突発性発疹ってうつるの?どんな病気?症状の特徴や対処法について

1歳前後の子どもがかかると言われる突発性発疹。ママたちの間では「突発」という略称が用いられるほど言わずと知れた疾患かもしれません。今回はそんな突発性発疹の症状や特徴、「うつるの?」といった疑問についてもお話しましょう。

突発性発疹とは

1歳前後に多くみられる疾患

突発性発疹は、高熱に続き、赤い発疹が出る疾患です。生後半年から2歳までの乳幼児に多く見られる疾患で、患者の99%が0歳もしくは1歳という報告があります。小児科では、赤ちゃんが高熱を出して受診した際には突発性発疹を疑う場合がほとんどというほど、乳幼児によくある病気です。

原因は何?

突発性発疹は季節によって流行があるわけではなく、一年中、いつでも感染の可能性がある病気です。感染源は、大人の唾液に含まれているヒトヘルペスウイルス6あるいはヒトヘルペスウイルス7と言われています。パパやママの唾液に含まれているウイルスが何らかの形で赤ちゃんに感染するというのが突発性発疹の原因と見られています。なお、ウイルスが1種類ではないため、2度感染するというケースもごくまれにあります。

国立感染症研究所 感染症情報センター
*こちらのサイトを参考とさせていただきました



どんな症状が出るの?突発性発疹の特徴について

高熱からスタート

突発性発疹は、まず38度~40度の高熱が出るのが大きな特徴です。人生初の高熱が突発性発疹だったという赤ちゃんは少なくありません。咳や鼻水など目立った異変もなく突然に高い熱が出た場合は突発性発疹が疑われます。

熱の症状は3~4日ほど続きます。場合によっては、39度の高熱が1週間も続いた、というケースもありますが、熱が出ている間は比較的ご機嫌で元気もある、というのも突発性発疹のひとつの特徴と言われています。

また、突発性発疹は、熱が下がった後に赤い発疹が出るのも大きなポイント。似たような疾患に、「はしか」がありますが、はしかは熱が出ると同時に発疹が出るという点が違うということも知っておくと便利ですね。

全身に赤く細かい発疹が

chixx1101

tkik.m18
熱が下がると、今度は全身に細かい発疹が出ます。お腹や背中に出るケースが多いものの、顔や手足など全身に広がるケースも。なお、高熱の後に発疹が出て初めて、突発性発疹と診断がおります。(発疹が出るまではあくまでも突発性発疹の「疑い」止まりです)

発疹は徐々に広がりますが、2~3日経つと発疹が現れた場所から順にきれいに消えていきます。
しかし、熱が下がり、発疹が出始めたころから急に機嫌が悪くなる赤ちゃんが多いようです。突発性発疹のぐずぐずや甘えん坊っぷりはママたちの間で「不機嫌病」と揶揄されるほどの手強さだとか。この解熱後の機嫌の悪さもまた突発性発疹の特徴と言われています。

熱性けいれんに要注意

突発性発疹の場合、40度近い高熱が出るケースは珍しくありません。そのため、熱性けいれんを起こす危険性があります。
熱性けいれんとは、熱が急に高くなった時に起きるけいれんのことです。突発性発疹のおよそ10%に見られると言われるほど頻度の高い合併症です。けいれんが数分でおさまればその後は特に心配はいらないとされています。また、そのほかにも脳炎や脳症などの合併症を起こす可能性もあります。

神戸市長田区|小児科|のせ(野瀬)小児科クリニック|突発性発疹
神戸市長田区 のせ小児科クリニック 突発性発疹のページです。 *こちらのサイトを参考とさせていただきました

熱性けいれんに関するcutaの記事はこちら

2歳前後で好発、6歳くらいまでの子が起きる熱性けいれん(ひきつけとも言います)。落ち着いて対応できるように、事前にどうしたらいいか確認しておくと安心です。

突発性発疹と診断されたらどうする?治療法は?

突発性発疹は乳幼児のほとんどがかかる疾患であるものの、今のところワクチンはありません。また、治療に関しても、このウイルスに効く抗生剤がないため、解熱剤などで様子を見る場合がほとんどです。高熱に加え、下痢などお腹の症状が出る場合はそちらの薬が処方されることもあります。

先述したように、発疹が確認できるまでは突発性発疹と診断できません。そのため、高熱が出た段階では、ただただ発疹が出るのを待つことに。一般的に、突発性発疹が疑われる場合は「3日熱が下がらなかったらまた来てください」「発疹が出たら来てください」というように、赤ちゃんの症状や様子などを基準にして医師から再受診の予定が組まれることになります。もちろん、赤ちゃんの様子に気になるところがあれば都度受診することになるでしょう。



突発性発疹ってうつるの?注意点は?

では、突発性発疹は人から人へ移るのでしょうか。それと同時に多くのママが気になるのが「保育園に行けるの?」ということですよね。
厚生労働省のガイドラインによると、「感染力は弱いが発熱中は感染力がある」とし、「解熱後1日以上経過し、全身状態が良いこと」を登園の目安としています。

まず、突発性発疹であるかどうかにかかわらず、高熱が出た場合は登園することができません。その後、熱が下がり発疹が出た段階で、やっと突発性発疹との診断がおりますが、突発性発疹かどうかが確定した後の対応は個々の事例で異なる場合もあります。
たとえば、保育園では登園を許可している場合でも、高熱が数日続いた赤ちゃんは体力が落ち、まだぐったり、ということもあります。そういった場合は小児科の先生から登園を見合わせるように指示があるかもしれません。また、保育園側でも、「解熱後○日は登園禁止」というルールがある場合があり、すぐには登園できないというケースもあります。詳しくは小児科の先生と保育園の両方に相談して決めることになるでしょう。

2012年改訂版 保育所における感染症対策ガイドライン
*こちらのサイトを参考とさせていただきました

乳児から幼児への登竜門?

1歳の誕生日が近づくと、ママ同士の会話で「突発もうなった?」という質問が飛び交います。突発性発疹は「突発」と略されるほどママたちの間ではよくある病気のひとつなのです。もはや、成長するための登竜門とでも言うほど、ママが口々に情報交換し合う病気です。
とはいえ、わが子の初めての高熱には不安を感じるママも多いことでしょう。高熱にうなされる姿はもちろん、不機嫌なわが子に手を焼くという方も多いかもしれませんね。発疹が出るまでは気を抜けないものですし、合併症がないわけではありませんが、突発性発疹は重症化することの少ないと言われる疾患です。医師の指示に従い、回復するまでは経過を見守るようにしましょう。