排卵日検査薬の特徴と効果的な使い方まとめ

赤ちゃんを心待ちにする人にとって大切な排卵日。排卵日を予測する排卵検査薬にもそれぞれ特徴があるのをご存知でしたか?ここでは排卵日検査薬の特徴と効果的な使い方をご紹介します。

妊娠しやすい日はいつ?

赤ちゃんを心待ちにする人にとって、妊娠しやすい日がわかることは大切ですよね。「妊娠しやすい日」とはつまり女性の排卵日の前後になります。この排卵日は、基礎体温を測っていると分かると言われていますが、実際には体温が上がりきる前に排卵が起こるので、基礎体温のみで排卵を予想することは難しいと言われています。
そこでこの記事では排卵を予測する「排卵日検査薬」について紹介していきたいと思います。

排卵日検査薬とは

尿中のホルモンに反応して結果が出る

排卵日検査薬は、検査薬に尿をかけたり浸すことで、尿中の黄体形成ホルモン(LH)に反応して結果が出るようになっています。

●黄体形成ホルモン(LH)とは
卵巣の中で成熟した卵胞に作用し、排卵を促します。普段から少量は出ているのですが、卵子が成熟する頃になると急激に分泌量が増え(LHサージ)、それにより排卵が起こります。LHの濃度の急上昇から36時間以内に排卵が起こると言われています。

販売店は製品HPに載っている

今までドラッグストアなどの店頭に陳列されていた排卵日検査薬ですが、2009年の薬事法改正により、調剤薬局でなければ取り扱うことができなくなりました。調剤薬局で購入するためには、薬剤師と対面で「指名、住所、電話番号」を伝える必要があります。
薬剤師がいないお店では購入することができないため、インターネットでの販売も禁止されています。そのため購入できる場所が少なくなってしまい、見つけるのに一苦労…という話も聞きます。
排卵日検査薬を作っている製薬会社では、製品のホームページで販売店舗を一覧にして紹介しています。また、お客様相談センターなど電話対応もしてくれるので参考にしてくださいね。

排卵日検査薬の種類

排卵日検査薬には、形状や判定の仕方の違いの他、日本製や外国製など様々な種類があります。種類ごとに「値段」「感度」「判定が出るまでの時間」など特徴をまとめました。

海外製の試験紙

中国製やアメリカ製など海外製のものに多く、日本製の物のようにプラスチックの持ち手などはなくテープのような形状をしています。使い方は、尿吸収帯に尿を吸わせて、時間をおいてから照準線と反応線の色の濃淡で判定します。
インターネットなどで代理店を介して購入できます。他の形状の物より、非常に安いことが特徴です。 【値段】1回50円前後
【判定が出るまでの時間】3~5分
【特徴】
「DAVID」…中国国内医療用検査薬市場においてトップシェア。アメリカFDA・EC指令(CEマーク)にも承認され、世界数十国に輸出し医療施設で使用されています。中国の生産ラインは品質保証基準(ISO9001)と医療機器の品質保証基準(ISO13485)認証済み。
「WONDFO」…標準品質保証基準(ISO9001)と医療機器の品質保証基準(ISO13485)認証済みで、製品はアメリカのFDA・EC指令(CEマーク)にも承認されている。

k24mel

ioiobaby2

結果がラインでわかる使い捨てのスティック

日本製の製品で多いのがこのタイプになります。このタイプではもっとも妊娠しやすい日を1日前に予測することができるものが多いです。ホルモンの感度は製品ごとに違います。価格は1本350~500円前後。ここからは商品ごとの特徴を紹介します。 ●チェックワンLH・Ⅱ(株式会社アクラス)

【感度】40IU/L
【判定が出るまでの時間】3分
【特徴】判定窓のコントロールラインとテストラインの色の濃淡で判定する。

d_1111_a
●P-チェックLH(株式会社ミズホメディー)

【感度】最小検出感度10IU/L
【判定が出るまでの時間】10分
【特徴】三段階検出法で低域から広域まで幅広く検出できるため、LHの量が少ない人にも使いやすい。もっとも妊娠しやすい日が約1日前にわかる。

himami4975
●新ドゥーテストLH(ロート製薬株式会社)

【感度】30IU/L
【判定が出るまでの時間】5分
【価格】7本入り2700円(税抜)、12本入り3800円(税抜)
【特徴】もっとも妊娠しやすい時期が約1日前にわかる。日本製の物の中では最も安い。

ringo_no_namida

結果をリーダーで読み取りデジタル表示するもの

日本製では「チェックワンLHデジタル(株式会社アクラス)」が有名です。海外製だと「クリアブルーイージーデジタル」などがあります。
これらはチェックスティックをリーダーにセットし、チェックスティックに尿を吸収させ、判定はディスプレイにデジタル表示されます。色の濃淡で判断する必要がなく、判定がわかりやすいのが特徴です。 ●チェックワンLHデジタル(株式会社アクラス)

