授乳初期の乳頭トラブル、どうにかしたい!ひりひりする痛みへの対処法

赤ちゃんが産まれ、ついに始まった子育て。昼夜問わずおっぱいをあげなければならないママの乳頭には、とても大きな負担がかかります。水疱や血豆ができたり、亀裂が入って血が出てきてしまったり…そんな痛~い乳頭のトラブルを予防する方法や、痛くなってしまった時の対処法をご紹介します。

乳頭トラブルの原因は?

短い授乳間隔で乳頭に大きな負担がかかる

産まれたばかりの赤ちゃんは一度に飲める母乳の量が少ないため、授乳の間隔が短くなりがちです。また、なかなかおっぱいが出なかったりして、1回の授乳にかかる時間がずいぶん長くなってしまうというママも。慣れない授乳によって大きな負担がかかったママの乳頭には、やがて水疱や血豆ができたり、切れてしまったりといったトラブルが発生します。

赤ちゃんがうまく乳頭を咥えられていない

産後すぐはママも赤ちゃんもまだ授乳に慣れていません。咥え方が浅かったりすると、より大きい負担がかかってトラブルが起きやすくなってしまいます。また、特に初産のママはまだ乳頭の伸びが悪く、赤ちゃんにとって咥えづらい場合も。

痛みを我慢して悪化するケースも

乳首は痛い、けどお腹を空かせた赤ちゃんが待っている…赤ちゃんのお腹を満たすため、痛みを我慢してそのまま授乳を続けることでどんどん悪化させてしまうママもいます。



乳頭が痛いときの対処法

乳頭トラブルが起きると、授乳のたびに激痛が走って本当につらいですよね。痛みを緩和させ、早く治すためのコツをご紹介します。

授乳のときは乳頭保護器を付けて

「乳頭保護器」をご存知でしょうか?シリコンゴムなどでできており、授乳時に乳頭を覆うことで負担を軽減するものです。硬めのものや柔らかめのもの、乳頭と乳輪周辺の小さな面積を覆うもの、乳頭から下の乳房を包むものなどさまざまなタイプがあるので、自分に合うものを探してみてください。

乳輪までしっかり深く咥えさせて

出典: http://www.breastfeeding-problems.com/Latching-on.html
痛いし怖い…と、咥えさせ方が浅くなっていませんか?赤ちゃんの上あごにはくぼみがあり、授乳のときにはそこに乳頭を固定して舌でしごくことでおっぱいを搾り出して飲みます。乳輪ごと乳頭を咥えなければ、そのくぼみまで乳頭が届きません。その結果、しごくことができないために乳頭を押しつぶすような飲み方になって乳頭を痛めてしまうのです。怖がらずに、赤ちゃんが大きく口を開けたときに思い切って深くまで咥えさせましょう。

授乳のあとは乳頭用クリームで保湿

授乳のあと、ふやけた乳頭を放っておくとカサカサになってしまいます。水分や油分を失って乾燥した状態の乳頭は、裂傷ができやすかったり、傷が治りにくかったりします。乳頭を乾燥から守るために、授乳のあとには乳頭ケア用のクリームで保湿しましょう。

メデラ ピュアレーン100 7g 【日本正規品】 medela Pure Lan 100

カネソン LANSINOH ランシノー 10g

痛みが強い場合は搾乳して哺乳瓶で与えてみて

痛くて乳頭を咥えさせられない場合は、乳頭に負担がかからないように搾乳して哺乳瓶でおっぱいをあげてみてください。
ここで気になるのが「乳頭混乱」と呼ばれる反応。おっぱいに比べ、哺乳瓶は中身が簡単に出てきます。哺乳瓶に慣れてしまった赤ちゃんは、ママのおっぱいを吸いたがらなくなることも。これが乳頭混乱です。乳頭混乱を防ぐために、ママの乳頭と同じように舌でしごかなければ中身が出てこないような作りの哺乳瓶を選びましょう。 出典: http://www.betta.co.jp/products/detail.php?product_id=616
スタイリッシュなベビーブランド「Bétta」の哺乳瓶、ドクターベッタ。ブレインシリーズはママの乳首を再現したつくりで、乳頭混乱予防にも効果を発揮します。

購入はこちら

ピジョン 桶谷式直接授乳訓練用 母乳相談室 乳首 SSサイズ

キズパワーパッドも便利

キズの治りが早まるということで人気のキズパワーパッドは、乳頭の傷にも効果があります。乳頭の大きさに合わせて切って使ってみてください。ただし、乳頭を衛生的に保つために授乳のたびに貼りかえる必要があります。

BAND-AID(バンドエイド) キズパワーパッド スポットタイプ 10枚

乳頭トラブルを予防するコツ

一度起きるとなかなか治らないのが乳頭のトラブル。痛くなるまえに、しっかりと予防することが大切です。やっと痛みが治まった!というママも、また同じ痛みに苦しまずに済むように普段からケアを怠らないようにしましょう。

とにかく深く咥えさせること

深く咥えさせる必要があるのは、乳頭トラブルが起きてしまった時だけではありません。日ごろからしっかり乳輪ごと咥えさせることで、乳頭が傷つくのを予防することができます。

さまざまなポジションを試して

横抱き、縦抱き、フットボール抱きなど、授乳にはさまざまなポジションがありますね。同じポジションでばかり授乳をしていると、乳頭も同じ場所にばかり負担がかかるため傷つきやすくなります。普段から意識してさまざまなポジションで授乳しましょう。 出典: http://mom.girlstalkinsmack.com/family/new-parents—breast-feeding-your-baby-why-breast-is-best-%28part-2%29.aspx

長時間咥えさせっぱなしにしない

長時間咥えさせたままでいると、乳頭にかかる負担もより大きくなります。また、水分や油分も多く奪われるので乾燥の原因にもなってしまいますね。乳頭が柔らかくなって負担に耐えられるようになるまでは、5分程度で左右を交代して授乳しましょう。

無理に引きはがさない

赤ちゃんがおっぱいに吸い付く力は、見た目よりもずっと強いものです。そろそろ左右交代、というときなどに無理やりおっぱいから引きはがそうとすると、乳頭に大きな負担がかかって傷つけてしまいます。必ず赤ちゃんの口の端から指を入れ、空気を入れてから離しましょう。

授乳前に乳頭をマッサージ

まだ授乳を始めたばかりのママは、乳頭が硬く赤ちゃんにとっても吸いにくいことがあります。そのまま授乳すると、赤ちゃんは乳頭をうまく舌でしごけずおっぱいもなかなか出てきません。授乳の前に少し揉みほぐし、柔らかい乳頭を準備してあげてください。

パンパンに張るときは、授乳前に少し搾って

赤ちゃんが産まれて数日経つと、おっぱいがパンパンに張ってきますよね。張りすぎたおっぱいは乳輪まで硬くなってしまうので、赤ちゃんはうまく咥えることができません。授乳の前に少しだけ搾って、乳輪や乳頭をほぐしておきましょう。 乳頭トラブルが起きると、幸せな授乳の時間が苦痛になってしまってつらいですよね。痛くなってしまったという方も、まだ痛みのない方も、しっかりとケアや予防を行って無理せず楽しい授乳タイムを過ごしましょう。