破水に気づかないとどうなる?破水の種類、原因、見分け方について

破水するとドバーッと羊水が出てくるからわかる!という場合ばかりだけではない事をご存知ですか?陣痛が来る前に破水して病院に駆け込んで出産。破水とわからずしばらく過ごして陣痛がきて入院!など、破水は人によって出方やシーンも様々です。破水に気がつかないで放っておくとどうなるの?破水する原因は?など、破水についてまとめました。

破水や破水の種類について

破水とは赤ちゃんを覆っている卵膜という膜が破れ、中の羊水が子宮外に流れ出ることを言います。通常は「陣痛→子宮口全開大→破水→出産」という順番ですが、必ずしもそうとは限らず、人によって破水にタイミングは様々です。そこで破水の種類について学びましょう。

適時破水

陣痛→子宮口全開大→破水の順番で来る破水を「適時破水」と言い、通常の破水はこれにあたります。

前期破水

まだ陣痛が来ていないのに破水することを「前期破水」と言います。妊娠37~41週頃に起こる場合は特に問題ではなく、病的なものでもありません。しかし早産時期の前期破水は赤ちゃんに感染のリスクが伴うため、37週未満に破水した場合は早急に病院に連絡を取りましょう。入院する場合が多いので早めに荷物をまとめておくと良いですね。

早期破水

分娩が開始してから子宮口が完全に開く前に破水することを「早期破水」と言います。前期破水とにていますが、こちらもなったからといって必ずしも異常であるという事はありません。

高位破水

子宮の上部(子宮口から遠い位置)が破れることを「高位破水」と言います。羊水が少量しか出ないため、おりものや尿漏れと間違えやすく、破水したと気が付かない場合があるため注意が必要です。



破水に気が付かないとどうなる?

破水した場合、多くは24時間以内に陣痛が来ます。しかし高位破水などは破水と気が付かずしばらく過ごすこともあり、そのまま気が付かないでいると赤ちゃんはどうなるのでしょうか?

細菌に感染する恐れがある

卵膜で細菌から守られていた赤ちゃんが、膜が破れることにより子宮頚管から細菌が入ってしまうことで、高熱を出したり、肺炎や髄膜炎などの感染症を引き起こす事があります。赤ちゃんだけでなくママにも感染症が及ぶこともあるので母子共にリスクが生じます。

赤ちゃんに成熟障害の可能性

早産期の破水は赤ちゃんの成熟障害(特に肺機能の障害)が起こることが有ります。

臍帯(へその緒)脱出、無酸素症、胎児仮死

羊水が極端に無くなってしまうと臍帯(へその緒)が赤ちゃんより先に膣外に出てしまったり(=臍帯脱出)、臍帯が圧迫されることにより、赤ちゃんに酸素や栄養分が届かなくなってしまいます。その結果、無酸素症や胎児仮死になる恐れがありますが、母体には痛みなどを伴うなどの症状が全く無いため、赤ちゃんの危険に気が付くことはほぼありません。

最悪の場合助からない…

感染症や臍帯圧迫などが原因で最悪の場合、赤ちゃんが助からないというケースもあります。逆子や小さめの赤ちゃんにとって、破水に気が付かないことは更にリスクが高いと言われているため、いち早く破水に気付き、病院に行くことが何より大切なことですね。

破水の原因と注意点

破水の原因になりえる事とはどのようなことがあるのでしょうか?原因と注意点をまとめました。自分で注意できるべきところは注意して行動し、正期産まで破水するリスクを少しでも減らしておきたいですね。

重たい荷物の持ち運び

重たい荷物を持ち上げる、運ぶなど、急にお腹に力を入れることは避けましょう。お二人目以降の妊娠の場合、上のお子さんが「抱っこしてー!」とねだってくることも多いと思いますので、その際は急に抱き上げないように気を付けてください。

卵膜の異常(性病、感染など)

性病がある、または膣から何らかの感染があり炎症が起こることによって卵膜が弱くなってしまうことで破水することがあります。

夜の仲良し

妊娠後期に入った安定期でも、パパとの夜の仲良しでは深い挿入は避け、感染症予防の為に必ずコンドームを使用しましょう。

喫煙者、高齢出産

喫煙者のママや高齢出産のママは通常よりハイリスクである場合があります。妊娠したママの禁煙は勿論ですが、周りの方にも気を付けて頂き、副流煙を吸わないように注意しましょう。

