陣痛はこれで乗り切る!ラマーズ法とソフロロジー式分娩法

「呼吸法って何?」「ヒッヒッフーのあれでしょ?」そうです。その通りです。出産に臨んだことのない人でもドラマや漫画の世界で聞いたことがあるのではないでしょうか。しかしこれは出産に対する漠然としたイメージで、「ヒッヒッフー」の呼吸と同時に、すぽーんと生まれてくるわけではありません。呼吸法をマスターして安産を目指しましょう。

お産における呼吸法ってなに?

お産が始まってからの呼吸の仕方のこと

お産に対する緊張や、陣痛の痛みを強く感じたりすることで呼吸が乱れると赤ちゃんに十分な酸素が送れません。そんな時に呼吸法を実践することで心と体をリラックさせ、自然にお産を進めていきます。また、いきみを逃すのにも有効になってきます。呼吸法を練習してうまく逃しましょう。



どんな呼吸法があるの?

代表的なものは「ラマーズ法」と「ソフロロジー式分娩法」

どちらも基本的には、陣痛の痛みを和らげリラックスしてお産に臨むことを目的とした方法ですが、それぞれに特徴やメリットがあります。

「ヒッヒッフー」でお馴染みの「ラマーズ法」

多くの産院で母親教室などを通じて習うことが多いのではないでしょうか?フランスの産科医ラマーズによって提唱された呼吸法です。

【特徴】
1番の特色とも言えるのは、お産の進み段階(陣痛の強さ)に応じた呼吸をすることです。心身ともにリラックスしてお産の波にのれるよう取り組みます。また、もう1つの特徴は「立ち合い人」の存在です。パパや助産師さんが側で励まし、同じ呼吸を行うことでママも呼吸法を実践しやすい環境を作ることができます。

【メリット】
陣痛があまりにも痛くて、ついつい呼吸をとめて固まってしまうママも多いんです。しかしそうすると赤ちゃんに十分な酸素が送れず、苦しくてなかなか出てこれません。ラマーズ法は意識的に呼吸を行うことで、赤ちゃんへの酸素を十分に届けることができます。また呼吸に集中することで陣痛・分娩への痛みを和らげることもできます。

リラックスを目的とした「ソフロロジー式分娩法」

ソフロロジーとはラテン語で心を落ち着かせリラックスする学問です。それを出産に応用したのがソフロロジー式分娩法。フランスで始められ、ヨーロッパでは主流になっている分娩方法です。呼吸法だけでなく妊娠中から母性を確立させるよう様々なトレーニングを行います。

【特徴】
出産とは「妊娠」に始まり出産後も続いていく「育児」と捉え、妊娠中から豊かな母性をはぐくむことで、とにかくお産をポジティブに捉え、不安や恐怖心をなくします。
妊娠中から出産のイメージトレーニングや、赤ちゃんに酸素を届けるイメージをしながら呼吸をしたり、専用の音楽を聴いて、いざ陣痛が始まったときにリラックスできるようトレーニングを行います。その際「あぐら」が基本のポーズ。

【メリット】
ソフロロジー式呼吸法では息を止めていきむことをせずリラックスさせ余計な力が入らないので、母体も傷つかず、体力消耗も少なく産後の回復も早いです。体の負担を少なくすることで心に余裕が生まれ、赤ちゃんへの愛情を余すことなく注げるというのも、ソフロロジー式の最大のメリットです。 お産の進行にあわせて、呼吸を使って陣痛の痛みを緩和し、いきみを逃したり、最後に思いっきりいきんで赤ちゃんが出てくるのを手伝ってあげるために実践される呼吸法が「ラマーズ法」です。
「ソフロロジー式分娩法」は、陣痛を赤ちゃんと出会う大切なステップと捉え、痛みをポジティブに受け入れるイメージトレーニングを行うことで、いざ陣痛がはじまったら気持ちの面で痛みを緩和し、安定した呼吸で赤ちゃんに十分な酸素を送り、自然に赤ちゃんがでてくるのを待ちます。

それぞれのお産方法は?

痛みの強さに合わせて呼吸を変えるラマーズ法。いきみを逃すのも、思いっきりいきむのもこれ。

【陣痛がまだ弱いとき】
子宮の収縮(陣痛)が始まったら、まず初めに深呼吸を。そのあとゆったりとした3拍子のリズムで「ヒー・フーー」と息を吐きます。収縮がおさまったら大きく深呼吸してリラックスしてください。

【陣痛が強くなってきたら】
鼻から息を吸って「ヒッ・ヒッ・フー」ヒッ・ヒッと短く息を吐き、最後のフーは少し長めに吐いてください。大きな収縮の波がきていきみたくなってきてもまだガマン!辛いときは「フー・フー」と長めに息を吐いていきみを逃してください。

【子宮口全開・赤ちゃんの頭が見えてきたら】
この段階になると陣痛の痛みをあまり感じません。収縮の波によっていきみがきたら息を止めて「フーウン!!(イメージ)」思いっきりいきみます。1度で出てこなかった場合は次のいきみがくるまでは力を抜いて「ハッハッハッ」と息を吐き続けます。

【ここがポイント】
実際に陣痛がはじまると、練習してきた呼吸法もうまくできなくなることがあります。そんなときは1つ、自分のペースで息を吐くことに集中してください。息を吐けば次に吸う息は自然に入ってきます。1番痛みを緩和できるペースで息を吐くことが大切です。

妊娠したときからお産は始まっている!?心もからだも準備は万全「ソフロロジー式分娩法」

【赤ちゃんがお腹にいるときは】
本番でリラックスしてお産に臨めるように、妊娠中から専用のCD(なければ自分が心地よいと感じる音楽)を聞いて赤ちゃんのことを想ったり、出産のイメージトレーニングをします。そしてソフロロジー式分娩を意識したエクササイズを行うことで、イメージトレーニングで培われたリラックスをより効率的に感じられます。また意識のコントロールもできるようになります。

【お産が始まったら】
あぐらをかき、楽な姿勢で子宮の収縮がきたらゆっくりと息を吐きましょう。陣痛の波が去ったら、力を抜いてリラックスを。お産の中心となる呼吸法はソフロロジー式呼吸法(積極的呼息法)は「ゆっくりと息を吐く」ことに集中して行うもので、難しいものではありません。息を吐ききったら自然に入ってくるのに任せましょう。
子宮口が全開大になり痛みが強くなってきたら子宮の収縮に合わせて、息を吐きながら少しいきみを加えます。この時、息を止めないようにします。赤ちゃんの頭が見えてきたら、無理にいきみを加えることをやめてゆっくりと息を吐きましょう。

【ここがポイント】
陣痛を素直に受け入れて、ポジティブに赤ちゃんと一緒にお産を乗り切ることを目指します。ソフロロジー式分娩を望む方は、事前に産院に対応しているか確認しておくと良いでしょう。



お産のかたちは十人十色

いかがでしょうか。陣痛はたしかにとんでもなく痛いですが、呼吸法を通してコントロールができたとき、痛みは感動に変わります。
しかしお産のかたちは十人十色。いざ陣痛が始まると緊張して練習したはずの呼吸法を忘れてしまったり、想像以上の痛みでとても実践できなかったり。
どんな呼吸法にも共通しているのは、少しでもリラックスしてお産に臨めるようにすることなので、妊婦さんがラクだと感じる呼吸法が1番です。お産は始まればちゃんと進んでいきます。元気な赤ちゃんに会えるまであと少し!頑張りましょう。