着床出血かも?生理と見分けるコツは「期間」と「量」

生理以外での出血は、女性なら誰でも不安を感じてしまいますよね。特に妊活中の方にとって、生理予定日付近の出血は「また生理か…」とがっくりしてしまうものです。でもちょっと待って、その出血、着床出血かもしれません。着床出血とは何か、生理との違いは何かをまとめました。

着床出血ってなに?

着床するときの少量出血

着床出血とは、受精卵が着床するときにみられる少量の出血のことです。
着床の際に出血が起こる理由とはいったいなんなのでしょうか?受精から着床までの過程を簡単に説明しましょう。

卵管内で精子と卵子が受精し、受精卵となると約1週間かけて子宮に移動してきます。子宮内に移動してきた受精卵は、自ら化学物質を分泌して子宮内膜の表面を溶かし、その中に深くもぐりこんで定着します。これを「着床」といいます。表面上にくっつくのではなく、深くもぐりこむため、少し出血してすることがあります。これが「着床出血」と言われています。
なお、「着床出血」は医学用語ではないので、医学的には「月経様出血」とされています。

着床出血とは、受精卵が子宮に宿った、まさにその瞬間を間接的に知ることのできる現象ですよね。そう考えると、とても神秘的な生理現象ですね。

必ず出血があるわけではない

正常に妊娠した人の場合でも、着床出血がある人とない人とがいますが、着床出血がみられるのは全体のわずかなケースとされています。したがって「妊娠したのに着床出血がなかった!」と、不安になる必要はありません。着床出血がない人の方が圧倒的に多いのです。



着床出血はいつ出るの?

一般的には生理予定日1週間前から数日前

着床出血がみられる時期は、着床するタイミングとなる排卵後7〜10日後あたりです。生理の周期が28日で、順調な人の場合、次回の生理予定日の約2週間前が排卵日となるので、生理予定日1週間前から数日前ということになります。生理予定日数日前であった場合、「生理が少し早めにきたのかな?」と勘違いしてしまうこともあるでしょう。実際に、生理だと思って妊娠に気付かずに過ごしてしまう人もいるようですよ。

着床時期を大きく過ぎてから出血した場合には、他の要因で出血している可能性が。その場合には早めに受診し、医師の指示を仰ぎましょう。

着床出血の「期間」はどれくらい?

2〜3日から1週間くらい

出血している期間は2〜3日から1週間程度で、生理よりは期間が短めです。生理は妊娠が成り立たず、いらなくなった子宮内膜が全て流れ出るのに対し、着床出血は受精卵が子宮内膜へもぐり込む際の出血ですから、生理より短めになるのも納得ですね。
とはいえ、1週間ほど続く人もなかにはいるようで、そういう場合は生理との区別が難しくなります。



着床出血の「量」はどれくらい?

生理より少なめ

個人差が大きく、人によってまちまちですが、普段の生理よりは少量であることが多いようです。おりものに少し色がつき、トイレに行った際にトイレットペーパーに少し色がつく程度のものがほとんどです。
生理も1日目は少量だったりするので、1日目の段階では着床出血なのか生理なのか、区別できませんね。辛抱してもう2〜3日様子を見ましょう。

着床出血の色は?

人によっていろいろ

おりものにピンク色や茶色などの色が少しついた程度の軽いシミのようなものがほとんどです。
ただ、中には真っ赤な鮮血が出る人もいるようです。真っ赤な鮮血だなんて、本当に生理と見分けがつかないですよね。

着床出血と生理の見分け方は?

着床出血は、期間短め&量少なめ

通常の生理と比べると、着床出血は、期間が短く量が少ないということがあげられます。ただし、残念ながら、確実に判断できる決定的な違いはありません。最終的に、妊娠検査薬で妊娠の有無を検査できるのは生理予定日の1週間後から。生理予定日を待ち、生理が来なければもう少し辛抱してから妊娠検査薬を使いましょう。
生理予定日前後にフライングして妊娠検査薬を使う方もいらっしゃいますがが、陽性が出ても陰性が出ても正確なことがわからないため不安はつきないものです。いずれにせよゆったりとした気持ちで正確な診断ができる日を待ちたいものですね。

普段の自分の体のリズムから見極めよう!

