おしるしから出産までどれくらいかかる?出産までの流れと過ごし方

臨月に入るといつ陣痛がくるのかどきどきしますよね。おしるしから出産までどれくらいかかるの?陣痛が始まったらどうしたらいいの?たくさん不安なことがでてきますよね。出産を安心して迎えられるように、おしるしから出産までの流れと過ごし方をまとめてみました。

お産が近づいたサインにはどんなものがある?

おしるし

おしるしとは子宮口が開いてきたときに、赤ちゃんを包んでいる卵膜との間にズレがおきておこる出血で、実際には膣内の粘液と混じるため、どろっとした出血交じりのおりもののように感じます。
出産3日前くらいからおしるしがあることが多いようですが、1週間前からある方や反対に全くなかったという方もいらっしゃいます。回数も1回の方もいれば数回あったという方までかなり差があるようです。

前駆陣痛

お産が近づいてくると頻繁にお腹が張るようになります。下腹がキューと痛くなることもあれば、ただお腹が張っているだけのときもあります。これが前駆陣痛で、陣痛との違いは「不規則な張り」ということです。お腹が張っていたけどおさまってしまったという場合は前駆陣痛と言えますね。
前駆陣痛はお産が近づいてくるにつれ増える傾向がありますが、前駆陣痛がなくすぐに本陣痛がきたという方もいらっしゃいます。

その他のサイン

その他には、胃がすっきりした、胎動が少なくなった、足の付け根が痛くなった、おしっこの回数が増えたなどがあります。これらは赤ちゃんが出産に向けて骨盤の中に降りてくることでおこる症状で、全員があるわけではありません。



陣痛が始まったらどうしたらいいの?

そもそも陣痛って?

陣痛とは「規則的な10分間隔のお腹の張り」をいいます。10分間隔以内でお腹が張っていたけど、間隔があいてしまった場合は前駆陣痛となります。最初は不規則な張りから始まり、徐々に10分以内の規則的な痛みになる方が多いでしょう。
ただ、不規則な張りから定期的な陣痛になるまでの時間や痛みの程度はそれぞれで、1日~2日かけて本陣痛になる方もいれば、3~4時間程度で進行する方もいます。

病院にはいつ電話をするの?

陣痛が始まって病院に電話をするタイミングをお話します。

○初めてのお産の場合
規則的な陣痛が5分くらいになってきた頃です。初めてのお産の場合、10分間隔で陣痛が始まってもまだ半日程度はかかります。そのため、陣痛が始まっても焦って電話をしなくても大丈夫ですよ。ただ痛みが耐えられない、不安でたまらないなど家にいると落ち着かないようなら早めに電話をしてもよいでしょう。

○2回目以降のお産の場合
規則的な陣痛が10分くらいになってきた頃です。初めての出産より経過が早いことが多いので、電話も早めにする必要があります。上のお子さんの準備など思わぬことで出発するまでに時間がかかってしまう場合もあるので、余裕ももって電話をするようにしましょう。

○その他
切迫早産や血圧が高めなど妊娠中にトラブルがあった場合は早めに電話をする必要があるので、自分が電話をするタイミングは必ず医師、助産師に確認しておくようにしましょう。

陣痛以外ですぐに病院に電話をすべき症状

陣痛以外にも電話をしなければいけないときがあります。

○破水をしたとき
破水はバシャっとバケツを引っくり返したように感じることもあれば、チョロチョロと尿漏れのように感じることもあります。破水をすると赤ちゃんのいる子宮と外とがつながってしまうため感染をおこす可能性があります。疑わしいときも含めすぐ電話をするようにしましょう。

○出血がある場合
おしるしが粘液交じりの少量の出血に対し、異常がある場合は生理のときのようにサラサラとした出血が見られます。量は関係なく、さらっとした鮮血がでた場合はすぐに電話をするようにしましょう。

○胎動が感じられないとき
お産が近づいたサインに胎動が減るというものがありましたが、胎動がなくなることはありません。必ず出産する日まで胎動チェックはするようにしましょう。胎動が感じられないなど異常があればすぐに電話をしましょう。

陣痛から出産まで

初めての場合、出産までは平均10時間~15時間くらいかかる

気になるのは陣痛が始まってから出産までの時間ですよね。初めてのお産の場合は平均10時間~15時間くらいで2回目以降はその半分程度になると言われています。ただお産にかかる時間は人それぞれなので、参考程度にしておきましょう。

陣痛中に大切なのはリラックスすること

陣痛中は痛みや不安でどうやって過ごせばいいのかわからなくなりますよね。大切なことはリラックスすることです。リラックスして全身の力が抜けると順調に経過することが多いからです。
リラックスはすぐにできるものではないので、陣痛がおきる前から自分がリラックスできる方法を探して練習しておくといいでしょう。ご主人やご家族にも自分がリラックスできるよう手伝ってもらうといいですよ。赤ちゃんに出会えるまで頑張りましょう!



出産までにしておく大切なこと

臨月に入ったらお産がいつになるのか焦ったり、不安になったりすることがあると思います。でも、お産が始まるサインと出産までの流れを知っておくだけでも気持ちが楽になりますよ。自分がどんなお産になるのかイメージしながらリラックスして、赤ちゃんに会えるそのときまで楽しみにしていてくださいね!

こちらの記事もあわせてどうぞ

妊娠すると避けては通れないのがお産の痛み。いまは普通分娩のほか無痛分娩や帝王切開などお産の選択肢も広がりつつありますが、まだまだ多くの妊婦さんが選択する普通分娩の痛みとその乗り越え方について紹介します。 「呼吸法って何?」「ヒッヒッフーのあれでしょ?」そうです。その通りです。出産に臨んだことのない人でもドラマや漫画の世界で聞いたことがあるのではないでしょうか。しかしこれは出産に対する漠然としたイメージで、「ヒッヒッフー」の呼吸と同時に、すぽーんと生まれてくるわけではありません。呼吸法をマスターして安産を目指しましょう。