臨月の出血の見分け方!おしるしか内診出血か分かるもの?

お産が近づいたサインと言われる「おしるし」。でも出血なのでちょっとびっくりしますよね。慌てないためにおしるしについて知っておきましょう。内診出血や、心配な出血との見分け方についてまとめました。

おしるしと内診後の出血は見分けられる?

内診後の出血は人工的なおしるし

子宮口が開き子宮が収縮すると、子宮の壁と赤ちゃんがつつまれている卵膜がはがれてきて、出血をおこします。これが「おしるし」です。お産が近づいているサインとなります。おしるし→陣痛→破水と進むのが通常ですが、これは個人差があり、じつはおしるしがない人もけっこういるのです。

出産予定日が近づくと、内診でぐりぐりと刺激をされたりします。内診の刺激で出血することもありますが、これは人工的なおしるしのような感じで、自然におきたおしるしとの区別はつけにくいです。内診した日に出血があった場合は、もしかしたらおしるしかもしれない、くらいにとらえるとよいかもしれません。

いつくるか予測はできませんので、臨月にはいったら生理用ナプキンを持ち歩くとよいですね。



おしるしの症状とは

おしるしの色~赤、ピンク、茶色様々です~

おしるしはおりものの一種なので、おりものの中に血が混ざって出てくるような状態です。ピンク色が一般的のようですが、鮮血だった、茶色だった、無色だったという例もあり、個人差があるようです。

おしるしの量~生理の始まりくらいの出血があることも~

量も、下着にちょっとつく程度のものから、生理のはじまりのときくらいの量まで、個人差があります。

ちょっとドキドキしますが、おしるしをまつ、というよりは、ゆったりと構えて出血してもあわてない、というスタンスがちょうどよいでしょう。

どんな時に病院へ行くべき?

おしるしであっても、内診後の出血であっても、それはお産が近づいたサイン。特に心配はありませんので、慌てて病院に行ったりする必要はありません。おしるしがあったら、生理用ナプキンをして、様子をみるようにしましょう。

生活も特に気を付けたりする必要はなく、普段通りに動いたりしてかまいません。赤ちゃんに会えるのももうすぐですから、リラックスして楽しくすごしましょう。

しかし、以下のような出血の場合はすぐに病院に連絡をし、受診しましょう。

【1】37週以前の出血

早産、切迫流産の可能性が考えられます。 予定日より早い段階で出産となる早産。医療技術の進歩とともに赤ちゃんが無事に育つ例も増えたものの、それでも母子ともに危険にさらされることもあります。赤ちゃんやママの体の負担を減らすためにも知っておきたい早産の兆候や妊娠中の過ごし方についてお話ししましょう。 ▲早産についてはこちらの記事を参考にしてください。

【2】大量の出血、出血がとまらない

生理のはじまりくらいの出血がおしるしとしてある場合もありますが、それ以上の出血や、いつまでも出血が止まらないような場合にはなにがしかの異常が考えられます。

【3】激しい腹痛を伴う

出血とともに、激しい腹痛がある場合は胎盤がはがれてきている可能性が考えられます。(常位胎盤剥離といいます。)その場合、母子ともに命の危険もあります。 妊娠中には様々なトラブルがつきものですが、中には母子ともに危険な状態に陥るような重大なトラブルもあります。そのひとつが常位胎盤早期剥離です。難しい病名ではじめて耳にするという方が多いかもしれませんが、妊婦さんならぜひ知っておきたい知識です。 ▲常位胎盤剥離についてはこちらの記事を参考にしてください。

【4】胎動がない

赤ちゃんが大きくなり、お産が近づくと赤ちゃんの胎動は激しくはなくなることもありますが、それでもなくなることはありません。出血があったときに、赤ちゃんの動きがいつもより感じられない場合は赤ちゃんからのSOSかもしれません。



おしるしが出てから出産まではどのくらい?

数日後だったり、1週間後だったり様々です

おしるしがあると、お産が近づいているサインであることには間違いがありません。しかし、おしるしがあってから陣痛が来るまでというのは数日後の人もいれば、1週間後の人もいて本当に様々です。

焦らずゆったりと待ちましょう。

おしるしが来たらしておくこと

おしるしが来ても慌てることはありません。しておくべきことは、入院準備の確認です。

◆入院荷物の再確認
◆緊急連絡先の確認
◆留守宅の準備
◆上のお子さんがいる場合には預け先の確認
◆幼稚園や学校に行っている間に陣痛がきたときにどうするか
◆上のお子さんへの言い聞かせ

など、いつ赤ちゃんが出てきてもいいように最終的な準備確認をしましょう。
ママ自身が出かけるときも、母子手帳、緊急連絡先、ナプキンなどを持ち歩くなど、お産を意識して動くようにしましょうね。

おしるしは、そろそろ準備してね、という赤ちゃんからのサインかもしれませんね。

先輩ママの体験

赤ちゃんにもうすぐ会える嬉しさと、未知の痛みへの緊張がありますよね。おしるし、おしるし、と気にしすぎてしまうとリラックスできないので、お昼寝したり、一人の時にしかできないことをのんびりしたりして、ゆったりと過ごしましょう。 おしるしからお産までは個人差があります。いよいよ赤ちゃんに会えるまでもうすぐですね。「あいこ」さんのように入院準備を再確認したりして、お産に備えましょう。 おしるしがあったらもうすぐ赤ちゃんに会えるサイン。旦那さんと二人きりの時間や、上のお子さんと二人きりの時間を好きなだけもつことができるのもあと少し。出産前最後のデートを楽しんだりとあと少しの妊婦期間を楽しみましょう!

慌てず落ち着いて対応しましょう

おしるしは、その赤ちゃんからの「もうすぐ会えるよ」というサイン。出血するとちょっとびっくりしてしまいますけど、落ち着いて対応しましょう。
臨月に入ったら、いつ何が起きてもあわてないように、入院準備などぬかりなくしておくとよいですね。