臨月に起こる前駆陣痛の症状!その対処方法とは?

妊娠生活も後期を迎え、いよいよ臨月!もう少しで赤ちゃんに会える期待に胸が膨らむ時期ですよね。しかし、その前に出産という大きな仕事が待ち受けています。「陣痛」と言っても、出産に直接繋がる「本陣痛」と、本陣痛の予行練習のような「前駆陣痛」があるのをご存知ですか?今回は、前駆陣痛について、ご紹介していきたいと思います。

前駆陣痛とは?

出産前に起きる、不規則な子宮収縮のこと

まずはじめに、前駆陣痛とはどういうものなのかを知っておきましょう。
前駆陣痛とは、出産前に起きる、不規則な子宮収縮のことを言います。痛みの強弱や間隔も不安定で、陣痛かと思ったのに、結局陣痛は起こらず、次第に痛みが遠のいていくのが特徴です。

前駆陣痛が起こる原因としては、本陣痛の前に身体を痛みに慣らしておく、予行練習のような役割などといった説もあるようですが、現段階ではまだはっきりとした原因は解明されていません。前駆陣痛の場合は子宮口が開かないので、症状が出始めたからといって、それが直接、本陣痛に繋がるということはありません。



前駆陣痛の症状

主な症状はお腹の痛みや張り、腰痛や便秘など

前駆陣痛の主な症状としては、お腹の痛みや張り、腰痛や便秘といった症状が出る方が多いようです。
ただ、症状の出方や、その程度は大きく個人差があります。お腹の痛みや圧迫感などによって、「夜も眠れない」、「動くのも辛かった」という方も居れば、全く前駆陣痛の症状が起こることがないまま、出産を迎えられたという方もいます。

前駆陣痛の症状は不規則に起こる為、急に痛みが襲ってきたり、お腹が張り続けて常に圧迫感がある状態になったりと、予想がつきにくいのですが、一般的には本陣痛よりも痛みは弱く、時間が経過するにつれて徐々に痛みが治まっていくという傾向があります。前駆陣痛が起きても、子宮口が開くという訳ではないので、出産に至ることはありません。

前駆陣痛の症状が起こるのはいつ頃?

前駆陣痛は、一般的には臨月(妊娠36週~40週未満)、特にお産の2週間前~数日前から症状を感じる妊婦さんが多いようですが、こちらも個人差がある為、早いと妊娠8ヶ月頃から(中には妊娠6~7ヶ月頃からという方も)前駆陣痛を感じる方もいます。

前駆陣痛と本陣痛の違いは?見分け方のポイント

では、実際にお腹の痛みが起こった場合にはどのように見分けたらいいのでしょうか?前駆陣痛と本陣痛の特徴をまとめてみました。

前駆陣痛の特徴

1.痛みが起こる時間の間隔は不規則。
2.痛みもその時によって強かったり弱かったりと、安定しない。
3.痛みがなく、お腹の張りや便秘といった症状だけの場合もある。
4.姿勢を変えたりすると、痛みが治まる。

本陣痛の特徴

1.痛みが起こる時間の間隔は、初めは不規則だが、徐々に規則的になっていく。
2.痛みが起こる間隔が短くなっていく毎に、強い痛みに変わっていく。
3.姿勢を変えたり、身体を動かしても痛みが治まらない。
4.おしるしや破水が起こる。

見分ける1番のポイントは「痛みが起こる間隔」

前駆陣痛と本陣痛を見分ける1番のポイントは痛みが起こる間隔です。
陣痛の間隔が10~15分間隔になったら病院へ来て下さいと産院側から説明される場合が多いと思いますが、前駆陣痛の場合は痛みの間隔が規則的にはならず、徐々に治まっていくという特徴があります。お腹の痛みがあったり、圧迫感や不快感を感じる時には、とりあえず1時間、様子を見てみましょう。

痛みの間隔の測り方

痛みが始まったら、時計を見ながら正確に陣痛の間隔の時間を計測出来ると、よりベストですね。時間を計測する際には

【痛みが起きてから、次の痛みが起きるまでの時間】
【痛みを感じてから、その痛みが引くまでの時間】

の2つの時間を計る事をオススメします。

急に症状が起こると、どうしてもパニックになってしまいがちですが、痛みが起こったからといって、すぐに赤ちゃんが産まれてしまうというわけではありません。基本的には普通通りの生活をし、なるべく冷静に対応することが大切です。



注意したい症状

また注意したい症状はこちらです。

・胎動を感じない
・痛みがずっと治まらない
・破水や出血起こる(特に流れるような出血は要注意です!)

上記のような症状がある場合は、すぐに病院を受診するようにしましょう。

迷った時には産婦人科に相談を。

妊娠中は、大なり小なりのマイナートラブルがつきもの。そして個人差によってその症状も様々な為、ちょっとしたことでも不安に思ったり、焦ったりしてしまいがちです(命をお腹の中で育てているんですもの、当然ですよね!)。前駆陣痛は基本的に落ち着いて過ごしていても構わないものです。

しかし、痛みの感じ方なども人それぞれなので、自分自身では判断しかねる状況になることもあるでしょう。上記に書いたように、破水や出血が起こった場合は勿論ですが、なんだかいつもと様子が違うなぁと感じた時や自分での判断が難しいと思った時には、無理して一人で抱え込んだりせずに、迷わずかかりつけの産婦人科に相談し、指示を仰ぐことも大切です。

臨月に入ると、出産までいよいよカウントダウンという時期です!出来るだけ自分らしく、リラックスした時間を過ごしながら、可愛い赤ちゃんとの対面の時を迎えたいですね♪