【感度】40IU/L
【判定が出るまでの時間】3分以内
【特徴】ディスプレイに顔のマークが表示されれば陽性と判定する。

rjm_s.h

タッチパネル式

世界で唯一のタッチパネル式の排卵検査器「クリアブルー排卵検査薬タッチパネル式」は、LHとエストロゲンの2つのホルモンを感知するため、妊娠しやすい期間をを約5日前から予測することができます。
デジタル表示で妊娠可能性レベルを三段階で表示します。また、6回分の生理周期を記録したり、カレンダー機能で夫婦生活をもった日など記録を残すこともできます。値段は本体価格が約五万円、テストスティックが1本300円ほど。
こちらの商品はインターネットで代理店を通じ輸入する形になります。

おすすめの排卵検査薬

初めて使う方には日本製

初めて排卵検査薬を使う方におすすめなのは、日本製の製品です。というのも、製品自体がしっかりしていることと、日本語の説明書や添付文書がついており使いやすいからです。

操作に慣れたら海外製も

海外製も基本的な操作は日本製と同じです。海外製の試験紙は1回あたりの費用が非常に安いので、排卵日近辺で1日に何回かチェックをするときにはおすすめです。

体質(LHの量)に合わせて

日本製のものに限っても、感度が様々です。元々のLHの量が少ない人にとって感度の低いものを使用すると陰性が続いてしまいます。反対に、LHの量が多い人が感度の高いものを使用すると、陽性が続いてしまうことがあります。
使用してみて合わないようでしたら、体質に合わせて、感度の低いもの・高いものを選んでみてくださいね。

検査日の見つけ方

商品によって違うのですが、検査を開始する日はおおむね
●次の生理予定日-17日(18日)となっています。
生理周期が一定でない人は、ここ3回の生理周期で最も短かった生理周期を当てはめて計算してください。詳しくは商品のホームページを見ると、それぞれの商品に合った計算式が掲載されています。

排卵日検査薬の効果的な使い方

毎日決まった時間に検査する

海外製品の一部では検査の時間帯が指定されている場合もありますが、日本製のものはどの時間でも良いとされているものが多いです。
検査薬はLH濃度の変化を見ますので、毎日決まった時間に検査をすることで結果の色の濃淡の変化に気づきやすくなります。

排卵日が近そうな日は朝と夕方検査する

朝に検査で陰性でも、急激にホルモンの分泌が増え、夜には陽性に転じることもあります。その場合陽性になるタイミングを早めにつかむために一日に2~3回検査をすることをおすすめします。

基礎体温表に検査結果を記入しておく

基礎体温にあわせて排卵検査薬の結果を記入することで、何周期か繰り返すうちに自分の排卵のパターンが把握しやすくなります。

陽性反応のあと陰性反応が出るまで検査を続ける

ラインの濃淡で判定する検査薬の場合、陽性が出始めてからいつ消失するかを見ると、LHサージのピークがいつだったのか予測をすることができます。また、検査開始から終了まで、日時を記入して取っておくと、LHが多めの人でも普段のラインの色からの変化が分かりやすかったり、陽性に転じてからの色の濃さの変化が分かりやすくなります。

陰性が続く場合の原因と対応

排卵日検査薬の結果が陰性で続いた場合の原因で考えられるものが以下の通りです。

●生理周期が変化した
●LH濃度の上昇がわずかで検出できなかった
●陽性の持続時間が非常に短い
●排卵のない周期だった

この場合、検査を継続するか次回の生理周期を待って再検査するようにしましょう。

陽性が続く場合の原因と対応

陽性反応が続く場合には排卵日を予測することはできません。陽性が続く原因として、普段から出ているLHの濃度が元々高いことや、今回の周期ではたまたま高かったという事が考えられます。
この場合は、感度の低い(感知するのに必要なLH濃度が高い)排卵日検査薬を使ったり、次回の周期に再検査したり、産婦人科で再検査するようにしましょう。

ベストな性交のタイミングは排卵の2日前

精子の寿命は2日~数日です。また、性交して精子が卵管を通り卵子まで到達するのに1~2時間かかります。それに対して、卵子の寿命は12~36時間と短いので、排卵した時にすでに精子が待機していると妊娠する確率が上がると言われています。
そのことから、排卵検査薬で陽性が出た場合、ピークを待たずに性交することで妊娠する確率が上がるとも言われています。

基礎体温表と合わせて取り入れよう

基礎体温をつけながら、排卵検査薬でのチェックを取り入れると、自分の体の周期が分かりやすくなります。さらに詳しくタイミングを見極めたい場合には、産婦人科でエコーを行う方法もあります。
妊娠は女性だけの問題ではありません。パートナーとコミュニケーションを図りながら、一緒に向き合っていきたいですね。