2016年風水で金運UPの財布カラーとは?選び方や買い替え時期を解説

2016年、新しい年がはじまり今年もよりよい運気を取り込みたい!とくに金運UPはだれでも気になるところだと思います。お財布を買い替える時期や、お財布の選びかたでよりよい運気を呼び込むことができることをご存知でしたか?今年一番いい金運を呼び込んでくれる色など…さまざまな観点から金運UPについて紹介していきたいと思います。

2016年の金運UPカラーは「白・ゴールド・ラベンダー」

canac00o
2016年新しい年が始まって、気になってくるのが今年の運気ですよね。誰もがより明るい一年を過ごしたいと思って、年の始まりを向かえます。そこで気になるのが「金運UP」ではないでしょうか。

今年2016年の、金運が良くなるラッキーカラーは「白色・ゴールド・ラベンダー」。ゴールドの財布は派手ですし、ラベンダーの財布はなかなか見つからないかもしれません。しかし、白は取り入れやすいお色ですので、試してみたいですよね!

色だけではなくどんなお財布を使えばより金運がUPするのか、ご紹介していきます。あなたの好みに合ったもので、金運がアップするような素敵なお財布に出会えるといいですね。

蛇柄は金運・仕事運にもいい

白蛇 ファスナー付き長財布 運・財運 (革 ヘビ革 蛇皮 ヘビ皮 財布 ニシキヘビ)
※価格は2016年1月6日現在のものです。 昔から白蛇は弁財天の使いといわれています。
弁財天が財宝神であるため蛇と金運は古来より深いかかわりを持っているのです。
そのような事から『蛇革の財布はお金を呼び込む』と言われています。

今年2016年の風水での金運のラッキーカラーが「白色」だという事を踏まえて、白い蛇革のお財布を購入してみるのはいかがでしょう。
金運UPの良いきっかけになってくれるかもしれませんね。

バッグタイプもおすすめ

Honeys COLZA PVCショルダーウォレット
※価格は2016年1月6日現在のものです ちょっとしたお出かけにとっても便利なのが、バッグタイプのお財布です。128cmのショルダーは取り外し可能、バッグタイプとしても普通のお財布としても使えるのは嬉しいですよね。

お財布だけ手元にあればいいちょっとしたお出かけに、肩から掛けることができるから両手も使えてとても便利!
今年のラッキーカラー「白色」のバッグタイプのお財布、一度検討してみる価値はありそうですね。



いつが買い替え時?

気に入ったお財布はついつい長く使いがち、良質のものをていねいに使えばずいぶんと長く使い続ける事ができるお財布ですが、風水の金運アップという観点から考えると実はお財布のパワーの寿命は結構短いという事をご存知でしたか。
お気に入りのものを使いながら、最大限の効果を活かせるようにお財布の使い方考えてみませんか。

3年に1度が目安

風水では、お財布の寿命というのが1000日(およそ3年)だといわれています。
物理的に壊れていないお財布でも、疲れてしまってパワーがなくなってしまいます。再びパワーを復活させたい場合は、使った年月だけ寝かせてあげるよいのですが、その間別のお財布を使うことになるため、新しいお財布に変えたほうが効率的ですよね。

3年に1度はお財布を買い換えて常に金運パワーをどんどん呼び込んでいたいですね。

金運が悪い人は1年ごとに

一般的にお財布の寿命は3年ですが、金運がよくない人は1年ごとにお財布を買い替えたほうがいいのです。

金運がよくない人や借金を抱えてしまっている人は「金毒」という金運にマイナスになる厄が溜まってしまっている場合が多く、「金毒」は次々と引き寄せられてしまう習性を持っているので、お財布の気の消耗がとても激しくなってしまいます。

『お金にかかわる厄を落とす』という意味としても1年ごとに新しいお財布に買い換えて金運がよくなるようにしてみませんか。

財布購入するのによい時期

お財布を買うタイミングとしてよい時期と一番有名なのは春。春に買い替えるお財布は(張る財布)といわれて縁起が良いと有名です。そして秋に買い替えるお財布は(実りの秋)でお金にとっても実りのある時期なのです。

・春財布:立春(2月4日頃)から啓蟄の前日(3月4日頃)までに購入したお財布
・秋財布:秋分(9月23日)から11月24日までに購入したお財布

今はまだ冬ですので、この春に発売される新作のお財布などの情報収集をするのもいいですね!

