若い女性に急増する子宮頸がん検査が早期発見への近道!

あなたは子宮頸がん検診に行っていますか?発症の若年化が進んだことで妊娠適齢期にピークが重なっているため、妊娠中にがんが発見されることも少なくないのです。しかし、早期発見できれば、がんになる前に食い止めることができます。そのためにはどんな検査方法があるのか見てみましょう。

子宮頸がんは20~30歳代の女性に増えています

子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんの2種類があります。子宮体がんは赤ちゃんのお部屋「子宮体(しきゅうたい)」にできるがんのことです。
一方、子宮頸がんは子宮の入り口付近「子宮頸部(しきゅうけいぶ)」にできるがんのことで、性行経験のある女性なら誰でもなる可能性のある病気です。以前は40~50歳代の女性に多く見られていましたが、最近では20~30歳代の女性に急増しています。まさに妊娠適齢期になりやすいがんであると言えます。



子宮頸がんの検査を受けるべき理由

子宮頸がん検診は、地方自治体から一定の年齢に達すると補助されて行われたり、妊娠初期に必ず行われるなど受ける機会の多くある検診です。しかし、若い人は婦人科に行くことを敬遠しがちで、受診率は必ずしも高くありません。
そのため、妊娠して初めてこちらの検査を受け異常を指摘されることもあります。
妊娠初期にがん検診が行われるのは、精密検査が必要になった場合に出血などのトラブルが起こりにくいためです。そして、もし子宮頸がんが発見されても早めに対策を立てることができるからです。

早期発見であれば、子宮を残した治療が行われます

子宮がんと聞けば「子宮を取らないといけない」とか「妊娠はできない」と思われがちですが、子宮頸がんに至っては早期発見であれば、子宮を残した治療が行われます。
妊娠中に「がん」の可能性があると聞くと不安でいっぱいになってしまいますよね。それでなくても妊娠には不安がつきもの。落ち着いて、正しい知識を持ちましょう。

子宮頸がんの原因はウィルス感染

子宮頸がんのほぼすべての原因は「HPV(ヒトパピローマウイルス)」というウイルス感染であることが分かっています。このウィルスは多くの場合性交渉によって感染すると言われていますが、女性のうち80%は一生のうち一度は感染すると言われています。

感染しても90%の方は自分の免疫力で治していますが、あとの10%の方は長期間感染状態が続き、がんの前段階の「異形細胞(いけいさいぼう)」に移行するのです。この異形細胞のうちに発見できれば、治療して妊娠・出産を望める可能性が広がります。

子宮頸がんの検査ってどんなもの?

子宮頸がんのはじめに行う検査「細胞診」について

ここで言う子宮頸がん検診とは「細胞診(さいぼうしん)」のことです。難しい名前で、検査と言われるとどんなことをするのか不安になりますが、膣からヘラや綿棒のようなものを入れて、軽くこすり取るだけです。痛みも感じず、あっという間に終わります。
そのこすり取った組織を顕微鏡で観察し、がん細胞やがんの前段階である異形細胞(いけいさいぼう)の有無を調べます。

この検査は流産につながることはありません。妊娠経過に何か影響を与えるわけでもありませんので安心して受けてください。

子宮頸がんのさらに詳しい検査方法

【コルポスコープ(膣拡大鏡診)検査】
コルポスコープ(膣拡大鏡)という器具を膣の中に入れ、炎症や腫瘍ができていないかを観察します。6~40倍拡大して見ることができるので、肉眼では見えない粘膜や血管の変化を観察することができます。
こちらは器具を挿入するとき以外は特に痛みや出血を伴うような検査ではありません。 【組織診】
コルポスコープ検査では、同時に組織を取る検査を行うことが多いです。それを「組織診」と言います。
まず、コルポスコープで観察するとき、お酢と同じ3%酢酸を塗ります。病変は白く変色してくるので、その部分を観察し、米粒大の組織をとって検査をします。

このときキリキリと細胞を取るときに痛みを感じますが、それほど時間はかかりません。検査後、出血することがありますが生理2日目程度の量でなければ様子を見ていて良いでしょう。

こちらは一般的には日帰りで行われますが、妊娠していると出血のリスクを避けるため入院して行うこともあります。この検査では病変がどれほど広がっているかが分かるので、今後の治療方針を考える手掛かりになります。

妊娠中に子宮がん検診で異常を指摘されたら?

妊娠初期の検査に子宮頸がん検診である「組織診」が入っているため、妊娠中に異常を指摘される方も増えています。異常と判断された場合、ただちに処置が必要なのでしょうか。

細胞診の結果はクラスⅠ~Ⅴの5段階に分けられており、その結果によって今後の治療が異なります。
クラスⅠ、Ⅱは「異常なし」、Ⅲはaとb二つに分けられ、Ⅲaは「悪性を少し疑い、軽度・中等度異形成を想定」、Ⅲbは「悪性をかなり疑い、高度異形成を想定」、Ⅳ、Ⅴは「がんと想定される陽性」となります。
※ここで言う「異形成」とは、がんの前段階のことで、放っておくとがんになるもののことを言います。

よって、再検査が必要となるのはⅢ以上となります。
これらを指摘された方はさらに詳しい検査に進みます。



結果次第では出産後に治療をすることになります

組織診の結果でそれ以降の治療方針について決まりますが、妊娠している方にはまず妊娠継続が優先されます。その場合は出産後に手術を受けることになります。ですが、もし進行がんが認められた場合にはガン治療が優先され、医師と相談のうえで今後を決めることになります。

妊娠初期はそれでなくても不安になる時期です。検査で異常が出ると「がん」、「子宮摘出」、「妊娠・出産できない」とどんどん良くない方向にばかり考えてしまい、お腹の赤ちゃんにもよくありません。

精密検査をしないとその後の方向性も分からないので、一人で抱え込まずお医者さんとよく話し合ってください。そして自分や家族が納得できる方法を選択できるといいですね。