性感染症

「クラミジア」や「カンジダ症」等、性感染症になっていないか早めにチェックしましょう。

羊水過多、多胎妊娠

羊水が多くなる「羊水過多」や双子ちゃん妊娠などの「多胎妊娠」の場合は注意が必要であると言われています。



破水の見分け方!チェック6項目

上記にも書きましたが、破水は早く気が付き病院で診てもらうことが大切です。しかし高位破水などのチョロチョロとしか出てこない破水の場合は、「尿漏れ」か「おりもの」か「破水」なのか見分けが付きづらい事も多く、困惑する方も多いのではないでしょうか。そこで破水の見分け方を覚えておけば、判断が付きやすくなるはずです!

1.色

破水の場合、多くは透明(水の様な透明具合ではありませんが)か乳白色、おしるしなどの血が混ざり薄いピンク色をしています。黄緑色っぽい、黄色っぽいという方もいるよですが、この場合は羊水が濁り赤ちゃんが苦しがっているかもしれません。尿であれば黄色っぽく、おりものであれば半透明や卵白のような白っぽさがある、クリーム色、茶色等、個人差があるので良く観察してみてください。

2.形状

破水の場合は水っぽく、あまり粘り気がありません。粘り気が有る、ゼリー状である場合はおりものの可能性があります(人によってはおりものも粘り気を伴わない場合も有るので、普段の自分のおりものと比較してみて下さい)

3.匂い

破水の場合、生臭いだとか、精子のような匂いだとか、人によって感じ方は違いますが、独特の匂いがあります。まれに匂いが無かったという方もいるようですが、尿であればアンモニア臭がし、おりものであれば酸っぱい匂いがあるかと思います。

4.自分で止められるか?

破水であれば自分で止めることができません。量の多いおりものが出る時や、生理の時のような感覚ですね。尿漏れであれば自力で止めることができるので、肛門周辺に力を入れて一度チェックしてみて下さい。

5.出てくるタイミング

安静にしていても出てきたり、動く度(特に立ったり座ったりの際など)に少量ずつ出てくるようであれば破水の可能性があります。笑ったりくしゃみをした時など、お腹に力が入った時に出てくる場合は尿漏れかもしれません。破水の場合は一度出始めたら時間を置いてでも少しずつ出て止まらないので、一度止まったかな?と思ってもまた出てきます。

6.胎動が減ったかどうか

お産が近くなると胎動が徐々に減ってくるのが一般的。お産中でも胎動を感じた!というママもいるようですが、普段の胎動の数や強さ等を比較して大人しくなっていないか比較してみましょう。 ▼これらの記事も参考にご覧ください。 いよいよ臨月に入り赤ちゃんとのご対面が近づいてくると、常に気をつけなければならないのが破水です。37週以降、正期産に入ると特別な原因がなくても陣痛より先に破水が起こる可能性があります。今回は破水の見分け方、破水したときの対処法とNGな行動についてご紹介いたします。 妊娠後期になると「突然破水したらどうしよう」と不安に感じる妊婦さんが少なくありません。特に破水から出産が始まる場合は、急なのでバタバタしがち。そのために破水や破水時の行動をしっかり予習しておけば、大丈夫です。さっそく破水の疑問を解消しましょう。

少しでも「破水かな?」と思ったら迷わず電話!

破水かも知れない…でも間違っていたら恥ずかしい!と思って電話や受診ができず、モヤモヤと過ごすママも多いようです。しかし破水して24時間が経過すると感染症などのリスクも更に上がり赤ちゃんの命が危険にさらされます。
病院側もそのような間違いには慣れていますし、違ったら笑い話で済むことですので、少しでも破水かな?と思ったら迷わず病院に電話して指示を仰ぎましょう。病院側に話を聞いてもらい、判断してもらえればママの気持ちも安心するはずです。
筆者も3人の子供を出産したうちの2人は破水から始まりました。水風船がパンッと割れるような衝撃(全く痛くない)の後にトイレに駆け込んだら少しトロみのある生温かい羊水がドビャッ!と出てきて、病院に駆け込み陣痛が来て出産、という順序でした。
破水はもう少しで赤ちゃんに会える合図でも有ります。これを見る皆様の赤ちゃんが、無事生まれてくることを心よりお祈り申し上げます!