【妊娠5週】ママの体・赤ちゃんの様子。妊娠の可能性から確信へ

妊娠5週目は、これまでの「妊娠したかもしれない」という可能性から「妊娠した!」という確信に変わる時期です。これまで何となく感じていたつわりも少しずつ強くなってきますし、赤ちゃんも前週より確実に成長しています。それでは妊娠5週目の頃にママの体に表れる症状や赤ちゃんの様子を、ママたちの体験談を交えながら見ていきましょう。

妊娠5週目のママの体 ~つわりの症状が強くなってきます~

前回の<妊娠4週目のママの体>では「この時期のママの子宮の大きさ」「つわりのはじまりかた」「つわり以外の妊娠初期症状」についてご紹介しました。

妊娠4週目ではまだはっきりと妊娠検査薬に反応しなかった人でも、排卵から3週間後以降である妊娠5週目に入るとしっかりと反応するようになります。生理周期が長い場合は、生理予定日から1週間後を目安にしてください。

この時点で妊娠検査薬に反応がなく生理がこない場合、予定していた排卵日付近での妊娠の可能性はありません。排卵自体がずれている可能性が高く、そのずれた排卵での妊娠の可能性はまだ否定できませんので、一度避妊なしでの性交渉をストップし、それから3週間後以内に生理がはじまるか妊娠検査薬に反応が出るかの見極めが必要となってきます。

強いストレスを受けたなど、思い当たる原因があるのならそのまま様子を見ても構いませんが、理由がわからない場合は一度婦人科で子宮や卵巣の様子を見てもらったほうが安心かもしれません。

妊娠5週目の子宮の大きさも鶏卵くらい

妊娠4週目の子宮の大きさが大体Mサイズの鶏卵だとすると、妊娠5週目の子宮の大きさはLサイズくらいに成長しています。Mサイズの卵とLサイズの卵を比べると一回り大きくなっているのがわかると思います。

早い人だとこの時期に下腹部に『チクチク』や『チリチリ』といった痛みを感じる場合もあります。ほとんどの場合、子宮が少しずつ大きくなっているときに生じる痛みですので、我慢できる程度ならそれほど心配はいりません。次回診察の際にお医者さんや助産師さんに報告すれば、経膣エコーのときに少し注意して診てくれるでしょう。

つわりは赤ちゃんを無事に育てるためのもの

これまで『胸焼け』や『ちょっとムカムカする』程度だったつわりも、妊娠5週目に入るとはっきりとした『吐き気』として感じる人が増えてきます。ちょっとした胸焼けや軽い吐き気程度なら「本当にお腹に赤ちゃんがいるんだ…」という再確認になったりもしますが、実際に吐いてしまうレベルになると、そうも言ってられなくなります。

実は医学がこれだけ進歩した現在でも「つわりの原因はコレ!」というはっきりとしたことはわかっていません。まだまだ「これが原因じゃないか?」「こういうことが関係しているんじゃないか?」という推測の域を出ないものばかりです。

つわりの原因として有力視されている説は
・黄体ホルモン説
・自律神経説
・アレルギー反応説
・母親を安静にさせるためという説
・器官形成期に悪影響のあるものを吐かせて摂取させないようにするという説
などです。少数派の説も入れれば数えきれないほどあります。もちろんこれらがすべて影響していると考える説もあります。

ただ、これらの説に共通しているのが「つわりは赤ちゃんやママを守るために体が起こしている反応である」という見解です。先ほど挙げた説の中で言えば、黄体ホルモン説・母親安静説・器官形成期説は赤ちゃんのために起こっていると言えますし、自律神経説・アレルギー反応説はママのために起こっていると言えます。

「何をすれば劇的に回復する」「あと何日我慢すれば確実に楽になる」というものがないので、ママの心が折れそうになってしまいますが「赤ちゃんを無事に育てるためにつわりが起こっているんだ」ということを心の拠りどころにして、まずは今日一日を乗り切りましょう!

