吸引分娩とは?健康保険や医療保険は適用される?

分娩中に赤ちゃんの娩出を助けるために行われることのある吸引分娩。赤ちゃんが元気に生まれることが一番ですが、ほかに気になるのがお金のこと。費用や健康保険適用、医療保険の支払いについてまとめました。

吸引分娩とは?費用は?

吸引分娩とは吸引カップで赤ちゃんを引き出す分娩方法

吸引分娩とは吸引カップで赤ちゃんを引き出す分娩方法です。
分娩中にお腹の中で赤ちゃんの状態が悪くなることもあり、その程度がひどい場合には急いで赤ちゃんを出す必要が出てきます。この場合、子宮口が全開で、赤ちゃんの頭が吸引できる位置まで下がっていれば吸引分娩、そうでなければ帝王切開が行われます。

吸引分娩の費用は自己負担6,000~9,000円程度

吸引分娩になるとその分出産費用が高額になります。上乗せされるのは20,000~25,000円程度が一般的です。後述の健康保険が適用されれば自己負担6,000~9,000円程度です。



吸引分娩と健康保険

基本的には健康保険が適用される

医師が疾病と認めて診療を行った場合が異常分娩として保険診療の対象となります。それ以外は正常分娩として自費診察となります。
吸引分娩は基本的に医師が医学的にみて危険だと判断して行われるので、その場合は健康保険が適用されます。ただし、危険だとはいえないながらも安全のために吸引分娩を行い、結果的に正常分娩になるような場合は、健康保険が適用されない可能性があります。
健康保険が適用されているかどうかは領収書の明細で確認できます。

吸引分娩と医療保険

医療保険がおりることも

吸引分娩になった場合、生命保険や医療保険に加入していれば、入院給付金や手術給付金というかたちで保険がおりることもあります。特に健康保険が適用されている場合は病名がついているはずで、支払われる可能性が高くなるようです。
また、契約内容によっては、健康保険適用の入院が1泊分だけだとしても、入院日数分の入院給付金を受け取れることもありますし、女性特有の疾病を手厚く保障するような特約をつけていれば、さらに多くの給付金を受け取れるかもしれません。

保険会社に請求するには医療機関に診断書を作成してもらうことが必要なケースが多く、診断書料として税抜3,000円~5,000円程度かかることが多いですが、支払われなかった場合に診断書料相当額を負担してくれる保険会社もあります。また、出産から何年か経っていても、ほとんどの保険会社で数年分は過去に遡って請求することができます。
契約している保険の担当者に相談してみましょう。



みんなの声

産後落ち着いたら保険担当者に相談を

「出産は命がけ」といわれるように、特に産時は些細なものを含めると何かしらの異常があることが少なくありません。
吸引分娩に限らず、ほぼ正常と思えそうな分娩でも、医療保険が支払われることは案外多いです。前期破水の場合や微弱陣痛で赤ちゃんが下りてこない場合などで入院給付金が支払われた事例もあります。
赤ちゃんが元気に生まれ、母体も元気なことが一番ですが、お金のことも大事です。少しでも「ひょっとして?」と思う内容があって、生命保険や医療保険に入っている場合は、落ち着いたらダメ元でも確認してみましょう。