妊娠36週の出産は早産?胎児の状態と体の症状について

いよいよ妊娠36週、臨月に入りましたね。この頃のお腹の赤ちゃんの様子はいったいどのような感じなのでしょうか。また、臨月とはいえ、妊娠36週は正産期ではありません。妊娠36週のママの様子や赤ちゃんの様子についてご紹介します。

36週で出産しても大丈夫?

妊娠36週目に入ると「臨月」といわれ、いよいよお産も近づいてきた!という気持ちになるママも多いのではないでしょうか。しかし、臨月とはいえ、妊娠36週はまだまだ正産期ではありません。正産期とは、妊娠37週~41週までの期間を指します。そのため、妊娠36週での出産は医学的には早産にあたるのです。

ただし、この頃の赤ちゃんは皮膚や筋肉、内臓機能などもしっかり成長してきており、新生児とほぼほぼ変わりない外見になってきています。お産の準備をするために、徐々に子宮も下がってきており、赤ちゃんも生まれる準備を開始している頃です。そのため、お母さんの体も、それまで感じていた圧迫感などから解放されて楽になってくることでしょう。

赤ちゃんの腎機能も発達してきて、体内で水分を上手に処理できるようになってきています。また、それまで赤ちゃんの体を覆っていた胎脂が剥がれ始め、ピンク色の素肌が覗くように、皮下脂肪もついて、体つきがふっくらとしてきます。

妊娠36週はお産目前の時期ということもあって、もし予定より早く生まれてきてしまったとしても、外の世界で成長することができるようになっていることも多いです。



36週で出産するリスクは?

赤ちゃんへのリスク

とはいえ、早産であるということには変わりがありませんので、赤ちゃんの体にリスクが伴う場合もあります。

妊娠36週ともなると、赤ちゃんの体の構成はほぼ完成形に近づいていますが、体重が2500gよりも小さく生まれてしまった場合にはさまざまなリスクが伴います。早産で生まれてきた赤ちゃんはまだまだ身体機能が未熟なので、呼吸がうまくできなかったり、体温調節ができなかったりといった弊害があるのです。

また、2500gよりも小さく生まれてしまった低体重児の赤ちゃんの場合、脳性麻痺の症状に伴い、脳機能や運動能力に支障が出てしまう場合もあります。

母体へのリスク

また、赤ちゃんだけでなくお母さんの体にもリスクが発生する場合があります。

早産の場合、通常の医療体制よりも高度な設備が整った医療機関での出産が必要不可欠となってきます。しかし、それまでに通っていた病院に必要な設備が整っていなかった場合など、お母さんは産気づいているのに受け入れ先の病院が見つからず立ち往生してしまうという危険が発生します。

また、早産の原因として多く挙げられる「妊娠高血圧症候群」の症状に伴う異常な高血圧によるお産の危険や、「常位胎盤早期剥離」などの症状に伴う大量出血や脳内出血などのリスクが発生する可能性も。これらは、最悪母体の命に関わる可能性もある症状なので、とくに注意が必要です。

妊娠36週に入ったからといって、お産を早めようとして無理に運動を続けてしまうと、早産の危険が高まってしまいます。気分転換になるなら適度な運動はしたほうがよいですが、お腹の張りなどを感じたらすみやかに横になり、安静にしてくださいね。

36週で出産した赤ちゃんはどうなる?

NICUに入るのはどんなケース?

妊娠36週で生まれた赤ちゃんは、新生児にほぼ近い見た目とはいえ、呼吸器官や体温調節機能など体の器官が未発達であることもあります。そのため、36週で生まれた赤ちゃんは、いったんNICU(新生児集中治療室)で様子を見ることが必要になります。

妊娠中、赤ちゃんの肺は一番最後に機能が整う器官だと言われています。そのため、早く生まれてしまうと、うまく呼吸ができない状態である場合も。そういった場合には、人工呼吸器が必要になるので、すみやかにNICUで治療が必要になってきます。

また、上記で挙げたような体重が2500gを下回る低体重児だった場合には、脳性麻痺などの症状があらわれる可能性もあります。そういった場合には、呼吸器や運動能力に障害が残ってしまう場合がありますので、こちらの場合もNICUでの集中治療が不可欠となってきます。

何事もなければよいのですが、やはり早産ということで、どのような状態で生まれた場合でもいったんはNICUで様子を見る必要があるのです。

36週で生まれた赤ちゃんの体重やサイズは?