妊娠5週目につわりを体験したママの声

やはり5週目にはつわりの症状を感じている人も多いようです。つわりは起きている間ずっと気持ち悪くなる場合もあれば、周期的に吐き気が襲ってくる場合もあります。
また最初は空腹時に気持ちが悪くなる”食べづわり”だったのに、しばらくしたら何をしても気持ち悪い”吐きづわり”になったというように、妊娠期間中でつわりの種類が変化することもしばしばです。

とにかく強い眠気を感じるという人も多い時期です

妊娠5週目頃のつわりと言えば、胸焼けや吐き気といった消化器官系のものが知られていますが、実は眠気を強く感じている人も少なくありません。

これも先ほど紹介したつわりの原因と同じように、はっきりした理由はわかっていません。やはり「母体を休ませるため」「ママの活動を減らして赤ちゃんへの刺激を減らすため」「体内の急激な変化によって消耗している体力を回復するため」といったママや赤ちゃんのためといった見解が一般的のようです。 妊娠初期から始まるつわりは出産までに経験する最初のハードルとなる人も多いでしょう。ここでは、つらい時期を乗り切るためのポイントを眠れないときと食べられないときに分けてご紹介します。

妊娠5週目に眠気を体験したママの声

筆者はこの眠りつわりと吐きづわりが連動したつわりに苦しめられました。日中は何とか我慢できる程度なものの、夕方疲れてきて眠気を感じると一気に我慢できないレベルの吐き気が襲ってくるのです。この吐き気は実際に眠って眠気を取らないと回復しないため、日が暮れることに毎日恐怖を感じていました。

仕事や子育てをしていると、眠気を感じてもすぐに横になれる状況ではないとは思いますが、トイレ休憩や子どものお昼寝の時間などを上手く使って少しでも体を休めてくださいね。



妊娠5週目の赤ちゃんの様子 ~赤ちゃんの形ができはじめています~

前回の<妊娠4週目の赤ちゃんの様子>では「胎嚢と胎嚢の大きさの測り方」の説明と「妊娠4週目の赤ちゃんの胎嚢の大きさは1~20mmくらい」「妊娠4週目には心臓の形成がはじまる」ということをお話しさせていただきました。

それではさっそく妊娠5週目だとどれくらいの大きさに成長しているのか、どんな形成が行われているのかを見ていきましょう。

妊娠5週目の赤ちゃんの大きさ(胎嚢)は5~30mmくらい

kuroneko8446
妊娠4週目には1mm~20mmしかなかった赤ちゃんの胎嚢は、妊娠5週目の頃には5mm~30mmくらいにはなっています。
妊娠4週目にもお話しましたが、排卵日のズレや、”5w0d”と”5w6d”といった日数の違い、測る際のカーソルの当て方でも数mmの誤差が出ますので、あまり大きさにとらわれないようにしましょう。大切なのはあくまで「子宮内に胎嚢が確認できるか」です。

妊娠5週目に入ると、多くの人が胎嚢を確認することができます。ただし妊娠5週目の前半なら排卵日のズレを考えるとまだ見えない可能性もある時期です。妊娠5週目後半になっても見えない場合は、発育の遅れや子宮外妊娠の可能性をお医者さんから指摘されるかもしれません。
しかしそれらの可能性があるとわかってもママができることはあまりありません。「妊娠6週目に入ってやっと見えた!」という例もたくさんありますので、今は無理をしないよう、考えすぎないようにして次の診察を待ちましょう。

妊娠5週目に受診したママの声

妊娠5週目に入ると、赤ちゃんの心臓は拍動をはじめます。早い人だと妊娠5週目の受診で赤ちゃんの心拍が確認できることもあります。赤ちゃんの袋をはじめて見たときも赤ちゃんの存在をしっかり感じますが、小さくピコピコ動く心臓を見たときには「生きているんだ…」という実感がわいてきますね!

