排卵検査薬の陽性反応が薄い原因は?誤判定はあり得る?

妊娠希望のため、排卵日を知ることが出来る排卵検査薬は万能アイテム!しかし、反応が薄かったり陽性が数日続いたり…。いったいいつが排卵日なの?とお困りの方も多いでしょう。今回は排卵検査薬で陽性判定の薄い原因をお話します。

排卵検査薬の使い方とは?

排卵検査薬とは排卵する直前に黄体形成ホルモン(LHホルモン)の分泌量を確認するために使用します。朝の尿を採り、検査薬に数秒かけて検査します。検査薬によって違いますが、LHホルモンの上昇がピークの時に陽性がでるか、排卵が起こる数日前に陽性が出るタイプがあります。

ピークが起きて24時間から36時間後に排卵が起こるため、そのときがわかるという仕組みです。使い方は排卵日が起こる数日前から使用する場合や、確実さを考えるなら1ヶ月のタイプのものがあります。毎日、使い見比べると陽性が近づくと色が出始め、陽性になるとはっきりと着色し、排卵が終わると薄くなっていき、排卵が完全に終わると反応しなくなります。

排卵検査薬の陽性反応が薄い原因

排卵検査薬には、LHホルモンの濃度によって判定の出方が出るタイプと、検査結果と陽性の判断となるラインの2本が出るタイプとがあります。2本のタイプのものは、判断ラインと同じくらいの濃さ、またはもっと濃いラインが出ると陽性ですが薄いと陰性となります。
薄いのは排卵していないということです。使ってみて徐々に日に日に濃くなることはもうすぐ排卵のお知らせなので濃くなるまで使いましょう。陽性が出たら徐々に薄くなるので、排卵が終わったということです。

陽性が数日続く?

排卵検査薬で反応が薄かったり陽性が数日続く場合は黄体機能不全かもしれません。LHホルモンの分泌が異常なため、卵胞が排卵しないこともあります。また、計算した排卵日より遅れたりすることもあるので、排卵検査薬でチェックする場合は、1ヶ月ほどの長期で試したほうがいいでしょう。

黄体機能不全は不妊の原因にもなるのでストレスを貯めないこと、バランスのとれた食生活をすること、規則正しい生活をすることなど妊娠力を高める過ごし方に切り替えましょう。

排卵検査薬の誤判定の場合とは

排卵時期意外に検査しても薄く色付く場合もあります。LHホルモンは体内で微量ですが分泌されているので反応する場合もあるのです。確実に妊娠時期を見定めたい場合は継続して使うことです。たまに使うなどは誤判定の原因となります。
また、陽性でも水分を大量に摂取したりすれば陰性判定が出てしまったり、すでに妊娠している可能性もあります。妊活中で薬物療法を受けている場合にも陽性判定も出ます。排卵検査薬によって使用方法も検査のタイミングも異なることがあるので注意しましょう。

先輩ママの声

排卵検査薬以外にも目を向けて

妊娠するために排卵日を特定することは大切なことですが、そればかりに気を使っては行けません。
妊娠するためには検査するだけではなく、日頃からきちんとした睡眠をとることやストレスを貯めないこと、食生活を正すことなども妊活には大切なことです。タイミングはバッチリでも、妊娠判定までにはまだ時間があります。長い目で見てチャレンジしていきましょう。