自然分娩と帝王切開の違いは?出産の痛みや産後の赤ちゃんについて

帝王切開は選べるものではありません。しかし気になるのが自然分娩との違い。気になるママの体、赤ちゃんの状態、家族のサポートなどを比較してみました。

自然分娩と帝王切開の違いが知りたい!

妊娠週数が進むにつれ気になりだすのが帝王切開のこと。もし帝王切開になったらどうしよう?そもそも帝王切開ってどんな時になるの?体への負担はどうなの?周りの家族は?医療費は?
気になることを自然分娩と比べてみました。



そもそも帝王切開になるのはどんな時?

帝王切開には事前に決まる予定帝王切開と緊急時に行う緊急帝王切開があります。まずはそれぞれのおもな理由をあげてみましょう。

予定帝王切開…逆子の場合など

予定帝王切開になる理由には
・逆子
・前置胎盤
(胎盤が子宮の入り口を塞いでいる)
・重度の妊娠高血圧症候群
・多胎妊娠
(双子や三つ子など)
・児頭骨盤不均衡
(赤ちゃんの頭が大きすぎる)
・子宮筋腫や卵巣のう腫
などがあります。37~38週で帝王切開をするケースが多いです。

緊急帝王切開…胎児の異常など

緊急帝王切開になる場合は、主に以下のような理由が挙げられます。

・胎児機能不全(赤ちゃんに異常がある)
・臍帯下垂(へその緒の異常で赤ちゃんに酸素が送られにくくなる)
・常位胎盤早期剥離(出産前に胎盤が剥離)
・妊娠高血圧症候群
・回旋異常などで分娩が進行しない
・予定帝王切開前に陣痛や破水が起きた場合など

自然分娩と帝王切開の違い1. ママについて

出産前の不安

出産前は誰もが不安なものですね。それは妊娠後期になると最大になります。
入院中の家事、上の子どもの心配、出産の手続き(出生届、誰に連絡するか)など自分のこと以外に考える事がたくさんあります。
また入院セットを揃えたり、赤ちゃんのものを揃えたり下洗いしたり、部屋を整えたり、と動かないといけない事もたくさんあります。

●自然分娩

「いつ陣痛がくるか」ということが一番の不安です。外出先だったら?夜中だったら?一人きりだったら?この不安を解決してくれるたったひとつの方法は、産院に電話する事です。その時には確実な指示をしてくれるので安心しましょう。 ●予定帝王切開

「陣痛など緊急事態がおこったらどうしよう」ということが一番の不安です。これも何か起こったらやはりすることは産院に電話をすると次の指示をしてもらえるのです。

その他「痛みに耐えられるの?」「あかちゃんが生まれてきたらどうしよう」という漠然とした大きな不安がどちらにも訪れます。パパや家族や友人に話を聞いてもらいサポートしてもらいましょう。

出産時の痛み

●自然分娩

陣痛、会陰切開、生むときの痛みがあります。
陣痛とは痛みがきっちり10分間隔でくる事で始まります。間隔は徐々に短くなり痛みは増しますが痛みは1分ほどでおさまりあとの時間は痛さはきれいになくなります。不思議ですね。

初産の場合陣痛から出産までの平均時間は12時間ほど(個人差あり)。
最初はひどい生理痛くらいの痛みですが強くなる痛みで息まずに力まずに逃していくのが大変です。
「便秘と下痢を我慢している」
「割れるような痛み」
「腰をハンマーでたたかれるよう」などとたとえられる痛みです。
人生で経験した事のない陣痛の痛みに比べれば、会陰切開や縫合は何も感じなかったという人やちくっとするくらいという人がほとんど。

生むときの痛みは痛みというより体の中のものを搾り出すような感覚で、赤ちゃんが生まれた瞬間と相まって爽快感すらあります。
これが「鼻からスイカが出る」といわれる痛みで、とにかく大きいものが出てくるということでしょうか。逆に陣痛はあっという間に進み生むときの痛みがひどかったという人もいます。
出産後は抜糸するまで会陰縫合がちくちくと痛むようです。 ●帝王切開

手術前の麻酔、術中の痛み、術後の傷の痛みがあります。
麻酔には下半身麻酔と全身麻酔がありますが下半身麻酔で使われる硬膜外麻酔、脊髄麻酔の前に行う局所麻酔が帝王切開の一連の中で一番痛いといわれています。

痛みもですがなんともいえない気持ち悪さを伴い、歯の麻酔の背中版といったところでしょうか。
赤ちゃんを取り出した後縫い合わせるときに全身麻酔を使う病院もあり術中の痛みや具合の悪さは全身麻酔によってなくなります。ただし全身麻酔を使うと1日以上麻酔が切れるのにかかるため回復は遅くなります。

後陣痛と縫った場所が同じところなので何日も痛みが強く出る場合が多く傷の痛みは抜糸後も何ヶ月も続く人が多いようです。その他、手術前から続く点滴や導尿の痛みもわずらわしさも含めてつらいようです。

出産後の処置

●自然分娩

赤ちゃんが生まれるとその約10分後に胎盤が出てきます。後産ともいわれます。自然に出てくるのを待つ場合もありますが、お腹を押したりしてスムーズに出てくるようにしたりします。
その後、会陰切開した部分を縫合。その後2時間程子宮収縮が落ち着くまで分娩室にて待機します。その後入院中に何度か子宮収縮具合を診てもらい、溶けない糸なら退院前に会陰縫合の抜糸があります。

●帝王切開

お腹を切っているのでその痛みが強くあります。それに同じ場所にあるからか後陣痛が重いのも特徴です。
手術前に絶食になるため術後は1回食から徐々に食事を戻していきます。
点滴、導尿がとれるのも同じくらい時間がかかることもあります。食事や動きが規制される事でストレスも増える傾向があります。点滴・導尿・硬膜外麻酔のカテーテルを抜く、そして抜糸が入院中の処置としてあります。

