気管支炎の治療法についてひどい咳はどうやって治すの?

気管支炎で困る症状、それはひどい咳。咳がひどくて遊んでいられない、ミルクを飲むと咳き込みで吐いてしまう、夜横になるとひどくなって寝付けない。気管支炎は誰でもかかる病気です。ここではそんな気管支炎の治療についてお話したいと思います。

気管支炎とは風邪の延長

気管支炎。
そう小児科で診断されたことがあるお子さんは多いことと思います。

気管支炎とは一体なんなのでしょうか?
答えは「風邪の延長」です。いわゆる「風邪」が喉が鼻など、上気道と言われる上のほうの炎症からの症状であるのに対し、気管支炎はもう少し下のほうの気道に炎症があるもの、ということになります。

空気の通り道の気道の炎症ですから、咳がひどくなりやすく、その咳をなんとかしようというのが気管支炎の治療のメインになります。

気管支炎の原因はウイルスがほとんど

他の風邪と同じように、ライノウイルス、アデノウイルス、RSウイルス、インフルエンザウイルス、パラインフルエンザウイルスなどのウイルスが原因のことがほとんどです。
時にマイコプラズマが原因のこともあります。



気管支炎の主な症状は咳

気管支炎は風邪の延長ですので症状は多岐にわたります。咳は始めは乾いたものから始まり、痰がらみのものへと変わって行くことが多いでしょう。

そのほかには鼻水や喉の痛み、発熱、下痢や嘔吐、発疹など、他の風邪症状も出ることがあります。小さい子では喘息のようにヒューヒュー、ゼイゼイすることもあります。治療に使う薬はそういった症状に合わせて変わって行きます。

気管支炎の治療に使われる処方薬

先に述べたとおり、気管支炎の原因はほとんどがウイルス。ウイルス自身をやっつける薬は非常に少なく、ほとんどの風邪、気管支炎は自力で治すしかありません。
気管支炎の治療の原則は対症療法です。症状にあわせて薬を組み合わせていきます。

咳を鎮める「鎮咳剤(ちんがいざい)」

気管支炎のもっとも辛い症状の咳を楽にするお薬です。ただ、咳と言うのはウイルスなどの異物や痰を体の外に追い出すための自己防衛反応でもあるため、完全に止めてしまうことは治りを返って遅くしてしまうこともあります。

ですのであくまで「咳を和らげる」範囲で。完全に止めてしまうことはしません。

痰切りをよくする「去痰剤」

始まりは乾いた咳でも、徐々に痰がらみの湿った咳に変わってくることが多いのが気管支炎。
痰をなかなか出しにくい乳幼児では痰を出しやすくする「去痰剤」はよく処方されます。痰を柔らかくして出しやすくしたり、痰を出そうとする体の動きを助けます。

ゼイゼイがある場合にはテープや吸入薬

空気の通り道の気管支が元々狭い赤ちゃんでは、風邪のときに「喘息のようなゼイゼイ、ヒューヒュー」が見られることがあります。

それは元々狭い気管支に、痰などが出てしまうことで余計に狭くなること、などが影響して起こります。そんな場合には気管支を広げてくれる貼り薬や吸入を使うことがあります。

明らかに細菌感染が疑われる場合は抗生剤を使うことも

熱がだらだら長引いて咳がひどい、と言う場合に血液検査などをすることがあります。それで明らかにばい菌が悪さをしている、と思われるときには抗生剤を使うことがあります。

風邪といえば抗生剤、と思っているお母さんも少なくありませんが、風邪はほとんどがウイルス性。気管支炎も同じです。
すべての気管支炎に抗生剤が必要、効果的なわけではないのです。

飲みにくいけれども漢方も効果的

大人にとっても飲みにくい漢方。薬を飲むということが大人よりも大変な子供にはより難しいことが多いですが、場合によっては漢方を使うこともあります。



気管支炎の治療に使える市販薬

子供は急に具合が悪くなるもの。幸い、今はドラッグストアなどの営業時間も長くなり、市販の薬の種類も増えました。夜間や休日に困った際にはこういった市販薬を使ってしのぐこともできます。

咳止めのシロップ薬

病院で処方されるような鎮咳剤や去痰剤が入っているシロップです。
他のかせシロップなどにも同じような成分が入っている可能性はあるので、使う際は成分をよく確認するようにしましょう。市販薬の場合は一種類にとどめたほうが無難でしょう。

【指定第2類医薬品】ムヒのこどもせきどめシロップS 120mL

飲みやすいトローチ

どうしても飲みにくい漢方ですが、このようにトローチ状で飲みやすくしたものもあります。服用できる年齢は薬によって異なるのでよく確認しましょう。

【第2類医薬品】漢方せき止めトローチS「麦門冬湯」 18錠

昔ながらの咳止め飴もあります

薬ではありませんが、昔ながらの知恵として咳止め飴があります。民間療法でも咳をしずめるのに効果的と言われています。

評判堂 元祖せき止め飴 65g×10袋

花九曜印 かりンあめ 瓶 350g

自宅でできる気管支炎の治療法

気管支炎の原因の多くはウイルス性。
上にも述べたように、治療は対症療法、症状を軽くする程度のもので、根本的に治すものではないのです。

薬が苦手でどうしても飲めない子もいます。でも大丈夫。自宅でできる、お薬を飲む、以外のことも沢山あります。

水分をこまめにしっかりとる

気管支炎のみならず、風邪の際の基本です。
特に咳がひどい気管支炎では水分がいつもよりも奪われがち。水分が少ないと痰が固くなり、余計に出しにくくなり、咳も深く、ひどいものになります。

水分は一気に沢山ではなく「少量ずつこまめに」が基本。枕元にも水分を置いておくと便利でしょう。

部屋干しにするなど、空気は乾燥させない工夫を

乾燥すると咳がひどくなるのはよく知られていることですね。
季節や気候にもよりますが、冬の乾燥した時期であれば、洗濯物を部屋干しにしたり、お風呂に入った後に蓋を開けておいて蒸気を使ったり。加湿器がなくてもできることは沢山あります。

ただ、お風呂の蓋を開けておく場合には事故にも気をつける必要があります。柵を利用するなどで、赤ちゃんがお風呂に行かないように工夫しましょう。

マスクが出来る子はマスク着用が効果的

これが実は最も効果的。マスクをすることで自分の吐く湿った空気を吸うことができるので咳を楽にしてくれます。
ただ、なかなかマスクをしていられない子も多いですから、成長や本人の様子に合わせましょう。かわいいマスクなども効果的です。

こども不織布マスク 手裏剣戦隊ニンニンジャー 5枚入

こども不織布カラーマスク Go!プリンセスプリキュア 5枚入

不思議の国のアリス チシャ猫グッズ キャラクターマスク 【ディズニーリゾート限定】

寝るときは上半身を起こし気味に

咳はどうしても夜間、寝転ぶ体勢をとる、時に悪くなりがち。
そんな時には上半身を起こし気味にして寝かせてあげると少し楽になります。タオルや枕で傾斜をつけてあげるといいでしょう。

気管支炎治療の基本は水分摂取・休養・栄養

薬で症状を和らげてあげることができても、基本的には時間の経過で治っていくのを待つ気管支炎。自分で治す力を助けてあげる、というのが最も大事な治療と言えます。

・水分をしっかり摂ること
・しっかり休養を摂ること
・無理のない範囲でしっかりたべて体力をつけること

これが一番大事。人間には風邪、気管支炎を自力で治す力はきちんと備わっています。赤ちゃんでも同じです。ですから基本的なことに気をつけて、あとは落ち着いて看病できるようにしたいですね。