どうしてこんなに痛むの?妊娠期間別の頭痛の原因と解消法

妊娠すると、心身に今まで感じたことのない変化が次々と起こりますね。頭痛もその一つ、「経験したことのない頭痛だった」「頭痛持ちじゃなかったのに、妊娠したら頭痛に悩まされるようになった」という声もよく聞きます。時期別に主要な頭痛の原因と対策をご紹介します。

妊娠初期の頭痛「偏頭痛」

偏頭痛の症状

偏頭痛の特徴としては、こめかみや目の奥がズキズキと脈打つように痛みます。痛みを感じたら、ゆっくりと頭を下げてみて下さい。痛みが増すようでしたら、偏頭痛の可能性があります。

偏頭痛の原因はホルモンバランス

妊娠初期に起こる頭痛は、ホルモンバランスの急激な変化が大きな原因です。妊娠したことによって女性ホルモンの一つ「エストロゲン」が多く分泌されるようになります。このエストロゲンの影響で、脳の血管が広がったことにより頭痛を引き起こします。
妊娠初期は痛みに加え、つわりの吐き気もひどい時期なので本当に辛いですね。

偏頭痛の対処法は「冷やす」

脳の血管が広がることで起こる偏頭痛は、まず冷やすことです。濡らしたタオルや布で巻いた保冷剤などでこめかみや首の付け根を冷やしましょう。ただし、冷やすのは首までです。肩まで冷やしてしまうと肩こりの原因になり、一層頭痛を引き起こすことにもつながってしまいます。

アイスノンベルト 大人用
ベルトで止めるタイプなので、はがれてきたり髪の毛をはさんでしまうこともなく便利です。



妊娠中期の頭痛「緊張型頭痛」

妊娠中期に起こる「緊張型頭痛」って?

妊娠中期になると、大きくなってきたお腹のために体の重心が崩れてしまい腰痛になることがあります。また、胸が張って大きくなることで肩こりにもなります。これらの腰痛、肩こりが原因となって起きるのが、中期にみられる頭痛「緊張型頭痛」です。

緊張型頭痛の症状

緊張型頭痛は、頭を締めつけられるような痛みや圧迫感があり、後頭部に鈍い痛みを感じます。痛みというより、ヘルメットを被っているかのように重い感じが続くと表現する方もいます。偏頭痛との違いは、頭を下げても痛みが変化しないことです。

緊張型頭痛の対策は「温める」

血管の拡張による偏頭痛とは逆に、緊張型頭痛は温めましょう。温めることで肩や腰のこりをほぐして、血行をよくしてあげるのがポイントです。軽いストレッチやウォーキングは、ストレス解消や体重管理、産道を広くすることにもつながりますのでオススメです。

めぐりズム 蒸気でGood-Night 14枚入
無香料タイプとラベンダーの2種類があります。じんわり温まるのと、温熱時間が30分とほどよい長さなのがいいですね。

妊娠後期の頭痛は原因もさまざま

妊娠後期は中期の緊張型に加えて、ストレスだったり病気が隠れていたり、複数のことが原因となって頭痛が発生することがあります。
赤ちゃんが大きくなることによる身体的な負担と出産に対する精神的な不安、それらがストレスとなって頭痛を引き起こすことにもつながります。

原因1 鉄分不足による貧血

貧血は妊娠の期間を通しで起こりうるのですが、特に後期になると赤ちゃんも大きく成長しており、十分な栄養を赤ちゃんに運ぶためにお母さんの鉄分がどんどん使われてしまいます。妊娠中は血液量が増えるのですが、赤血球自体が増えているわけではないので血液は薄まっている状態です。薄い血液のために酸欠状態になり頭痛につながります。

原因2 水分不足による血液のドロドロ化

妊娠初期のつわりが一旦治まった方も、臨月が近付くにつれて大きくなったお腹に胃が圧迫されて、また吐き気がでることがあります。
そのため水分が不足してドロドロ血液となり、血流が滞った状態となります。すると血液を流そうと血管が拡張するため、頭痛につながります。

原因3 出産への不安やストレス

神経伝達物質「セロトニン」には拡張した脳の血管を正常に戻す働きがあります。ストレスによってセロトニンが減少することも頭痛の一因になります。



頭痛だけじゃないかも…妊娠高血圧症にも注意して!

妊娠後期の頭痛は、妊娠高血圧症候群の場合も

妊娠後期の頭痛は、妊娠高血圧症候群の症状の場合もあります。頭痛の他に、むくみや手指のこわばり、しびれ、目の前がチカチカする感じ(閃光感)があったら注意して下さい。妊娠高血圧症候群の恐れもあります。
尿たんぱくや血圧を測定をすることでもわかりますので、定期検診はきちんと受けましょう。

頭痛薬は飲んでもいいの?妊娠中の薬のはなし

医師に相談が基本!