生理予定日を数日過ぎても、いつものような生理が来ず、また基礎体温も高温を維持したままであれば、妊娠の可能性が高いでしょう。妊活中の方は、普段から自分の体のリズムを知っておくことが、生理と着床出血とを見分けられるポイントとなります。日頃から基礎体温をつけ、排卵日がいつ頃なのか、生理周期は何日くらいなのか等を把握しておきましょう。 「赤ちゃんがほしい」と思っている人にとっては気になる基礎体温の変化。妊娠すると、基礎体温はどのように変化するのでしょうか。記録した基礎体温から、排卵日や妊娠の可能性を探ることができるかもしれません。今回は、妊娠初期の基礎体温の変化をグラフでご紹介します。

出血が長引くようなら受診を

不安定な妊娠の兆候かも?!

少量の出血がみられた後、妊娠が判明すれば、着床出血だったのだろうということで心配する必要はありません。しかし、出血が長引いたり、痛みを伴う場合は切迫流産や子宮外妊娠など不安定な妊娠の兆候かもしれません。早めに婦人科の診察を受けましょう。

婦人科系疾患の可能性も

生理とは違う出血が長引くようなら、子宮頸がんなどの婦人科系疾患の可能性もあります。いずれにせよ、早めに医療機関を受診しましょう。

もう1週間待てば、はっきりします

生理予定日付近に少量の出血がみられても、「また生理か…」とがっくりするにはまだ早いです。着床出血の場合もあります。
しかし、「着床出血だから妊娠だ!」と喜ぶのもまだ早いです。ここはジタバタしてもどうしようもないので、心を大きく構えて、もう1週間待ちましょう。1週間後には白黒はっきりします。

妊活中の方にとっては、この1週間が1ヶ月にも1年にも思えるでしょうが、1週間の辛抱です。何か他のことでも考えてリラックスしていたら、果報がやってくるかもしれませんよ。

その他おすすめ記事はこちら

妊娠3週目は、妊娠が成立するかどうかが決まる着床期です。ここでは「実際に着床したらどういう変化が出るのか」「着床に失敗した場合はどうなるのか」「妊娠検査薬の使用で注意すること」を中心に、妊娠3週目について見ていきたいと思います。 着床痛は文字通り、受精卵の着床と同時に起こると言われている痛みのこと。妊娠検査薬でまだ陽性反応のでない、妊娠超初期に起きる兆候のひとつとして知られています。実は、この着床痛に医学的な根拠はないと言われているのをご存知でしょうか。着床痛について詳しく見ていきましょう。 「これってもしかして妊娠?」妊活中の女性にとって、ちょっとした体調の変化は気になりますよね。「風邪っぽい」「吐き気がする」「眠気がひどい」など、いつもと違う体調の異変を感じたら、もしかすると赤ちゃんからのサインかも。気になる妊娠超初期と妊娠初期に起こる妊娠の兆候についてまとめました。 妊娠したいと思っている方にとって、妊娠したかどうかはいち早く知りたいもの。市販の妊娠検査薬を使用すれば、妊娠しているのかどうかを簡単に確認することができますが、より正確な情報を得るためにはタイミングが重要です。妊娠検査薬を使う時期や使用方法についてお話しましょう。 女性にとって生理予定日前後はドキドキそわそわする時期ですよね。ご存知の通り、妊娠検査薬は妊娠したかどうかを一番早く知ることができる検査ツールです。妊活中の方も、「妊娠したかも?」と不安を抱える方も、知っておきたい妊娠検査薬の基礎知識とおすすめの妊娠検査薬8選をご案内いたします。