です。

おしゃれを追求したいなら、ハウス型スタジオ

でも「それじゃ物足りない!」「もっとおしゃれな写真を撮りたい!」というママたちに人気なのが、一軒家を改造したハウス型のスタジオです。
今までの写真館と違って、自然光の下で自然に過ごしている子どもの写真を撮ってもらうので、ナチュラルな写真に仕上がるのが特徴。
「うちの子、まるで雑誌のモデルみたい」と、感じるママも多いのだとか。
ハウス型スタジオが、これからの七五三写真の主流になっていきそうな予感です。

▽ハウス型スタジオのおすすめはここ!

ライフスタジオ 人生を映す写真館

七五三の疑問7. 参拝と写真以外にやることは?

家族や親戚で集まって、食事会をする方もいます

子どもの成長をお祝いする七五三。その貴重な機会なので、家族や親戚で集まって食事会をするという方もいます。
割烹料理屋や、ホテルの個室などのレストランでは七五三プランを打ち出すところも多いので、そのような場所で会食をする方が多いようですね。
普段はなかなか使わないと思いますので、口コミを利用したり、ご自宅や神社の近くなどでそのようなレストランがないか探してみるのもいいのではないでしょうか。

また、子どもが疲れないようにという理由で、自宅で食事をする方もいます。
とはいえ、七五三の準備が忙しい最中に、ママ一人で親戚の分まで食事を用意するのはとても大変なこと。
おばあちゃまたちに手伝ってもらったり、ケータリングサービスを利用するなどして無理のないようにお祝いするようにしてくださいね。

食事の後の「お返し」も

家族以外の人を読んだ食事会の場合、来てくれたお礼にと「お返し」を用意するのが正式なマナーです。
気を使わないような親戚ならあえて用意しなくても構わないでしょうが、しきたりを重んじる年配の方を招待した場合は用意しておいた方がいいかもしれません。

一般的にはお赤飯や紅白まんじゅう、菓子折りなどをお返しすることが多いようですが、土地柄や家によってもしきたりが異なる場合がありますので、事前にリサーチしてから用意するのが無難です。

2度と巡ってこない幼少期の思い出に

3歳、5歳、7歳。一度過ぎてしまうと、この時期はもう二度と巡ってきません。
子どもの幼少期は長いようで短いもの。後で後でと思っているうちに、かわいい時期は通り過ぎてしまいますよ。

七五三はその「可愛い時期」をぎゅっとパックするイベントです。
着物などの素敵な衣装を着て、写真に納まり、みんなで食事を食べる…。そのお祝いしてもらった記憶は子ども心にも嬉しいものですし、撮った写真は一生の思い出になりますよ。

この時期を通り過ぎてから、「やっぱり写真を撮っておけばよかった」などと思ってもやり直すことが出来ません。
3歳・5歳・7歳の時しかできない七五三で、かわいいこの時期をしっかり残してあげるようにしましょうね。