どうしても痛みが治まらない時は、我慢せず頭痛薬を飲むことも一つの方法です。妊娠中でも飲むことができる鎮痛剤がありますので、まずはかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。

さらに詳しく知りたい時には、妊娠と薬に関する専門的な相談窓口を利用するのもよいでしょう。自己判断で安易に薬を飲まないことが大切です。以下のサイトにも妊娠中の薬に関して詳しく載っていますので、参考になさって下さい。

国立成育医療研究センター「 妊娠と薬情報センター」
薬に関しての相談事業のほか、サイト内にはママのためのお薬情報や、全国の「妊娠と薬外来」の一覧もありますのでおすすめです。

虎の門病院「妊娠と薬の相談」
完全予約制です。ページを下へスクロールして、産婦人科スケジュールのところに予約方法が載っています。

市販薬は手軽だけど注意!飲んではいけない成分も

医師に相談することが基本ですが、痛みがひどくて病院まで行くのも辛い時もあるかもしれません。市販されている鎮痛剤の中で、妊娠中に飲んではいけないのは「ロキソニン(ロキソフロフェンナトリウム)」です。

病院でもよく処方される薬ですが、薬の成分が赤ちゃんに作用して影響を与えてしまいます(胎児毒性)ので避けましょう。また、妊娠後期の方は「アスピリン」を含む薬は服用してはいけません。出血を引き起こしたり、子宮収縮の抑制の恐れがあります。

成分をチェック!アセトアミノフェンなら使えます

一方で、効果が穏やかで脳にだけ作用するため、妊娠中も比較的安全性が高いとされているのが「アセトアミノフェン」です。その中でも、鎮痛作用以外に余計な成分が入っていないものを選びましょう。また使用前には医師、薬剤師、登録販売者に相談をしましょう。

【第2類医薬品】タイレノールA 20錠
有効成分が「アセトアミノフェン」のみの鎮痛解熱剤です。ですが注意書きにもあるように、医師、薬剤師、登録販売者に事前に相談しましょう。

薬を使わない妊娠中の頭痛対策

頭痛をただ我慢するのは辛いことですし、それがストレスになってますます悪化しては困ります。ですが、できれば薬は使いたくないですね。上にあげた原因別対処法のほかにも、いくつか頭痛解消法があります。

1.頭痛に効果的な食材「ゴマ」と「ほうれん草」を採る

●ゴマ
ふりかけて手軽に摂ることのできるゴマは、血液の循環をよくするビタミンEや、血管を緩める作用のあるマグネシウムを含んでいます。また、マグネシウムを含む食品では、他にアーモンドなどもおすすめです。

●ほうれん草
ほうれん草には、痛みを抑える効果のある栄養素がたくさん含まれています。中でも様々な種類の痛みに効いて即効性もあるのがビタミンCです。また、ビタミンBには血圧を下げて偏頭痛を緩和させる効果があります。どちらも水溶性ですので、毎日の食事に取り入れたい栄養素です。

2.コーヒーも少量ならOK!

妊娠中はカフェインを控えるようにと言われ、たんぽぽコーヒーなどノンカフェインに切り替えている方も多いかと思いますが、カフェインには頭痛を和らげる作用もあります。実際に頭痛薬にも、鎮痛作用のある成分としてカフェインが含まれています。
カフェインには血管収縮作用もありますので、特に偏頭痛にいかがでしょうか?ただし飲みすぎには注意して下さい。逆に頭痛を悪化させてしまうこともあります。

3.頭痛を和らげる精油を使う

精油にもさまざまな種類があり、頭痛のタイプによっても選び方が変わりますが、今回は全般に効く精油をご紹介します。

・ローズマリー
・ラベンダー
・ペパーミント
・ローマンカモミール

どれも初心者でも手軽に使えるオイルですが、妊娠中は肌が敏感になっています。マッサージに使用する場合、かならずキャリアオイルで希釈して下さい。または、入浴の際にお風呂に入れるのもおすすめです。
この場合も精油だけではお湯にとけにくいので、キャリアオイルに混ぜたり、塩に混ぜてバスソルトにしてはいかがでしょうか?最初から目的別にブレンドされている精油や、希釈済みのマッサージオイルもあります。

頭痛は無理せず休みましょう

妊娠中によくある頭痛の原因と対策を挙げてきましたが、便秘や寝不足など他にも考えられる原因はたくさんあります。まずは自分の頭痛がどのタイプか知ることです。そうすれば合った解消法も見えてくるでしょう。
頭痛がでて辛い時はもちろんですが、普段から無理せず少しでも休むくせをつけましょう。上に挙げた対策が、一つでもみなさんの頭痛に効果があれば幸いです。