妊娠36週頃の赤ちゃんは、だいたい体重が2000g~2900gくらいに成長しています。また、身長も40cmから50cmほどになっている場合が多いでしょう。ただし、赤ちゃんの成長には個人差がありますから、この限りではない場合もあります。

平均より小さく生まれてくる場合もありますし、逆に36週でも4000gを超える大きな赤ちゃんとして生まれてくるケースもあります。36週検診で、4000gを超えるほどの大きな赤ちゃんに成長している場合は、お産の際に難産になる可能性が非常に高いため、自然出産を待たずに帝王切開などで出産をする場合もあります。

また、もし平均より小さく生まれてしまったといった場合でも、早産の場合はNICUできちんと様子を見てもらえますので、大きな心配はいりません。今は医療技術が発達していますから、多少のことであればその後十分に成長できる可能性が高いので安心してくださいね。



36週で出産する確率はどのくらい?

一般的に、早産で生まれてくる赤ちゃんの割合は、全体の5%を占めると言われています。また、早産で生まれてきた赤ちゃんのうち、妊娠32週以降に生まれてきた赤ちゃんは早産児の9割を占めています。妊娠36週頃に早産を経験するお母さん・赤ちゃんは意外と多いということがわかっていただけたかと思います。

早産の原因として挙げられるのは、「妊娠高血圧症候群」や「子宮頚管無力症」などの検診で事前に分かる原因のほかに、「喫煙」や「ストレス」「過労」など検診では分かりにくい原因も考えられます。検診で事前に分かる原因のものは、ドクターからアドバイスがあったり、事前に帝王切開の予定を組むなどして回避できるものも多いですが、後者の原因はなかなか対処がしづらい内容なのではないかと思います。

とくに、ストレスや過労はお母さん自身も気づきづらい部分があるかもしれませんね。ただでさえ、妊娠中は精神状態が不安定になってしまう時期ですから、不安なことや困っていることがある場合は積極的にパートナーと意見を共有しておきましょう。妊娠中は、パートナーとの協力が必要不可欠です。お母さんの体の状態などについて、理解を深めてもらうようにお願いしておくとよいでしょう。

妊娠36週は長い妊娠期間のうちでも、かなりデリケートな時期に属します。妊娠36週に入ると、ドクターから「たくさん運動してね」と指示があるかもしれませんが、この頃はちょっとした運動も刺激になってしまい、お腹が張りやすくなる時期です。お腹の張りによる早産が不安な場合は、37週に入るまで激しい運動などを控えて安静にしておくのが無難です。また、タバコの煙に含まれている成分が子宮収縮を促し、早産になってしまう可能性もあります。お母さんがタバコをやめられていない場合はもちろん、パートナーが喫煙者の場合も、禁煙を心がけてくださいね。

早産を引き起こさないようにするには、過度なストレスや過労を避け、心穏やかに過ごすのが一番大切です。無理をせず、お母さんの体を赤ちゃんのことを第一に考えた生活を心がけましょう。

先輩ママの体験談

不安がらず心配なことは医師に相談しましょう

妊娠36週にもなると、これまでみぞおち付近まであった子宮が下がってくる影響もあり、それまでに悩まされていた「動悸」や「息切れ」「胃のムカムカ」などのマイナートラブルが減ってくることも多いです。

しかし、それまでに感じていた胎動の減少や足のむくみなどといった別のトラブルが心配になってしまう時期でもあります。そういった場合には一人で悩まずに、検診の際にしっかりドクターに相談するようにしましょう。検診の前に、母子手帳などに聞きたいことや相談したいことをメモしておくのも有効な方法です。

お産はそう何度も経験できることではありませんから、悔いのないように、気になったことはこまめに相談することが大切。妊娠・出産に関わる不安をなくして、心穏やかに出産日を迎えたいものですね。

▼こちらの記事もあわせてどうぞ! いよいよ臨月、もうすぐ赤ちゃんがママとパパのもとにやってきます。入院や出産の準備や、産後すぐにしておきたいことの確認などは済ませましたか?リラックスして赤ちゃんが産まれてくるそのときを楽しみにして過ごしましょう。そんな妊娠10ヶ月のママと赤ちゃんの様子、気をつけることなどをご紹介します。 いよいよ臨月。「いつ産まれてもいいですよ」といわれても、陣痛っていったいどんなに痛いのか、いつくるのか、と不安はつきないですよね。今回は臨月に起きると言われている前駆陣痛について、特徴や本陣痛との違いをまとめてみました。