未熟児養育医療制度とは?助成内容や対象となる症状について

日本には生まれてくる赤ちゃんを支援する制度がたくさんありますが、その中の1つに未熟児養育医療制度があります。未熟児養育医療制度の助成内容や対象となる乳幼児の基準など、どのような制度か詳しく紹介していきます。

未熟児養育医療制度ってどんな制度?

未熟児養育医療制度とは、体の発育や機能が未熟な状態で生まれた赤ちゃんの入院費や治療費を自治体(都道府県)が補助する制度です。

医師が入院治療を必要と認めた赤ちゃんが指定の医療機関で受ける医療費を負担するもので、特定の要件を満たす赤ちゃんの医療費の全額または一部を支援してくれます。
自治体の地域によっては、所得制限があったり、保護者の所得に応じて補助金額が異なる場合もあったりしますが、その分は乳幼児医療費助成の対象になります。



どのような場合に未熟児養育医療制度の対象になるの?

未熟児養育医療制度の対象となるのは、条件に当てはまる未熟児の赤ちゃんの中でも入院して治療を受ける必要があると医師が判断した場合になります。
病院に意見書を記入してもらい、住んでいる自治体に申請します。自治体はその意見書をもとに給付対象であるか審査をして決定します。
以下は対象となる赤ちゃんの症状の一例です。

体重

生まれたときの体重が2000g以下

一般状況

・運動量が少なかったりや異常がみられたりする
・けいれんがみられる
赤ちゃんが四肢や首などをうまく動かせなかったり、けいれんなどの症状がみられたりする場合は、入院治療が必要になります。

体温

・体温が34度以下
赤ちゃんが自力で体温を34度以上維持できない場合は、保育器など人工的に体温維持をサポートする必要があるため、入院治療が必要になります。

呼吸器・循環器

・強いチアノーゼがみられる
・チアノーゼによる発作を繰り返す
・呼吸数が50回/分以上と多い
・呼吸数が30回/分以下で少ない
毎分の呼吸数が少なかったり、多かったりするなど、呼吸器官や循環器官に異常がみられる場合には、入院治療が必要になります。

消化器

・生後24時間以上排便がみられない
・生後48時間以上嘔吐が続く
・吐いた物に血が混入していたり、血便が出る
排便や嘔吐した物に異常がある場合は、消化器系が正常に機能していない可能性があるため、入院治療が必要になります。

黄疸

赤ちゃんが生まれてから数時間以内に黄疸が出たり、また黄疸がとても強く出たりする場合には、入院治療が必要になります。

未熟児養育医療制度の対象となる年齢制限はあるの?

原則として、未熟児養育医療制度が受けられるのは、出生日から1歳の誕生日の前日までとなっています。



未熟児養育医療制度では具体的にどのような費用が助成されるの?

・入院療養でかかる保険診療分の医療費
・食事療養費
原則として、赤ちゃんが自力で生きられる程度になるまでに必要な入院治療に関する医療費用が対象になります。

対象外となり、個人負担になるもの

・おむつ代
・衣服代
・差額ベッド代

未熟児養育医療制度の申請に必要な書類は?

未熟児養育医療制度を受けるためには住んでいる自治体への申請手続きが必要です。自治体によって異なりますが、多くの自治体で必要な書類は以下のものになっています。

1.養育医療給付申請書
2.養育医療意見書
3.世帯調査書
4.所得税額証明書

未熟児養育医療費給付申請書と世帯調査書は自分で記入しますが、未熟児医療意見書は病院で記入してもらいます。
申請書の提出期限も自治体によって異なりますが、出生してできるだけ早く申請するほうがよいようです。

自治体によっては手続きが遅れると補助が受けられない、また指定の病院でなければ補助が受けられないなどの条件がある場合もありますので、必ず確認が必要です。
未熟児養育医療制度の申請・不明点など詳しくは、住んでいる地域を管轄する保健所へ問い合わせてみてください。

未熟児養育医療制度を利用するときの注意点

原則として、未熟児養育医療制度の対象となる場合は、まず、未熟児養育医療給付申請をして、その後、自己負担した分に関して乳幼児医療費制度を利用しなければなりません。

また未熟児養育医療給付制度を利用するためには、養育医療意見書を病院で医師に書いてもらい、自治体に提出する必要があります。その際の費用として、1500円以上の文書代がかかり、これは個人負担となっています。

未熟児養育医療制度の手続きは周りの人にお願いしよう

出産後すぐに赤ちゃんがNICUなどに入院して治療を受けなければならないとなると、いつ赤ちゃんが退院できるのか心配になったり、今後元気に育ってくれるのだろうかと不安になったりと、ママにとっては精神的につらいことが多いときです。
そんなとき、未熟児養育医療制度のような支援があると、費用の面だけでも安心することができ、ストレスのひとつを取り除いてくれますよね。

また、未熟児養育医療制度の手続きをする時期は、出産後のママが身体を最も休めておきたいときと重なることが多くなっています。
出産後すぐに未熟児養育医療制度の手続きをするのは大変です。書類の準備や行政や自治体への申請などはできるだけ旦那さんや家族にお願いしで助けてもらってくださいね。

未熟児養育医療給付制度|春日井市
こちらを参考にしました