使い始めによい時期も

新しいお財布を使い始めるタイミングにも最良の日はあります。それは購入に適した時期の、立春(2月4日頃)から啓蟄の前日(3月4日頃)や秋分(9月23日)から11月24日頃なのですが、その時期だけにとらわれてしまって使いたいお財布を使えない…なんてことになっては悲しいですよね。

立春や秋分以外でお財布を新調するのに適した日は、『大安、寅の日、巳の日、新月、満月』です。さらに大安より縁起のよい日とされる「天赦日(てんしゃび)」とひとつの事が何倍にもなると言われている「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」などもお財布を新調するチャンスです。

最も適した時期だけでなくても、「使い始めに適した日」を選んでお気に入りのお財布を使い始めてみましょう。

2016年の天赦日(てんしゃび)は?

「天赦日」…この言葉を初めて目にした人、聞いた人も多いと思います。

まず天赦日(てんしゃび)とはどんな日なのか。その謂れは『百神が天に昇り、天がすべての罪を許す日』といわれている日でとても縁起のいい日とされている日です。

そして、その天赦日は季節と日の干支で決まるので毎年日にちが変わります。2016年は『2月26日、4月26日、5月12日、7月11日、9月23日、12月8日』の6日になっています。

この日は何事をはじめるのにも適しているのでカレンダーにメモしておいてみてはいかがでしょう。

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)ってなに?

「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」とは、『一粒のもみが万倍にも実る稲穂になる』ところから何かを始めることに適した日と言われています。
この日にお財布を買うとそのお財布に万倍になって戻ってくるといわれているためお財布を買ったり使い始めたりするのに適している日とされています。

一粒万倍日は毎月何日か設定されていますので、気になる方は該当するカレンダーをチェックしてみてくださいね。



カラー別財布の効果

ラッキーカラーはあんまり好みじゃない…という方や、今持っている財布の色はどうなの?と思う方もいらっしゃると思います。
ここではカラー別にいわれている効果をご紹介していきましょう。

黒色は「格をあげてくれる色」とされていて、風水的には「安定、固定」などの意味があるので、築き上げた財を守る色だといわれています。
すでにステータスのある人が現状を維持しながらさらなる金運をアップさせようとするときに向いている色なので、これから金運をアップさせてがんばろうという場面ではあまり向かない色ともいえます。

オレンジ

オレンジ色は黄色と赤色を足した色なので、の2色の色の効果が現れるとされます。つまり、黄色の「お金の回りをよくして、出入りを大きくする」という効果と「金遣いを活発的にする(荒くする)」という効果を併せ持っているという事になります。

「お金が活発的に動いてよく回り、大きく出入りする」、良く考えれば積極的に入ってくるようなイメージを持てそうですが、赤が強いつまり濃いオレンジになればなるほど散在してしまう可能性も秘めているので、金運アップだけで考えるとあまりむかない色のようです。

ピンク色は対人運、恋愛運、結婚運、仕事運などさまざまな運気がアップする効果のある色です。
そして風水ではピンク色は「タナボタ」カラーと言われているので、他力本願でお金が入ってくるとも言われています。

人間関係が良好になってお金が育つ、ということからも女性にはぴったりな色ですね。ただ、ピンクは白と赤の複合色なので、濃いピンクになると赤の要素が少し強めにでてきてしまいます。
できればパステルピンクやサーモンピンクのような淡いピンク色のお財布を持つと金運アップにつながります。

紫色は古来から「高貴な色」として捉えられている色です。直接金運アップにつながる色ではありませんが、自分の社会的な地位を高めてくれる色になるので間接的に金運アップにつながる色ともいえます。

出世、ステータス運がアップする色なのでキャリア志向の高い人には向いている色なのでおすすめです。
この色は避ける人も多いので、しっかり心の準備をしてから持つようにしたいですね。

グレー

グレーは、他の色とあわせやすく年齢も選ばないので、性別や年齢を問わずに使う事ができるとても便利な色ですよね。

そして風水では「ステータス運」の色とされています、五行で言われる「金」の気が強い色なので金運にもかかわりは深く、今ある金運をキープする効果に期待できます。黒色と白色の複合色なので、黒色の「安定、収縮」といった財を守るという効果と白色の「浄化」の効果もある色です。