妊娠5週目頃には手足などの人をカタチ作る器官の形成がはじまっています

妊娠4週目から心臓の形成がはじまり、妊娠5週目に入る頃には脳や中枢神経といった重要な器官の形成が続々とはじまっています。赤ちゃんをカタチ作る、手・足・目・耳・鼻・口などの形成がはじまるのもこの時期です。

この時期の赤ちゃんはタツノオトシゴのような形をしています。すでに頭とお尻が区別されており、細胞ではなく”生き物”の形になってきました。今後、手や足や顔が形成されるとますます人間らしくなっていきます。赤ちゃんの形成は急ピッチで進んでいるのです。

妊娠5週目頃に押さえておきたいポイント

前回の<妊娠4週目頃に押さえておきたいポイント>では「化学的流産」と「絶対過敏期」についてご紹介しました。化学的流産は『妊娠検査薬で反応があったのに胎嚢確認前に月経がはじまること』を指しますので、妊娠5週目でも起こる可能性は否定できません。絶対過敏期においては妊娠4週目~妊娠7週目までの期間を指しますのでまだまだ注意が必要な時期です。気になる方はこのまとめの一番下に【妊娠4週目】のリンクを置いておきますので、そちらから確認してみてくださいね!

それでは今回も妊娠5週目頃に押さえておきたいポイントを2つご紹介します。

妊娠検査薬で反応が出たら必ず産婦人科を受診しましょう

妊娠が成立していれば、妊娠5週目に入った頃には、ほぼ確実に妊娠検査薬で反応が表れます。ですが医学的にはこの時点での妊娠は認められていません。妊娠は「子宮内に胎嚢が確認された時点」で成立と判断されるからです。

また子宮外妊娠や胞状奇胎といった異常妊娠の場合でも妊娠検査薬で陽性反応が出るので、妊娠検査薬で妊娠が発覚したら必ず正常な妊娠かどうかを判断してもらうために産婦人科を受診しましょう。何かあったときの対応を考えると、できれば妊娠6週目頃までにかかっておきたいところです。 女性にとって生理予定日前後はドキドキそわそわする時期ですよね。ご存知の通り、妊娠検査薬は妊娠したかどうかを一番早く知ることができる検査ツールです。妊活中の方も、「妊娠したかも?」と不安を抱える方も、知っておきたい妊娠検査薬の基礎知識とおすすめの妊娠検査薬8選をご案内いたします。

産婦人科の初診の流れと予約・問診票記入のポイント

産婦人科は内科などと雰囲気が違いますし、はじめて受診するときにどんなことを聞かれるのか、どんな診察をされるのかなど、ちょっと不安に感じてしまう人も多いのではないでしょうか。そこでこちらでは妊娠発覚後の産婦人科の初診の流れをご紹介したいと思います。もちろん病院によって多少の違いはありますが、内容やおおまかな流れはどこも大体同じだと思いますので、簡単にシミュレーションしてみてくださいね。

【1】電話で受診の予約を入れる
現在の産婦人科では、予約制をとっているところがほとんどです。必ず事前に電話を入れてから受診されることをオススメします。そのとき以下の内容を聞かれる可能性が高いため、すぐに答えられるようにメモに記しておくと良いでしょう。

・最終月経開始日
・生理周期
・妊娠検査薬の種類(生理予定日から使えるタイプor生理予定日1週間後から使えるタイプ)
・妊娠検査薬で陽性が出た日付
・出血や腹痛の有無

【2】問診票を記入する
予約を入れた日時に訪問すると、受付で保険証の提示を求められます。その後、問診票を書かなければならないため、少し時間に余裕を持って訪れるようにしましょう。

問診票には
・住所、氏名、生年月日、身長、体重などの基本情報
・来院理由と現在出ている症状
・最終月経開始日、生理周期、経血量、月経痛の程度、初潮年齢
・既往歴や現在治療中の病気
・家族構成とその病歴(特に発達障害・染色体異常・高血圧・糖尿病を持つ近親者の有無)
・過去の出産、流産、中絶経験の有無

などをできるだけ詳しく書かなければなりませんので、事前にある程度の情報をまとめてから受診すると問診票の記入がスムーズになります。中には問診票をインターネットでダウンロードできる産院もありますので、自宅で記入していっても良いでしょう。

