無痛分娩のリスクについて、麻酔の種類やメリットやデメリットなど

出産時の子宮収縮による陣痛や、会陰部が伸びることによる痛みを和らげることのできる無痛分娩。諸外国では積極的に行われ、出産時の一般的な措置となっていますが、日本ではあまり普及していません。では、そのリスクについて麻酔の種類からメリット・デメリットを洗い出してご紹介します。

無痛分娩とは?

無痛分娩とは、麻酔薬を利用し出産時の痛みを和らげる出産方法のことです。

「お腹を痛めて産んだ子」という表現があるように、「産み出す苦しみ」を美徳とする文化のある日本では、海外ほど浸透していません。
正しい知識を身につけることによって、日本の女性が痛みを我慢する必要はなくなります。



どのような仕組みで無痛分娩は行われるのか

無痛分娩で最も多く使われているのが、硬膜外鎮痛法(硬膜外麻酔)です。
脊髄の外側にある硬膜外腔というところに細いカテーテルを入れて、麻酔薬と医療用麻薬を入れます。麻酔薬は薄めてあるため、痛みを知覚する知覚神経は麻痺させますが運動神経にはほとんど影響がありません。 麻酔には、局所麻酔と全身麻酔があります。
局所麻酔である硬膜外麻酔では、子宮口が4~5cm開くのを待って麻酔を注入します。麻酔と聞くと、「感覚が麻痺してしまっていつ生まれたのか分からなくなるのでは」と思ってしまいがちですが、この方法なら局所麻酔なので、意識は鮮明ですから産声を聞くことも可能です。
つまり、痛みを感じる感覚が鈍るだけで意識は保てるため、生まれた感覚を感じることはできるということです。

全身麻酔と局所麻酔の違いって?

全身麻酔と局所麻酔の違い

全身麻酔は、手術などの大きな痛みを伴う場合に用いられ、以下のような状態になります。
・無意識
・無痛
・体が動かない
・記憶に残らない状態

一方局所麻酔は、末梢神経に麻酔薬を注入することにより、意識は保ったまま痛みを感じさせなくするという方法です。
痛みの感覚はありませんが、意識は鮮明なので何かをされていたという記憶には残ります。

全身麻酔の種類

■静脈麻酔法
静脈に睡眠薬を直接注射する方法です。
赤ちゃんは、お母さんが眠っている間に生まれます。また、胎盤からの血液を通して睡眠薬がお母さんから赤ちゃんに流れることも考えられるため、眠った状態で赤ちゃんが生まれることもあります。

■吸入麻酔法
マスクを鼻と口にあて、麻酔薬が含まれるガスを吸入する方法です。
出産前に意識がなくなるまで吸入する方法と、痛みに耐えられなくなったときに吸入する方法があります。後者の場合、吸入後3分程度で意識が戻ります。

局所麻酔の種類

■硬膜外麻酔法
先ほども紹介した、無痛分娩では最もポピュラーな方法です。
硬膜外腔に麻酔を注入することにより、血液を通して赤ちゃんに麻酔薬が伝わることがないため、赤ちゃんへの影響はほとんどありません。

■会陰部神経麻酔法
分娩が進み、赤ちゃんの頭が産道を抜け出す直前に、会陰部の痛みを和らげるために会陰部に麻酔液を注射する方法です。
この場合、麻酔が効くのは会陰部付近だけなので、お母さんや赤ちゃんへの影響は考えにくいでしょう。ただし麻酔を注射するまでは呼吸法などで痛みを和らげることになります。

■脊椎麻酔法
脊椎にあるクモ膜下腔に麻酔液を注入する方法です。
痛みを和らげる効果は十分に期待することができますが、運動機能が麻痺するため、陣痛が弱くなり赤ちゃんを取り出すために吸引器という機械を使い吸引分娩になる、ということも念頭に置いておかなければなりません。 全身麻酔になるか局所麻酔になるかは、母子の身体状態により人それぞれです。
ここまで、無痛分娩でよく用いられる麻酔方法や、その他の麻酔方法(全身麻酔や局所麻酔の種類)をご紹介しましたが、すべてを加味したときのメリット・デメリットをご紹介します。



無痛分娩の4つのメリット

1:血圧が高い人や、緊張しやすい人には効果が大きい

麻酔薬には血圧を下げる効果があるため、妊娠高血圧症候群など血圧が高い人には脳出血のリスクを抑え、効果が大きいとされています。

さらに精神疾患など持病のある人は、陣痛のためにパニックになってしまうことを避けることができます。落ち着いた気持ちで分娩に臨むことができるのが一番のメリットです。

2:局所麻酔の場合、赤ちゃんへの影響はほとんどない

先ほども紹介したように、最もポピュラーな方法である硬膜外麻酔を用いた場合、血液を介して赤ちゃんへ麻酔薬が流れることがないため、赤ちゃんへの影響はほとんど考えられません。

また出産で痛みを感じると、血管が収縮することにより胎盤を介しての赤ちゃんへの血流量が少なくなりますが、無痛分娩の場合は、痛みによる血流の変化を抑え、赤ちゃんへ酸素を安定的に供給することができます。

3:体力の消耗を防ぎ、回復が早い

無痛分娩下では、痛みを緩和させることにより、通常の出産方法よりも体力の消耗を防ぐことができるため、産後の回復が早いとされています。
そのため、比較的体力の低下が懸念される高齢出産の場合は、無痛分娩がよく行われているそうです。

4:自分自身で痛みをコントロールすることができる

赤ちゃんが生まれるまではPCAポンプという特殊な装置を使い、お母さんは痛みを緩和させることができます。

PCAとは、お母さんが痛みを感じた時点で、手元にあるボタンを押すことにより麻酔薬が硬膜外カテーテルから注入され、痛みをコントロールすることのできる仕組みのことです。PCA装置はコンピューターにより制御されているため、押しすぎても薬剤が過剰に出すぎることはありません。
お母さんは自分で自分の痛みをコントロールし、出産に主体的に参加することができます。

無痛分娩の2つのデメリット

1:全身麻酔の場合、赤ちゃんへの影響がある場合がある

先ほども紹介しましたが、全身麻酔の場合は胎盤を介して赤ちゃんへ血液が流れるため、赤ちゃんが眠ったまま生まれてくる可能性があります。
しかし、一時的に眠っているだけなので、大きな心配は必要ありません。

2:お母さんへの影響があることも

出産後、麻酔が切れることにより後陣痛を強く感じることがあります。
また、麻酔の影響で子宮収縮が弱くなることにより、いきみがうまくいかない場合もあり、助産師さんの声かけでいきみます。陣痛が弱い場合は、陣痛促進剤を使うこともあります。

ただし、無駄な体力の消耗を防ぐことができるため、順調に回復する人が多いようです。

医師にしっかりと相談をして決めましょう

無痛分娩のリスクのほとんどは回避可能と言えるでしょう。
麻酔の種類によっては母子に影響を与えることもありますが、ほとんどの場合影響の出ないような方法(硬膜外麻酔法)が選択されるので安心してくださいね。
無痛分娩を希望する場合はお医者さんとよく相談をして、主体的に出産への意思決定をしていきましょう。