妊娠中の頭痛薬は飲んでもいい?選び方のポイント

妊娠中のトラブルでよく見られるもののひとつが「頭痛」です。妊娠中は薬をむやみに飲めないということが悩みの種ですよね。今回は妊娠中に知っておきたい頭痛薬の選び方などをまとめました。

妊娠中に頭痛がおきやすい原因は?

ホルモンバランスの変化による頭痛

妊娠中はホルモンバランスが大きく変わるため頭痛が起こりやすくなります。生理前や生理中に頭痛が起こるのもホルモンバランスの変化によるものです。

貧血(鉄欠乏性貧血)による頭痛

妊娠すると、赤ちゃんに十分な酸素や栄養を送るためにママの体で多くの血液が必要になります。そのためめまいや頭痛、体がだるい、疲れやすいなどの倦怠感といった症状の貧血を起こしやすくなります。

疲れや運動不足による頭痛

運動不足や疲れによって血行が悪くなると、頭痛が起こるだけでなく、首や肩も凝ってしまい頭痛を引き起こしてしまいます。また妊娠中大きくなった乳房の重さで、肩が凝る、お腹が大きくなり、猫背のような恰好になりやすく腰痛になり、背中や肩から頭痛へとなってしまうこともあります。

ストレスによる頭痛

妊娠すると、いままで普通にやっていた事が出来なくなってしまいます。たとえばお酒を飲むこと、趣味のスポーツを続けること、タバコを吸うなど色々制約が多くなります。我慢しなければならないのは自分だけでパパは今までと変わらない生活をしている。となると少なからずストレスを感じてしまいますよね。



「胎児毒性」の危険がない頭痛薬を選びましょう

妊娠中には絶対に飲んではいけない頭痛薬もあります。妊娠中には禁忌とされている頭痛薬を飲んだ場合、「胎児毒性」という影響がお腹の赤ちゃんに現れる可能性があるのです。
「胎児毒性」とは、母体を介して胎児に薬の成分が入り、薬に抵抗力のない胎児に悪影響を与えてしまうことです。胎児の腎機能が低下し、羊水過小状態になる危険性や、新生児肺高血圧症を引き起こす危険性もあります。

妊娠中、飲んではいけない頭痛薬

特に妊娠初期に飲んではいけない頭痛薬

妊娠初期(1~15週)は飲んではいけない薬が多くあります。特に「アスピリン(アセチルサリチル酸)」を含む頭痛薬を飲むと奇形児で生まれる可能性を高めてしまうと言われています。市販薬のなかでは「バファリンA」「バファリン顆粒」「ケロリン」などにアスピリンが含まれているので注意しましょう。

特に妊娠後期飲んではいけない頭痛薬

薬局でも購入出来るようななった「ロキソニン」は、妊娠中の服用は安全性が確立されていないため、医師に相談してから服用しましょう。ただ、出産予定日の12週前(8ヶ月以降)の妊娠後期には使用しないようにと注意書きにも記載されています。

「イブプロフェン」を主成分とした「イブ」「バファリンルナ」などは飲んでもよい場合もありますが、メーカーさんは「妊娠中の服用は避けたほうが安心」、「出産予定日12週以内(妊娠約28週以降)は避けてください」と明記しているため、服用を控えたほうが安心です。
出血してしまうおそれ、妊娠期間が延びるおそれ、子宮収縮の抑制のおそれなどがあるからです。



妊娠中、飲んでも大丈夫な頭痛薬

病院で処方される頭痛薬

病院でも処方されている「カロナール」はアセトアミノフェンが主成分で比較的副作用の少ない安全な頭痛薬と言われています。
妊娠中だから全くお薬が飲めないということはなく、医師が症状を診て、薬を処方されるケースも多くありますので、まずは相談してみてください。

市販されている飲んでも大丈夫な頭痛薬

「タイレノールA」これはアセトアミノフェンなので妊娠中も飲んで大丈夫な頭痛薬です。アセトアミノフェンは胎盤を通過しますが、通常量の使用なら安全であることが知られています。ただ長期間の大量投与は、母体の肝障害や新生児の腎障害などの報告があるようなので注意しましょう。

タイレノールA
熱を下げる・痛みを和らげる
アセトアミノフェン
300mg

頭痛にも効く漢方薬

風邪のひき始めに飲む漢方薬として有名な「葛根湯」ですが、首や肩凝りや頭痛にもよく効きます。
ただ葛根湯は身体を温める作用や発汗作用があるので、汗がよく出ている時や身体が熱っぽい状態の時にはおすすめできません。
冷え性の方で、普段から肩こりや頭痛が起きやすい方にはおすすめです。

葛根湯
葛根湯エキス・・・5,200mg
(カッコン8.0g、マオウ・タイソウ各4.0g、ケイヒ・シャクヤク各3.0g、カンゾウ2.0g、ショウキョウ1.0gより抽出。)
添加物として、ヒドロキシプロピルセルロース、乳糖、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコールを含有する。

頭痛薬に迷った時は、必ず医師に確認しましょう

妊娠中頭痛薬を服用すときにはまず医師に相談することです。安全な薬を処方してもらい、医師の指示に従って服用することが大切です。
薬を服用することは抵抗があるかも知れませんが、頭痛を我慢すること自体がストレスになるよりも飲んでしまった方が楽かも知れませんよ。

しかし妊娠中の頭痛はストレスからくるのもが多いので、まずはしっかりと睡眠、無理のない生活をしてリラックスした妊娠生活を送ってくださいね。