グレーにはかなりの幅の色合いがありますが、金運をメインに考えたときには黒を強く出しているグレーの方が金運アップの効果は高そうです。

素材は本革がおすすめ

風水では「お財布の素材は天然素材のものを…」とされています。

そして、本革には素材となった動物たちが持っている性質がそのまま受け継がれているともいわれます。
お財布を選ぶときに、その革の素材の動物たちのパワーを考えて選んでみるとさらなる金運アップを望めそうですよね。

へび革

genkikayo
へびは七福神の中の弁財天の神使がへびというところから金運をもたらす象徴とされてきました。へび革にはお金を貯めるという効果よりも循環させるという効果のほうが強く働くので、お金が出入りしてもしっかり管理する事ができる人に向いている素材です。

ワニ革

re_point.nomura
ワニは一度咥えたら絶対に離さない、吐き出さない習性から、お財布に入ったお金が出て行かないように守ってくれるとされています。そのため、金運をあげるためのお財布の素材に向いています。

しかし、ワニ革には「ワニ革調(風)」などとされる本革でない商品が多くあるので、きちんと本物を見極めて選ぶ事が重要ですね。

牛革

calmkobe
本革と聞くと一番イメージしやすいもののひとつに牛革があります。牛は豊かさの象徴でもあり、神聖な動物とされていたことから、お金を貯める効果があるといわれています。

牛革は流通量が多いので比較的安価に入手する事ができ、やわらかくて丈夫な素材なので毎日使うお財布にはとても適した素材ともいえますね。

製品にするうえでの加工もしやすいので、いろんなデザインのお財布を選べる事も好まれる理由のひとつではないでしょうか。

羊革

oootanin
羊は古来から神さまへの生贄としてささげられる事の多い動物です。お金とも縁が深い動物とされていて、幸運をもたらす羊グッズは「人脈を築いて周囲の人から支援や信頼を受ける事ができる」とされています。

羊の革はその種類や年齢で革の性質が異なって名前もさまざまありますが、「ラムスキン」と呼ばれる子羊の革でできたお財布は手触りがなめらかで使いやすいと人気があります。

豚革

creemajp
豚革もへび革と同じく「お金の循環」を促す効果があります。そして豚革には投資した分だけ返ってくるという特徴もあるので、事業主、ビジネス経営者の人たちには人気の素材です。

最近では個人での小資本投資も流行っているのでそちらに興味のある人にはうれしい効果になりますね。
今年は豚革のお財布で投資から金運アップなんてこともあるかもしれませんよ。

馬革

takacozzz
馬の革はコートなどに多く利用される「ホースハイド」やベルトなどに利用される「コードバン」が有名で、お財布ではコードバンのお財布が高級品として取り扱われています。

コードバンとは馬のお尻の部分で、とてもキメが細かくて牛革の3倍もの耐久性があります。
キメの細かさから、美しい光沢も人気の素材です。馬革は広くヨーロッパの農耕馬から採取している事が多いので、風水では高いエネルギーをもったお財布として人気のある素材でもあります。

お財布のケアも大事

金運アップに効果のあるお財布、買ったらもう安心というわけではありません。使っている間のお財布のケアが金運には大きく関係してきます。財布をバッグに入れっぱなしにする…これは多くの人がしがちな事なのですが、実は「いつの間にかお金が出て行ってしまう」という事になってしまうので注意が必要です。

外出から帰ってきたら、お財布をバッグの中から取り出して引き出しか専用の箱に入れてきちんと休ませてあげましょう。

他には良くありがちなのが、レシートの入れっぱなしです。
レシートを取っておく必要がある人は、引き出しに入れる前にお財布からレシートを毎日出して整理するようにしましょう。

そして金運が停滞したり下降気味にならないように、時々はお財布の中身をすべて出して、お香の煙をお財布に入れるように軽くいぶしてあげる事も大切です。これは長時間する必要は無いので、自分が好みのお香をたいているときについでにお財布のリフレッシュもしてあげるようにしましょう。

2016年をベストな金運で!

新しい一年が始まり、2016年はあなたにとってどんな年にしたいですか?当然金運はいいにこしたことはないですよね。

風水で良いとされているお財布の素材や形状、今年の金運アップカラーである白色などを少しだけ気にしながら、新しいお財布を探してみる…きっと「コレ」と思える出会いがあると思います。

疲れてしまったお財布に感謝して、新しく元気なお財布と2016年を有意義に過ごしてみませんか。
2016年があなたにとってとても素敵な年になりますように。