会陰切開はどれくらい痛いの?出産までに知っておきたいこと

麻酔なしで切るとか、陣痛の痛みで切ったことも分からないとか…そんなこと本当にあるの?できればしたくない!けど、しないと赤ちゃんが出てこれないの?そんな悩めるママに会陰切開の現状をお教えします。

会陰切開とは

会陰切開をするのはどんな時?

会陰切開とは、出産で赤ちゃんが出てくるときに裂傷しないようお医者さんがあらかじめ切る方法です。
聞いただけでもコワイと思う方が多いと思います。

陣痛の次につらい痛みとしてよく挙げられるのはこの会陰切開の痛み、授乳中に乳首が切れたときの痛みです。確かに、皮膚を切るので多少の痛みを感じます。

しかし、出口が狭いと赤ちゃんがなかなか出てこられず、ママも赤ちゃんもしんどい思いをします。会陰部は妊娠しているときはホルモンの影響で伸びやすくなりますが、赤ちゃんが出てこられるまで待つという出産はあまり多くありません。
ママがいきむのを我慢できず、会陰部が伸びきる前に出産してしまったり、赤ちゃんがしんどくなってしまったりすることがよく見られます。

一般的に見られるのは、以下のことです。
○急速にお産が進み、会陰部が伸びるのを待てないとき
○赤ちゃんの頭が大きい
○赤ちゃんの心拍が下がったり、危険と判断されたとき
○会陰部の伸びが良くないために、裂傷を起こしてしまいそうなとき

こういう場合に会陰切開は安全に赤ちゃんが出てくるために必要な処置なのです。

会陰切開をしない場合はどうなるの?

会陰切開をしないまま出産すると、産道や膣まで裂傷してしまうことがあります。ですが切開するより浅い傷で済む場合もあります。逆に会陰切開をしても、一気にいきむと傷が広がってしまうこともあります。
これは、赤ちゃんの出てくるタイミングとママの準備ができるまでのタイミングを合わせることで最小限に抑えることができます。



会陰切開は麻酔なしで切るって本当?

「お産の時は陣痛が痛くて、会陰切開は麻酔なしでされても痛みを感じないよ」などと聞かれたことがあるかもしれません。麻酔なしで切られるなんて恐怖心はどんどん募っていきますよね。しかし実際は局所麻酔をして切開をします。麻酔薬にアレルギーのある方も、いろいろな種類があるので違う種類の麻酔薬を使ってもらうことができます。安心してください!

痛みは感じないの?

局所麻酔とは、歯医者で抜歯をするとき、虫歯の治療をするときなどに使われるので、そちらを想像していただけたらと思います。
局所麻酔を切開部分の近くに注射します。この時の痛みはチクッとしますが、それほど怖がるほどではありません。陣痛の痛みで覚えていない方がほとんどです。その次の陣痛の波が来たタイミングでお医者さんがはさみをいれます。痛みというより、パチンと切られる感覚と熱く感じたという方もいます。

切開した後は縫合します

会陰切開をして赤ちゃんが無事に生まれてくると、傷口を縫合します。抜糸をしなくてもいいように溶ける糸で縫合することが多いようです。中には抜歯する必要のある糸で縫合する場合も。この場合は麻酔なしで行われるので痛みを感じます。
こちらはお医者さんや病院によってさまざまですね。

会陰切開の前に。傷を最小限に抑えるには

会陰マッサージで皮膚の伸びを良くしよう!

切迫早産(流産)と診断されていない方には会陰マッサージがおススメです。
清潔な指やコットンにオリーブオイルやグレープシードオイルなど植物由来の油をつけて会陰部をマッサージします。

【マッサージの方法】
○植物油を容器に出します。(このとき余っても容器に戻さないでください)
○膣口周辺(お腹側、背中側)をクルクルと円を描くように優しくマッサージします。
○指1~2本を膣に挿入し3時から9時の方向にグーッと圧をかけます。

ここでのポイントは、お風呂上がりや入浴中にしゃがんだ姿勢で行ったり、片足を台に乗せて行うとやりやすいです。

始める目安は妊娠34週から、臨月に入ったら毎日行うようにしましょう。爪は短く切っておき、清潔な手で行うようにしてください。

出産のときには助産師さんのタイミングに合わせよう

「まだいきんじゃダメ」「深呼吸して」など助産師さんが言っているのには理由があります。
まだ会陰部が伸びていないときに強くいきんでしまうと、傷が深くなってしまいます。
陣痛が続くと痛みも強くなってくるので、早く産んでしまいたい!と思って助産師さんの声も聞こえなくなりますが、傷が浅いと産後の痛みがラクです。産後の生活が全然違います。
冷静に周りの声を聞いて、必要なときにはいきみを逃せたらいいですね。



会陰切開後のケア

産後、傷を早く治すためにはすべきことは以下のとおりです。

○ウォシュレットで患部を清潔に保つ。
産後は悪露も出ています。排便後だけでなく、排尿後にもウォシュレットを使用するようにしましょう。

○便を軟らかくしておく
傷の痛みで排便を避けてしまい便秘になることが多いです。便秘になった場合は、早めにお医者さんに相談して緩下剤を処方していただきましょう。授乳が始まると体内から多くの水分が出ていきます。水分もよく摂るようにしましょう。

会陰切開後の痛みはいつまで続くの?

【低反発 もっちり円座クッション】【ピンク】 円座クッション ドーナツ ドーナツ型 円座 座布団 クッション 低反発 ドーナツクッション 痔 腰痛 腰痛対策 背筋 背筋矯正 姿勢矯正
切開後の痛みはいつまで続くのか?これもママによってまちまちだと言われています。だいたい1週間経つと円座クッションが必要なくなり、1カ月後の検診の頃には回復しますが、中にはひきつれた感じや違和感が残ることがあります。個人差はありますがそれ以降「気づいたら治ってた!」という方がほとんどです。

それまでは鎮痛剤を服用したり、座るときには円座クッションが重宝します。鎮痛剤は希望すれば授乳中でも使用できる薬を処方してもらえます。私が入院した病院の授乳室には円座クッションが置いてあり、みなさん使用されていました。みんないろんな痛みを乗り越えてママになったんだなと励みになったことを覚えています。

会陰切開は医療行為になるので、助産院ではできません

家庭的な雰囲気で出産できると人気の助産院での出産では、助産師しかいないため会陰切開をはじめとする医療行為は原則できないこととなっています。
会陰切開をしないからという理由で助産院を選ぶママもいれば、いざとなったときに切ってほしくなったら困ると病院を選ぶ場合も。
助産院には病院にはないメリットもありますから、これらをよく考えて選びたいですね。

やみくもに怖がるのではなく必要性も理解し、できることはやってみましょう

確かに、会陰切開はしなくていいのであればしたくないのが本音です。でも、上に挙げたように必要な時にはしっかり説明を受けたうえで行ってもらうようにしましょう。処置に対する不安な気持ちや行ってほしくないことはあらかじめ妊婦検診の時にお医者さんに話しておくといいですね。

いざお産になってみないと会陰切開が必要かどうかは分かりません。それまで、できるだけ傷が浅くて済むよう、できることはやってみましょう。ママたちにとって悔いのないお産になるよう祈っています。