妊娠7ヶ月(24~27週)のママと赤ちゃんの様子、気を付けること

妊娠中期ももうすぐ終わりの妊娠7ヶ月。お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれ、どんどんお腹も大きくなってきます。マイナートラブルに悩むことも増えてきますが、赤ちゃんが元気に育っている証拠です。そんな妊娠7ヶ月のママの体の中で起こっていることや赤ちゃんの成長、この時期にママが気を付けておくべきことについてご紹介します。

妊娠7ヶ月ってどんな時期?

マイナートラブルが増えてきます

妊娠7ヶ月に入ると、それまでよりぐんとお腹が大きくなります。それに伴ってさまざまなトラブルが発生するように。変化が起こるのは自然なことですが、つらいときには我慢せずに体を休めたり、病院で担当医に相談しましょう。 妊娠中はさまざまなマイナートラブルが心身ともに起こりますね。一時的なこととはいえ、悩ましいトラブルが多いものです。快適なマタニティライフを過ごすために、うまく向き合って乗り切っていきたいですね。今回は、妊娠中に起こる8つのマイナートラブルの原因、改善方法をご紹介します。

仰向けが苦しくなったらシムスの体位で

お腹が大きくなると、仰向けで寝るのも苦しくなってきます。そんなときには、シムスの体位を試してみてください。
シムスの体位とは、横向きに寝て上側の足を軽く曲げ、下側の足は少し後ろに引く体位。上側の手は前に出し、下側の手は背中側に出すか曲げて頭の下に置きます。
大きなおなかが圧迫されて落ち着けない場合は、抱き枕を使うといいでしょう。
もちろん個人差がありますので、シムスの体位をすると苦しくなってしまうというママや仰向けの方が楽なママもいます。無理して苦しい体勢をするより、自分が一番楽な体勢で寝ることが大切です。

カバーリング式 BIG抱き枕 ”ダブルガーゼ” (色:ブラウン)
柔らかな枕を抱けば、ゆっくり快眠できそうですね。 お腹が大きくなるにつれて増える妊婦さんのマイナートラブル。次第にただ寝るだけ、横になるだけでも体がつらいと感じるようになりますよね。大きいお腹での慣れない生活、せめてゆっくり休みたい…とモヤモヤする方も多いのでは?そんな方におすすめなのが「シムスの体位」。なかなか眠れずストレスを抱える妊婦さん必見です!



ママの体の中では何が起こっているの?

子宮がより大きくなり、内臓を圧迫し始めます

赤ちゃんが大きくなるにつれて子宮もどんどん大きくなり、ほかの臓器を圧迫し始めます。胃が圧迫されてムカついたり胸焼けしたり、肺が圧迫されて息切れしたりするかもしれません。寝るときには、そろそろ仰向けだと苦しくなってきます。
また、急激に大きくなったお腹に皮膚がついていけず、妊娠線ができてしまうことも。できてしまっても、皮膚のターンオーバーを助けてあげることで目立ちにくくなるのが早くなります。引き続きしっかり手入れしていきましょう。 妊婦さんの大敵である妊娠線。赤ちゃんを授かった以上、できてしまうのは仕方ないといっても、いざできるとなかなかショックなものです。ですが、妊娠線は予防コスメを上手に使うことである程度防ぐことができるんです!このまとめでは、妊娠線におすすめのコスメとその使い方を解説します。

赤ちゃんの様子

赤ちゃんの大きさ

身長: 約35cm(妊娠27週末)

そろそろ赤ちゃんが子宮の大半を占め始めます

妊娠24週
赤ちゃんの大きさが子宮の大半を占めるようになります。子宮の中で泳ぎ回れるのもそろそろおしまい。ぐるぐる回ったりでんぐり返しをするのを胎動で感じる機会も減ってくるでしょう。
肺の中では気管支からたくさんの細い管が伸び、「肺サーファクタント」と呼ばれる界面活性剤を作る細胞が発達します。
また、耳の中の器官がしっかり発達するため、よりはっきりと音を聞き取れるようになります。

妊娠25週
赤ちゃんの体はどんどん脂肪を蓄えていきます。これまでしわしわだった皮膚は、脂肪がついてふっくらするにつれてしわが伸び、ますます赤ちゃんらしい見た目になってきます。
五感も鋭くなり、ママがお腹に光を当てると頭をもたげたりすることも。
聴覚は成長が早く、このころにはもうすっかり耳の器官が完成しています。赤ちゃんはさまざまな音を聞きながら過ごしています。子守歌や童謡を歌ってあげると、しばらく動きを止めて聞き入ったりする子もいるようです。

妊娠26週
ここまで来ると、早産でも生存確率がぐんと高くなります。
ママの体が分泌するホルモンで昼夜の違いができ、発達した視覚で明るいか暗いかもわかるため赤ちゃんのなかでも一日のリズムが整ってきます。とはいっても、まだ未発達の赤ちゃんにはたくさんの眠りが必要。短時間の覚醒と睡眠を繰り返しつつ1日を過ごします。
また、目の周りが発達して今まで閉じていたまぶたが開きますが、まだはっきりとものを見ることはできません。
お腹の赤ちゃんが男の子の場合は、睾丸が陰嚢へと移動を始めます。およそ10日ほどで完全に移動が終わります。

