臨月の辛い恥骨痛をうまく乗り切るには?原因と予防法

妊娠中、お腹が大きくなってくると起こりやすい恥骨の痛み。動くたびに痛みを感じるのはとても辛いものですね。恥骨痛の原因と対策を知って、うまく乗り越える方法をまとめてみました。

恥骨痛の原因

恥骨ってどこにあるの?

お臍から下に向かって指でなぞると、ちょうど股の少し上辺りに固いものが触れます。これが恥骨で、正確には左右の恥骨が合わさる恥骨結合部と言われている場所です。赤ちゃんとママの体を支えている骨盤の中の1つで、妊娠、出産に大きく関わってくる場所です。

この辛い痛みの原因はなに?!

痛みの原因は、骨盤の緩みと大きくなったお腹で恥骨に負担がかかるためと言われています。妊娠すると、初期から赤ちゃんが産道を通りやすくするためにホルモンが出て、骨盤が緩みやすくなります。そのため体を支えきれなくなり、腰痛や恥骨痛が出やすいのです。また、臨月近くなると大きくなったお腹が恥骨の上にせりだしてくるため、痛みが強くなりやすいというわけです。



恥骨痛が起こりやすい時期と症状

痛みが出やすい時期は妊娠中期

痛みを感じ始める時期は、お腹が目立ち始める妊娠中期からが多いと言われています。そして妊娠後期になるにつれさらに痛みが増していきます。しかし、もともと腰痛を持っていたり、筋肉が少ない方は妊娠初期から痛みを訴えられる方もいます。
産後、骨盤の緩みが戻りきらなかったり、緩みすぎて恥骨の離開がおこってしまうとなかなか痛みが消えないケースもあります。

恥骨痛で多い色々な症状

恥骨痛の症状は、歩くとズキズキ痛む、足の付け根がつっぱるように感じる、寝ていて起き上がるときやズボンを履くとき、階段を上るときに激痛が走るなどあらゆる場面で痛みを感じるようです。さらに腰痛や背中の痛みなど関連した不快症状が出る方も多いようです。
また、骨盤の緩みがひどくなると赤ちゃんが下がってきてしまい、お腹に張りを感じたり、血流が悪くなって冷えの原因に繋がったりすることもあるのです。

恥骨痛を和らげる対策と予防法3つ

1.お腹が大きくなってきたら動作に気をつけよう

日常生活の中で動作を少し気をつけるだけで、痛みはずいぶん和らぎます。

まず歩くときは、大股ではなく小股で歩くようにします。寝るときはなるべく仰向けは避け、横向きが良いでしょう。その時に足を少し折り曲げるようにすると楽です。仰向けから横向きに移動するときは、両手で腰をサポートしながら動くと痛みがましです。

起き上がるときは、お腹には力を入れず手を床につきながら座り、段階的に立ち上がるようにします。寝ているときや座るときに、クッションを腰や足の間に挟むと楽でしょう。しゃがむときは前かがみにならず、膝を曲げるようにして下さいね。ズボンを履くときは座りながら履くと痛みがましになります。
1つ1つの動作をゆっくりと、段階的におこなうことがポイントです。

2.骨盤固定ベルトや腹帯で負担を和らげよう

妊娠中はどうしても骨盤が緩んでしまいます。そのため骨盤固定ベルトや腹帯で骨盤を締め、お腹を支えてあげると痛みが和らぐでしょう。
妊娠中は、痛みが出るまえからベルトや腹帯をしておくと予防にもなります。産後はさらに骨盤が開いているため、お産直後から骨盤が固定する産後3ヶ月程度は骨盤固定ベルトを着けておくことが望ましいと言われています。汗をかく今の時期、蒸れや暑さで抵抗がある方は、外出時や調理中など長く立位になるときだけ着けても良いでしょう。

3.痛みがあるときは休息とリラックスを

それでも痛みが出てしまう場合は迷わず休みましょう。ご自身が一番楽な姿勢で横になって下さい。お風呂に入って温まるのもいいでしょう。湯船の中では浮力で体の重さが軽減されるため、妊婦さんには最適なリラックス方法と言えます。また骨盤の筋肉を緩め、リラックスと痛みを和らげるために簡単な体操を2つ紹介したいと思います。

○腰回し運動
足を肩幅くらいに開き、手のひらを壁につけるか、もしくは腰に手をおいて立って下さい。その姿勢のまま腰をゆっくり回します。左回し、右回しそれぞれ10回程度行って下さい。

○猫のポーズ
肩幅位に膝を開いて四つんばいになります。そして息を吐きながらゆっくり背中を丸めます。息継ぎをして、また吐きながら今度は背中を反らしていきます。それぞれ数回行って下さい。



恥骨痛で受診が必要なとき

最後に病院を受診した方が良い場合をお伝えします。まず痛みが耐えられないときです。我慢せずに医師に相談して下さいね。次に痛みが持続するときです。休むと楽になったり、動作を気をつけることで痛みが和らぐようなら良いのですが、何をしても痛みが強い場合は医師に症状を伝えるようにしましょう。
また、正期産に入る前なのにお腹が張る、赤ちゃんが下がってきた感じがあるなど、赤ちゃんに関わる症状があるときも迷わず受診して下さい。

痛みを和らげて臨月を楽しく過ごそう!

妊娠初期から恥骨痛があり、トラブル続きの方もいらっしゃると思います。本当に辛いですよね。でも、もう少しで赤ちゃんに会えますよ!残り少ない妊娠ライフが楽しいものとなるよう、ぜひ恥骨痛対策を試して、心も体もリラックスしてお産の臨んで下さいね。