無痛分娩の費用はどれくらい?補助制度の利用は可能?

日本では、海外ほどメジャーではない無痛分娩。その理由としてそのリスクはほとんどないのにも関わらず、正しい知識が浸透していないというのが挙げられます。そのため、多くの日本女性は出産時に痛みを経験することになります。ここでは、出産時の痛みを和らげる無痛分娩の費用についてご紹介します。

無痛分娩とは?

出産時に麻酔をかけることによって痛みを和らげる方法のこと

無痛分娩とは、出産時に麻酔をかけることによって痛みを和らげる方法のことで、硬膜外麻酔という麻酔を用いて、赤ちゃんとお母さんに過度にストレスをかけることなく分娩することができます。’’無痛’’分娩ですが、痛みを完全に感じなくなるわけではなく、あくまで和らげる程度なので、その点はしっかり認識しておく必要があります。

また無痛分娩にはリスクはほとんどなく、海外では一般的に行われていますが、日本ではその正しい知識が妊婦や家族に行き届いていないため、あまり普及していません。

(▼無痛分娩のリスクについては、下記の記事をご覧ください。) 出産時の子宮収縮による陣痛や、会陰部が伸びることによる痛みを和らげることのできる無痛分娩。諸外国では積極的に行われ、出産時の一般的な措置となっていますが、日本ではあまり普及していません。では、そのリスクについて麻酔の種類からメリット・デメリットを洗い出してご紹介します。

日本で無痛分娩を行える施設は1割未満

最近の調査によると、日本には約2800の分娩施設がありますが、そのうちお母さんの希望があるときに硬膜外無痛分娩を行う施設は250足らずです

出典:

www.jsoap.com
無痛分娩を希望する場合は、自分のかかっている病院では無痛分娩が行われているのかなど調べた上で、検診時になるべく早めにお医者さんに伝えることが大切です。出産が近づく32週以前には伝えておくと安心ですね。

無痛分娩を行うことができる施設は、下記リンクから探すことができます。

無痛分娩施行施設−日本産科麻酔学会(JSOAP)−
日本産科麻酔学会会員で麻酔分娩(無痛分娩)を行っている施設の一覧です。



無痛分娩の気になる費用について

無痛分娩は公的補助制度の適用外、費用は自己負担

施設によって無痛分娩費用は異なりますが、無痛分娩でかかる費用は全て自己負担になります。

施設によって無痛分娩費用は大きく異なります。2004年に分娩と麻酔研究会(現、日本産科麻酔学会)は、会員の所属する分娩施設を対象に無痛分娩についての調査を行いました。 硬膜外無痛分娩を行っている46施設からの回答によると、硬膜外無痛分娩の費用(通常の分娩費に加えて必要となる費用)は、 個人施設では0~5万円、一般総合病院では3~10万円、大学病院では1~16万円でした。

出典:

www.jsoap.com

金額の目安: 個人施設0~5万円、一般病院3~10万円、大学病院1~16万円

大学病院の場合は、少し高くなるのですね。

例えば、通常の分娩費が50万円の場合、無痛分娩の費用が上乗せされる形になるため、無痛分娩は50万~66万円ほどになると考えていいでしょう。
申請を行った場合のみ出産費として一律42万円国から補助が得られるため、その場合の自己負担額は8万~14万円程度です。

ただし、医療機関によって費用は大きく変わるため、金額の詳細は出産先の病院の医療スタッフにご相談ください。

医療措置が必要な場合は健康保険の適用になることも

原則的に健康保険は適用されない無痛分娩ですが、下記のような場合、例外として健康保険の適用となることがあります。

吸引分娩のとき

吸引分娩とは、赤ちゃんが産道をうまく通り抜けることができないときに、シリコンあるいは金属製のカップを赤ちゃんの頭にはめて吸引することで、赤ちゃんの体全体を引き出す方法のことです。

一般的な硬膜外麻酔法を用いた無痛分娩の場合、麻酔薬により陣痛が弱くなるため、いきみづらくなることにより赤ちゃんが出にくくなることがあります。
そうなった場合、吸引器を使って吸引圧をかけて吸引分娩になることがあります。

吸引分娩は医療処置となるため、健康保険の適用になります。

鉗子(かんし)分娩のとき

鉗子分娩とは、赤ちゃんがなかなか産道を降りてくれないとき、トングのような専用の器具(写真)を使って赤ちゃんの頭を挟み、応急的に引っ張り出す処置のことです。

こちらも吸引分娩と同様に、麻酔により陣痛が弱まり、いきみづらくなることによって鉗子分娩の措置がとられることがあります。

鉗子分娩も医療処置に分類されるため、健康保険の適用になります。

帝王切開のとき

産道が狭いことや、赤ちゃんがうまく産道を通り抜けることができないなどの理由で出産が順調にいかないとき、帝王切開になることがあります。

これは無痛分娩をするしないには関係なく、出産時母子ともに危険な状態が続き、生命に影響を及ぼすと判断された時に帝王切開の措置がとられます。また、妊娠時に胎盤が子宮口を覆ってしまっているときなどの物理的理由や、お母さんや赤ちゃんが病気を抱えているなどの理由により、帝王切開となる場合もあります。

帝王切開も医療処置になるため、健康保険の適用となります。 このように、これらを必要だと医師によって判断された場合、健康保険が適用されることがあります。



妊産婦対象の医療福祉も活用するとお得!

健康保険のほかに、妊産婦を対象に医療機関でかかった一部負担金に、公費による助成を行っている自治体もあります。

まれに無痛分娩の際の麻酔薬による副作用や合併症が起こる可能性があります。(例:血圧低下やしびれ、呼吸困難感など)それらの治療にかかった医療費の自己負担分に公費の助成を受けることができるため、事前に自治体に確認しておくと安心ですね。

民間の医療保険に加入している場合は?

健康保険の適用となるときと同様に、吸引分娩や鉗子分娩、帝王切開になった場合など、医療的な措置がとられた際には給付金支給の対象となるケースもあります。
こちらも医療保険により異なるので、事前に確認しておくと安心して出産に望むことができますね。

出産前にきちんと補助制度を確認しましょう

きちんと申請を出せば42万円は出産費として国から補助があるため、出産時の自己負担額の目安としては8~14万円程度です。

また、原則的には無痛分娩にかかる費用(特殊な針や麻酔薬の料金など)は健康保険の適用外になってしまいますが、吸引分娩や鉗子分娩、帝王切開などの医療的な措置がとられた場合には保険金がおりるということですね。

自治体からも公費の助成を受けることができたり、民間の医療保険の保険適用になる場合もあったりするため、出産前にいろいろ確認しておくと安心です。