【3】体重測定・血圧測定・尿検査
問診票を提出すると、体重測定・血圧測定・尿検査の案内があるかと思います。体重測定・血圧測定は看護師さんが測ってくれるところと自分で測るところがあります。この3つは今後の妊婦健診で毎回測定・検査し経過を見ていくことになります。

【4】診察(1)
ここまで終えたらやっと診察です。先ほど記入した問診票や測定・検査の結果を元に行われます。書いた内容の確認がメインですが、出産を希望しているのかどうかや、現在の体調など、問診票には書ききれなかった部分を詳しく聞かれることになります。

【5】内診
経膣超音波を使って、子宮内に胎嚢があるかやその数、大きさを調べます。手指での触診や器具を使って子宮の大きさや柔らかさなども確認した上で正常な妊娠かどうかが判断されます。

【6】診察(2)
先ほどの内診の結果やお医者さんの見解を聞き、必要に応じてお薬を処方を受けます。堕胎を希望する場合には、今後のスケジュールや方針の確認などが行われます。病院によってはこの段階で次回の診察の予約を入れるところもあります。

【7】会計
会計をし、提出した保険証と診察券を受け取ればその日の受診は終了です。この段階で次回の予約をするところもありますので、忘れないようにしましょう。

次回【妊娠6週目】では、妊婦健診の持ち物リストをご紹介しますので、そちらもチェックしてみてくださいね!



これからますます増える体調不良の日々に備えましょう

妊娠5週目は、初診の予約をした日を待っている人や、妊娠4週目で胎嚢が確認できず再診を待っている人が多い時期ですよね。

筆者も2人の子どもの妊娠出産を体験しています。どちらも初診は妊娠5週目前半と思われる時期にかかったのですが、現在3歳の長男のGSは6.5mm、現在1歳の長女のGSは10.8mmと倍近い差があり驚いた記憶があります。

つわりも長男のときはこの頃にはもうはっきりとした気持ち悪さを感じていたのですが、長女のときにはまだ胸焼け感すら感じておらず「もしかしたら今回はつわりがないタイプなのかも?!」と大きな期待を寄せたものです。しばらくした後、そんな期待は儚く散りましたが…。

胎嚢が確認できないうちはどうしてもいろんな想像が頭をよぎりますが、ほとんどの場合、杞憂に終わります。心配で何も手につかないかもしれませんが、正常に妊娠が成立していればこの後つわりやマイナートラブルなどで思うように動けない日も増えてきますので、まだ比較的症状が軽いうちにできること・やりたいことを済ませておきましょう!

関連記事リンクはこちらから↓

妊娠4週目は、妊娠の可能性のある女性が生理の遅れにソワソワする時期です。妊娠検査薬にも反応しはじめ、ママの体にも少しずつ変化が表れます。この時期の赤ちゃんがどういう成長をするのか、どんなことに気を付けて生活をすればいいのかにも注目しながら【妊娠4週目】について見ていきましょう。 妊娠6週目は、多くの人が胎嚢の中に”胎芽”と呼ばれる赤ちゃんの姿が確認できる時期です。つわりもますます本格化する人が増える中、まったく症状が出ずに逆に不安になる人もいます。今回もそんな妊娠6週目のママや赤ちゃんの様子を、実際のママの声を交えながら見ていきたいと思います。 「もしかして、赤ちゃんできてる?」多くのママが妊娠に気づく妊娠2ヵ月。嬉しい気分もつかの間、ホルモンバランスの変化でなんだか落ち込んだり、つわりが始まったり…そんな妊娠2ヵ月のママの体の中で起こっていることや赤ちゃんの成長、この時期にママが気を付けておくべきことについてご紹介します。 妊娠初期は妊娠がわかり嬉しい気持ちの反面、つわりや出血など妊娠期間10ヵ月の中で一番辛く心配な時期でもあります。妊娠初期に知っておきたい身体の変化、この時期お母さんが気をつけること、やっておきたいこと、赤ちゃんの成長についてご紹介します。