産休の期間はいつまで?知っておきたい産休の基礎知識

産休ってそもそもいつからなのでしょうか?それはどうやったら取得できるの?といった産休の期間と基礎知識についてまとめてみました。

産休とは?

お仕事をされている女性の中では、「産休・育休」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。自分が妊娠した時に、産休育休の制度を知っていれば、多少は出産時の働き方や自身のライフスタイルのイメージについて、考えやすいかもしれませんよね。
また、働きながら子育てをすることがそれほど違和感なくなった今だからこそ、知っておきたい知識のひとつでもあります。

産休とは「産前・産後休業」のことを指します。産前休業については、出産予定日を基準に考えます。また産後休業については、実際の出産日を基準に考えます。具体的な内容については以下にまとめてみました。

産休の具体的な期間

産休とは、女性が出産のために休業する期間を指します。具体的には「産前休業」と「産後休業」に分かれており、産前休業は出産予定日の6週間前から、「請求することにより」取得できます。

大切なのは、「自動的に休業できる」ということではなく、「請求すること」により、取得できるということ。必ず会社への届け出が必要なので、妊娠がわかったら早めに会社へ相談するようにしてくださいね。
(会社によって届け出の方法が異なりますので、妊娠がわかったらできるだけ早めに会社へ相談したいですよね。)

産後休業は、「出産の翌日から 8 週間」までを指します。それまでは法律的に就業できません。産後6週間を過ぎた後、ご自身が請求し、さらに医師が就業を認めた場合は働くことができます。産後すぐに働きたい!という気持ちがあっても、法律的に難しいためご注意を。

産休は法律で定められています

育休については「介護・育児休業法」に定められているのに対し、産休については「労働基準法」に制定されています。産休はそれだけ労働者一般に周知されるべき制度と言えます。

会社側が、産休を取得したことを理由として、解雇したりすることは法律で禁止されています。とはいえ、休業中に先輩や後輩、同僚に迷惑をかけてしまうことは事実ですので、感謝の気持ちは大切ですよね。スムーズに休業へ入るためにも日ごろから報告、連絡、相談を心掛けたいです。

労働基準法
こちらのサイトを参照させていただきました。



産休は誰でも取得できる?

産休はアルバイトだから、契約社員だから取得できない、と思っていませんか?

そんなことはありません。アルバイトでも契約社員でも正社員でも、どなたでも取得できるものです。労働基準法で定められている通り、産前6週からは請求することによって(請求方法は会社により異なります。)取得でき、産後8週は働きたくても、法律により働くことを禁じられています。(先にお伝えしたとおり、医師が認めた場合には産後6週から就業可能です。)

妊娠中は母体を第一に考えたいですよね。ですが、経済的な理由や合法的に定められていないと休みにくい環境もあるかもしれません。産休については誰もが取得できるものとなっていますので、妊娠がわかったら信頼できる上司に早めに相談したいです。

あなたも取れる! – 厚生労働省
こちらのサイトを参照させていただきました。

産休の期間はいつからいつまで?

産前休業は出産予定日前6週から、産後休業は産後8週まで

具体的な産休について問われると、少々不安になりますよね。
どのようにカウントするかは、産前休業については出産予定日の前6週からとなります。出産日以前42日についてを産前休業と呼びます。そして産後休業については、出産後8週を産後休業と呼びます。出産日後56日について対象になります。



産休の期間を計算するには

具体的な期間については、例えば、出産予定日と出産日が異なる場合について例にあげてみましょう。

例)出産予定日 平成28年1月1日
  出産日   平成28年1月5日

上記の場合だと、産前産後休業期間が平成27年11月21日から平成28年3月1日までとなります。
出産の日が予定日よりも遅れた場合には、出産日から産後休業日がカウントされるので、休みがちょっとだけ長くなる、ということになります。

産前産後期間計算ツール – 全国健康保険協会
こちらのサイトを参照させていただきました。

産休は多胎児で期間が違う?

例えば、双子や三つ子を出産したらどうなるのでしょうか?

産前休業であれば、双子以上の場合は14週間前から取得可能となっています。双子でも三つ子でもそれ以上でも、取得できるのが最大14週間前から、ということになります。産後休業については、通常と同様産後8週までとなります。

双子は出産も大変ですが、その後の育児も大変なのに、ちょっと違和感を覚えますよね。

産休の期間は誰もが一番赤ちゃんを感じられる時

産休の期間について、いかがでしたでしょうか。
産休はどなたでも取得できる休業期間です。母体がそれだけ大変な時期でもありますし、昔から産後の休養はとても大切と言われています。

出産までに、新しい命と出会う様々な奇跡を見ることになると思います。産後職場に復帰することも考えて、やはり迷惑をかけてしまう先輩や後輩、同僚への配慮も大切にしたいですよね。

無理をせず、赤ちゃんを迎えれられる準備を進めてください。