離乳食の進め方に困ったときの参考に!楽チン離乳食ガイド

生後5,6ヶ月になったら始まる離乳食。初めて離乳食スタートさせるときには、何を用意したらいいの?どうやって食べさせたらいいの?と分からないことも多いですよね。そこで今回は、離乳食を与えるのは初めて!というママでも分かるように、離乳食の進め方についてご紹介します。

赤ちゃんにとって大切な食事の時間

最初は母乳やミルクだけで十分だった赤ちゃんも、大きくなってくるとそれだけでは必要な栄養を摂ることができません。足りない分の栄養は食べ物から摂取するようになり、これが離乳食のスタートです。
赤ちゃんは生後5,6ヶ月頃からおよそ1年をかけて、噛む・飲む・飲み込むといった食べ方を学んでいきます。離乳食を通して、食べる力や食欲を育んでいきましょう。



離乳食スタートのサインは?

離乳食は、生後5,6ヶ月を目安に、赤ちゃんの成長に合わせて始めましょう。次のような様子が見られたら離乳食スタートのサインですよ。

・首がしっかりしている。
・支えてあげると座れる。
・食べ物に興味を示す。
・スプーンを口に入れても、下で押し出す動きが弱くなった。

我が子の場合は、私や家族が食事をしていると一緒に口をモグモグさせていました。他にも、食べ物を見てよだれがタラ〜っとしてきたときも、離乳食の始めどきだと言われています。

5・6ヶ月(ごっくん期)

【目標】
・母乳やミルク以外の食べ物に慣れさせる。
・離乳食を飲み込んだり、舌触りや味に慣れたりする。

食事量の目安

1日1回、決められた時間に与えましょう。万が一、アレルギー反応が出てしまっても病院に行けるよう、お昼前に食べさせるのがオススメです。
食事は、滑らかにすりつぶしたものを与えます。1日1品・小さじ1杯から始め、その あと1さじずつ増やしていきましょう。赤ちゃんの様子を見て、量を増やしていって下さいね。また、新しい食品を与えるときは、小さじ1杯から始めましょう。調味料は必要ありません。食材の味を大切にして下さい。
母乳やミルクは、飲みたいだけ与えてOK!特に食後はしっかりと与え、食事で満腹になることを覚えさせることが大切なんだそうです。
なかなか食べてくれない…と心配になるママも多いかと思いますが、食べることに慣れることが大切なので完食できなくても心配はいりません。

食べられる食材

最初は、アレルギーの心配が少ない10倍粥からスタート。慣れてきたら翌週からペースト状にした野菜も食べさせてみましょう。赤ちゃんはタンパク質の消化が難しいので、タンパク質は離乳食をスタートさせてから1ヶ月を目安に与えるのが良いようです。
また、はちみつや黒砂糖は、乳児ボツリヌス症になる恐れがあるため1歳になるまで与えないで下さい。

【炭水化物】
10倍粥
じゃかいも
さつまいも
うどん
そうめん
食パンなど

【野菜・果物】
かぼちゃ
にんじん
大根
かぶ
ブロッコリー
キャベツ
玉ねぎ
ほうれん草
小松菜
トマト
バナナ
リンゴなど

【タンパク質】
豆腐
白身魚
しらす干し
きな粉など



7・8ヶ月(もぐもぐ期)

【目標】
・舌と上顎でもぐもぐできるようにする。
・色々な味や舌触りを楽しむ。

食事量の目安

【炭水化物】
50〜80g

【野菜・果物】
20〜30g

【タンパク質】
食材によって量が異なります。
魚や肉製品なら10〜15g
豆腐なら30〜40g
乳製品なら50〜70g
卵黄なら1個

離乳食にも慣れてくるので、1回食から2回食にします。1回目と2回目の食事の間は、4時間以上空けて下さい。食事は、豆腐くらいの硬さにして与えます。細かく刻んで粗く潰したものを用意しましょう。
味付けは必要なら風味付け程度で大丈夫。だし汁やみそ、しょうゆ、食塩、砂糖なども少量なら使えますよ。食後に母乳やミルクを与えますが、それとは別に母乳は欲しがるだけ、ミルクは1日3回程度与えて下さいね。

食べられる食材

【炭水化物】
7倍粥
スパゲッティ
マカロニなど

【野菜・果物】
なす
きゅうり
にら
ピーマン
アスパラガス
わかめなど

【タンパク質】
納豆
ノンオイルのツナ缶
卵黄
鶏肉
プレーンヨーグルトなど

9〜11ヶ月頃(かみかみ期)

【目標】
・上下の歯が生え揃ってくるので、前歯で噛み切って歯茎でつぶせるようにする。
・家族で一緒に食事をする。

食事量の目安

【炭水化物】
90g〜
【野菜・果物】
30〜40g
【タンパク質】
魚や肉製品なら15g
豆腐なら45g
乳製品なら80g
全卵なら1/2個

この時期からは、いよいよ1日3回食になります。食事は、バナナくらいの固さのものを与えましょう。細かく切りすぎず、5mm 〜1cmくらいの大きさにします。
味付けはだし汁をメインにして薄い味付けにしましょう。ケチャップやマヨネーズも少量なら使って大丈夫です。食後以外の母乳は欲しがるだけ、ミルクは1日2回程度与えて下さい。

食べられる食材

【炭水化物】
全粥
軟飯
ホットケーキ
ロールパンなど

【野菜・果物】
柔らかくすればほとんどの食材が使用可能

【タンパク質】
赤身肉
レバー
大豆
全卵など

1歳〜1歳6ヶ月頃(ぱくぱく期)

【目標】
・離乳食完了に向け、母乳やミルクの量を減らしていきましょう。

食事量の目安

【炭水化物】
90g〜

【野菜・果物】
40〜50g

【タンパク質】
魚や肉製品なら15〜20g
豆腐なら50〜55g
乳製品なら100g
全卵なら1/2〜2/3個

3回食に加え、1日1・2回のおやつを与えましょう。おやつはお菓子というよりも、食事で補えなかったものをプラスするイメージで。食事は、肉団子くらいの固さにして与えましょう。味付けは薄味で。バターやサラダ油なども少量使用できます。
遊び食べや散らかし食べが目立ってくる時期に入りますが、これも成長の証!集中して食事ができないときは、早めに切り上げても大丈夫ですよ。

食べられる食材

【炭水化物】
食べやすく調理すればほとんどの食材が使用可能

【タンパク質】
油揚げ
ウインナー
牛乳など

離乳食に向かない食材

赤ちゃんは消化機能がまだまだ未熟です。離乳食に向かない食材は避けましょう。

【消化吸収に負担がかかりやすい】
ごぼう
きのこ
パイナップルなど

【喉につまりやすい】
ナッツ類
豆類
もちなど

【柔らかくならずに噛みにくい】
こんにゃく
イカ
かまぼこなど

【刺激が強い】
にんにく
しょうがなど

赤ちゃんのペースに合わせて進めましょう

赤ちゃんにとって離乳食は、食事の仕方や楽しさを学ぶ大切な時間。ママの思っている通りにいかないこともありますが、イライラして焦らないことが大切です。なかなか食べてくれない!というときは、家族など周りの人と一緒に食事をしたり、味付けを変えてみたり、ちょっとした工夫で改善されることもあります。
私の場合は、我が子の大好きな食材は何か発見したり、これなら食べてくれる!という鉄板メニューを見つけたりしながら進めていきました。赤ちゃんもママも笑顔になれるような、楽しい食事の時間を作っていきましょう!