臨月に体重が増えちゃった!原因とリスク、体重キープの方法とは

妊娠してから体重を増やさないように気を付けていたのに、臨月になったらなぜか体重が増えてしまったという人は多いです。あまりにも急な体重増加は危険な病気を引き起こすことも!臨月に体重が増える原因や体重増加に伴うリスク、体重をキープするための方法をお伝えします。

臨月の体重管理で悩む人は多い

妊娠すると体重管理については病院からも厳しく言われることが多いですよね。妊娠中期まではあまり太らないように色々と頑張ってきたのに、臨月に入るとなぜか急に増えてしまったというプレママさんって意外と多いんです。
臨月の体重で悩んでいる皆さんのつぶやきをまとめました。



臨月で体重が増える原因とは?

上でご紹介したように色々やってみても体重が増えてしまうという妊婦さんが多いようです。出産間近の臨月に、どうして体重が増えてしまうのでしょうか。考えられる原因を3つご紹介します。

1.体がむくみやすくなるため

臨月になると体がむくみやすくなることが体重増加の一因となっています。
むくみの主な原因は、体内の水分量の増加と下半身の圧迫の2つです。
妊娠すると赤ちゃんに栄養を送るために母体の水分量が増えます。さらに赤ちゃんが成長すると下半身が圧迫されて血流が悪くなりがちに。
臨月では出産時の出血に備え体内の水分量がピークに達し、赤ちゃんもかなり大きくなるため、どうしてもむくんでしまいます。水分を溜めこんだ分だけ体重も増えてしまうのです。

2.食べ過ぎや運動不足

臨月での食べ過ぎや運動不足で体重が増える場合もあります。
出産が近づくと何をしていても苦しくて、日常の家事ができないことも。家事だけでも結構な運動量なので普段よりは消費カロリーが減ってしまいます。
また臨月はつい食べ過ぎてしまう時期でもあります。赤ちゃんが下がってくるので圧迫されていた胃も下がり、食べ物が入るスペースが広くなるためです。摂取カロリーが増えて消費カロリーが減ったら太ってしまうのは明白ですね。

里帰りで体重増加するケースも

出産に向けて里帰りする人も多いと思いますが「里帰りをしてからなぜか体重が増えてしまった」という人が多いです。里帰り後の体重増加には注意が必要ですね。考えられる原因をまとめました。

・仕事が産休に入り運動量が減った
・実家でゴロゴロする時間が増えた
・実家の手料理がおいしくて食べ過ぎてしまう
・家族が「妊婦はたくさん食べるもの」と誤解している

特に今までお仕事をされていた人は要注意です。急に活動量が減って自由時間が増えるため太りやすい傾向があるためです。

臨月の体重増加、どれくらいまでなら大丈夫?

一週間で500g以内が望ましい

ご紹介したように太りやすい臨月ですが、どのくらいの増加なら大丈夫なのでしょうか。
普通体型の人ですと一週間に500g以内の増加におさめるのが良いとされています。ただし妊娠前の体重や妊娠中の増加量によって増やしてはいけないと指導されることも。自分の場合はどうなのか、詳しくはかかりつけの病院で聞いてみると良いでしょう。



臨月の体重増加が引き起こす恐ろしい病気

臨月に限らず、妊娠中は体重増加に気をつけるよう指導されますよね。これは急に体重が増えることで母子ともに危険な状態になる可能性があるためです。体重増加によってどのような病気になってしまうのでしょうか。

妊娠高血圧症候群

血圧が急に高くなってしまい、赤ちゃんにも悪影響を与えるのが妊娠高血圧症候群です。
急な体重増加などで妊娠中の血圧が高くなると、母体や胎児に深刻な影響が出ます。ひどい場合は妊娠継続ができずに帝王切開に踏み切ることも。
妊娠高血圧症候群については次の記事に詳しく書かれていますので参考になさってください。
▼「妊娠高血圧症候群」についてはこちらの記事もどうぞ!

妊娠糖尿病

妊娠中に糖尿病になることを妊娠糖尿病と言います。遺伝や体質などの要素もありますが、妊娠中の体重増加が引き金となる場合も。
妊娠中に血糖値が高いままだと先ほどご紹介した妊娠高血圧症候群にもなりやすいですし、早産や流産、難産の原因にもなります。また、妊娠糖尿病になった人は今後糖尿病になる可能性が高いとも言われていて出産後もリスクの高い病気なのです。

臨月の体重増加を防ぐには?

臨月に体重が増えすぎないようにするためには、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。
具体的な方法をご紹介しますので、生活に取り入れてみて下さい。

食事の量や食べる順番に気をつける

月並みですが食事に気をつけることで、臨月の体重増加を防ぐことができます。
でも食事量を急に減らすのもストレスが溜まりますよね。腹八分でも満足感を感じるために食べる順番を変えてみましょう。

おすすめは食事の最初に野菜を食べること。その後の主食やおかずが少なめでも満腹感を感じやすくなります。特に食物繊維が豊富なキャベツの千切りは血糖値の上昇をゆるやかにするのでおすすめです。
また、初めに汁物を食べるのも満腹感を感じやすくなります。具だくさん味噌汁にすると満足感もあるし色んな栄養素も摂れて一石二鳥ですね。

無理のない範囲で運動するよう心がける

食事だけでの体重制限は難しいので、できる範囲で運動を取り入れてみましょう。臨月に動くことで体重増加を防ぎ産後に必要な筋力を維持することができます。
妊婦向けのストレッチや散歩など、お腹が張らない程度の運動をするのがいいですね。床のふき掃除や歩いて買い物に出かけるなど、家事をするだけでも十分運動になります。
特に里帰りすると運動不足になりがちなので、日常生活で動く機会を取り入れるように心がけましょう。

生理的な体重増加は仕方ない場合も

母子ともに健康であることが大事

臨月の体重増加は気になりますが、ダイエットまでして減らそうとする必要はないです。

筆者も里帰り後に体重が増えてしまって、母子手帳に「体重コントロール」とはんこを押されてしまいました。もともと太めなので体重を増やさないように頑張ったのでちょっとショックでしたね。
助産師の資格を持つ親戚が「やっぱり里帰りするとみんな太る。気にしすぎるほうが母体に悪いよ」と言うのを聞いて私だけじゃないんだと思った記憶があります。

尿検査や血圧の数値に異常がなく、母子ともに元気であれば生理的な体重増加は仕方ありません。不安なことは医師に相談して、安心して出産に臨みましょう。