妊娠27週
ママはお腹の中で赤ちゃんがリズミカルに動くのを感じることができるかもしれません。赤ちゃんのしゃっくりです。
脳もかなり成長し、専門家の中では赤ちゃんはこのころから夢を見ているのではないかという意見もあるほど。表面にしわが刻まれ始め、見た目もだんだんと脳らしくなってきます。



ママが気を付けるべきこと

運動中は無理せず、十分な休息とって

妊娠中に軽い運動をすることはとてもいいことです。多くのママがマタニティヨガや散歩、マタニティスイミングなどで体を動かしています。
この時期になると、運動中に疲れやすくなったり息切れしたりすることも多くなってきますね。せっかく運動中なので「もうひと頑張り!」と意気込んでしまうかもしれませんが、ママが疲れているときは赤ちゃんも疲れています。運動中でもしっかり酸素を届けてあげるために、疲れたら少し休憩して深呼吸してあげましょう。 最近は積極的に運動をするアクティブな妊婦さんが増えていますね。妊婦にとってダイエットはご法度ですが、これから迎える出産と育児という大仕事に備えて体力づくりや体力維持をしておきたい!しかし、実際に何ができるの?と思う人も多いはずです。今回は、プレママさんに人気の運動を妊娠期別にご紹介します。

むくみがひどくなるかも

妊娠後期に近づくにつれ、どんどんむくみがひどくなっていくママも多いようです。特に、立ち仕事が多いママは下半身がむくみがち。塩分を控えめにし、妊婦用の弾圧ストッキングを着用するなどして対策しましょう。
また、むくみがひどくなって手指のほうにまで出てくると、結婚指輪が抜けなくなってしまうママさんもいるようです。出産が帝王切開の場合、電気メスを使うときに感電する可能性があるため指輪を外さなければいけないことがあります。妊娠中期の今は通常分娩の予定であっても、後期に入ってトラブルが起きたり、出産中にトラブルが起きて帝王切開になることも。
「むくんできたな」と感じたら、指輪は外しておきましょう。 妊娠中のマイナートラブルのひとつ、むくみ。妊娠前に比べるとむくみやすい体にびっくりするという方も多いのではないでしょうか。どうして妊娠するとむくみがひどくなるの?どうやったらむくみとおさらばできるの?マイナートラブルにめげずに楽しいマタニティライフを送るためのコツをご紹介します。

これって陣痛?前駆陣痛の見分け方

7ヵ月くらいになると、「前駆陣痛」という陣痛に似たお腹の痛みと張りを感じることがあります。前駆陣痛を感じたときに「もしかして、陣痛来ちゃった!?まだ早いのに…」と焦ってしまうママもいるようです。
本当の陣痛と前駆陣痛には違いがあります。一番わかりやすいのは、痛みが来る間隔が規則的かそうでないかです。前駆陣痛は、1分痛みが続き、10分痛みが止み、また痛みが来て、今度は20分痛みが止むといったように、痛みの間隔が不規則です。
本当の陣痛の場合は1分痛み、10分痛みが止み、また1分痛み…というように痛みの波が規則的に訪れ、痛みの間隔が徐々に狭くなっていきます。
まれに、本当の陣痛が来たのに「いつもの前駆陣痛かな…」と放置して、お家で産んでしまったり街中で破水して救急車を呼ぶ羽目になったりという方もいるようです。痛みが強い場合やしばらくしても痛みが続く場合は、痛みの間隔を計るようにしましょう。
また、自分では前駆陣痛か本当の陣痛かわからない場合は、病院に電話して相談しましょう。 段々とお腹が大きくなると耳にする「前駆陣痛」。え?陣痛もう始まるの?と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。出産のときの陣痛と前駆陣痛は実は全く別のもの。では、一体どのような症状なのでしょうか。気になる前駆陣痛についてまとめました。

バランスよく食べましょう


出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/115170/blog/15207715
覚えておきたい、ほうれん草のみそ風味白和え。
鉄分豊富なほうれん草は、貧血になりやすいプレママの心強い味方です。 赤ちゃんは、日を追うごとにどんどん大きくなっていきます。このころは脳の成長も著しく、しっかりと必要な栄養分を届けてあげることが大切です。
たくさん食べすぎたり、偏食したり、こってりと味付けが濃いものを好んで食べたりすると、赤ちゃんの体はもちろんママの体にもよくありません。バランスよく食べて、健康を維持しつつ赤ちゃんの成長を促してあげましょう。 つわりも落ち着き、ようやく通常の食事に戻る頃。よく考えると、自分の食べたものが100%赤ちゃんの栄養になることに気づきます。この時期は、毎日の食事がとても大切です。妊娠初期から、妊婦さんに特にとってほしい栄養素を含め、ママと赤ちゃんを元気にしてくれる栄養満点レシピをまとめてみました。 テレビや雑誌でも取り上げられている「キヌア」という食べ物はご存知ですか?とても小さな粒で穀物のような見た目ですが、女性に嬉しい驚きの効果を持っており、「スーパーフード」とよく言われています。今回はそのスーパーフード「キヌア」が持つ効果とおいしいレシピをご紹介します。 妊娠後期も間近、だんだん赤ちゃんに会えるときも近づいてきましたね。
マイナートラブルも増えてきますが、それも赤ちゃんが産まれてくるまでのこと。産まれて数ヵ月もすれば、いい思い出になっています。
一日一日を大切に過ごしましょう。