出産後のからだの回復

●自然分娩

出産の痛みは出産後すぐになくなるという人がほとんどで、退院時には赤ちゃんを抱いてスムーズに動けるようになる人がほとんどです。しかし無理は禁物で産後1ヶ月は産褥期といって無理はせず赤ちゃんの世話以外は安静にするように勧められています。

●帝王切開

お腹の傷の痛みは産後1ヶ月は続きます。傷口の痕にぎゅっと閉じるようにテープを張ると傷口はかなり小さくなるようです。入院期間は異常がなければ10日~2週間というところが一般的です。それでも退院時にはまだ赤ちゃんをしっかりと抱けない人も多くいます。入院後の産褥期にはサポートが必要です。



自然分娩と帝王切開の違い2. 産後の赤ちゃんについて

●自然分娩

立会い出産であればパパと一緒に赤ちゃんの誕生を迎える事ができます。その後カンガルー抱っこ、場合によっては初乳。産後初日からママと同室ということもあります。
赤ちゃんとママ両方に異常がなければ入院中は毎日ほとんどの時間をママと過ごす事ができるでしょう。

●帝王切開

手術なので立会い出産はできません。下半身麻酔の場合はママは赤ちゃんの誕生をみる事ができます。その後家族がいる場合は家族と面会しますが、ママの麻酔が切れるまで初乳はあげられません。
大体は丸1日後にママに初めて抱っこされることになります。ママの回復をみながら母子同室も行われます。

自然分娩と帝王切開の違い3. もらえるお金について

●自然分娩

自然分娩の場合、妊娠中と同じく自費扱いで保険外診療に当たります。産院や病室、入院期間によって金額に差がありますので産院を選ぶ際にはその点も確認したいですね。
出産すると出産育児一時金として42万円が健康保険から支給されます。産院によっては直接支払制度を採っているので(健保から産院に直接支払いしてくれる制度なので入院費の支払いが42万円安くなります)こちらも確認しましょう。
この他健保によってはお祝い金などもあるので調べておきましょう。

●帝王切開

帝王切開でも出産育児一時金42万円が健保から受け取れます。手続き方法は同じです。
帝王切開は保険診療に当たるため3割負担になります。産院による金額の差はなくなります(病室や入院期間や処置によって金額は変わります)。自己負担額が高額なため高額療養費の申請ができます。
差額ベッド代や食事代は除外、月ごとに申請、所得制限など分かりづらいものですが是非申請をしてください。
その他、加入している医療保険によっては支給対象になる事もあるので確認をしてください。

どれも支給されるのを待っていても支給されないもの。申請をしないと受け取れないものなのでしっかりと調べてもらえるお金をもらいましょう。 ▼高額療養費についてはこちらの記事もどうぞ

自然分娩と帝王切開の違い4. 家族について

兄姉のお世話

生まれてくる赤ちゃんの上に兄姉がいる場合は、ママの入院中に子どもを世話する人を決めなければなりません。大切なのはママが頼りやすい人に頼む事ではなく、子どもがママの入院中も安心していられる相手に頼む事です。
子どもからすれば最大のライバルでもある赤ちゃんが生まれてきて、大好きなママがしばらくの間その赤ちゃんと一緒に帰ってこないのです。そんな色々な不安を抱える子どもをしっかりと支えてくれて愛情をたっぷりと与えてくれる人に子どもを預けましょう。

●予定帝王切開
入院日が決まっているので準備は楽です。入院期間が長い分きちんと引継ぎを行いましょう。

●自然分娩
予定日の前数週間前からサポート体制を整えておくと(実家に帰る、親に来てもらうなど)子どももパニックにならず安心です。

夫のサポート

仕事が忙しい、夫に頼むより女親に頼んだ方が話が早い、などとおっくうがらずにパパのサポートにしっかりと頼りましょう。特に一人目出産できちんとサポートしてくれた夫がいる場合二人目出産につながりやすいという結果もあるくらいです。

分からないからと思わずにママの体に起こっていること、これから起こるだろう事などキチンと伝えるようにしましょう。その事で出産体験は夫婦2人のものになり、かけがえのない思い出になるでしょう。

●自然分娩
パパの最大のサポートは立会い出産です。これは実のところママの肉体的苦痛を和らげない事が多いようですが、パパの父性を目覚めさせる一番の方法といわれています。
産院によっては数回の学習時間を設けていることもあります。出産後も入院セットを持ってきてもらったり、着替えの洗いを頼んだり役所の手続きや家族への連絡もしてもらいましょう。

●帝王切開
ママが手術後すぐに赤ちゃんのお世話ができない分パパが代わってミルクをあげたりお世話をする事を薦める産院もあります。ママの代わりに赤ちゃんの様子を見てきてもらいましょう。
入院中は特に傷の痛みで動きづらいので身の回りのこともやってもらう事が出てくるようです。医療保険が下りるときはママに代わって手続きしてもらうと助かりますね。

どんな出産も家族にとってかけがえのないもの

陣痛だったり帝王切開の傷だったり、耐える痛みは違えど出会うものは同じですね。案ずるより産むが安し。赤ちゃんに会えた瞬間は何事にも代えられないとてもすばらしいものです。産める喜びのある女性に生まれてよかったと思える瞬間ですね。

そしてどんな出産になったとしても周りの家族のサポートなしでは達成できません。そして出産は本当に人それぞれ違います。
分娩方法や口コミに惑わされずあなただけの出産をしっかりと乗り越えて家族と共有できるかけがえのないものにしてください。