生理前の不正出血の原因は?妊娠や病気の可能性はあるの?

生理ではないときに出血があると、気になりますよね。でも、婦人科にはちょっと行きにくかったり…。心配のない出血もありますが、重大な病気が隠されてる場合があります。その原因や考えられることを解説いたします。

生理前に不正出血が…

生理前の不正出血、不安になりますよね。不正出血、といっても鮮血のものもあれば、茶色っぽかったりおりものがうっすらピンクに色づく程度のものなど様々です。
心配ないものももちろんありますが、婦人科系の病気のサインの場合もあります。

おりものは女性のホルモンバランスによって変化し、女性の体のバロメーターとも言えます。日ごろから自分のおりものに関心をもち、普段の状態がどうであるかを知っておく必要があります。そうでないと不正出血に気が付かずに過ごしてしまう可能性もあります。

不正出血に気が付かずに放置してしまうと、病気が悪化してしまう場合もありますので気をつけましょうね。

生理前の不正出血の原因

【1】着床出血

受精が成功すると、受精卵は子宮へと移動し、子宮内膜に着床します。このとき、子宮内膜の壁に傷をつけてしまうことがあり、出血することがあります。これを着床出血と言うことがあります。着床出血は医学用語ではないため、実際には「月経様出血」といいます。

着床出血は生理前1週間くらいから数日前におきることが多いのですが、出血の量、色には個人差があります。

着床出血であれば問題はないのですが、生理前に出血があったからといって、着床出血と確定できるわけではありません。生理予定日の一週間後くらいに妊娠検査薬で陽性がでたら、そのときの出血が着床出血だったかもしれないと判断できますが、妊娠初期の出血は流産や子宮外妊娠が原因によるものもありますので注意が必要です。

【2】外陰部や膣のただれによる出血

外陰部や膣がただれていることによって、出血する場合もあります。この場合、あまり心配することはないのですが、子宮頸がんなどの症状とよく似ているので、がん検診も含めて、受診するとよいでしょう。

鮮血だったり、茶色いおりもののようだったり個人差があります。膣の中が荒れていて敏感になっていますので、性交渉のあとに鮮血の出血をする場合もあります。

心配はありませんが、外陰部や膣がただれが原因の場合は、かゆみを伴うこともありますので、専門医に診てもらうと安心です。

【3】ホルモンバランスの乱れ

比較的多いとされているのがホルモンバランスの乱れによる出血です。生理前1週間くらいから茶色の出血が続いたりするとこの可能性があります。

ストレスを感じていたり、不規則な生活が続いたり、過激なダイエットをしたときなど、ホルモンバランスが乱れてしまいます。通常、生理前に黄体ホルモンや卵胞ホルモンが急に減少し、それに伴い子宮内膜が剥がれ落ちて生理がおきます。しかし、生理予定日より前にホルモンバランスが乱れると、体が生理と勘違いをして、出血が起きてしまうのです。女性ホルモンはストレスや疲れで用意に分泌が減少します。生理前にこの出血があるということは、体が疲れてますよ~というサインなのですね。

生活習慣を整えたり、自分なりのリラックス方法を見つけるなどすることで改善できそうですね。

【4】子宮がんなどの病気

生理前の出血が鮮血の場合は注意が必要なことがあります。子宮頚ガン、子宮ガン、子宮筋腫、子宮内膜増殖症、子宮内膜ポリープ、子宮頚管ポリープ、子宮膣部びらんなどの病気のサインかもしれません。

出血の量が多かったり、長く続いたりするようでしたら、婦人科を受診するようにしましょう。こういった病気は早く発見し、治療することがとても有効です。何かいつも違うな、と感じたり、気になることがある場合には専門医に相談するのが一番ですよ。

【5】生理

生理予定日よりも前に生理が来てしまっただけのことももちろんありますね。
生理の周期も疲れやストレスなどに影響されやすいものです。

ただし、生理と似たような出血で大きな病気が原因の場合もありますので、いつもより長く続くなど、様子が違うようでしたら受診しましょうね。

【6】黄体機能不全

黄体というのは、妊娠を維持したり、妊娠しやすく準備をする黄体ホルモンが分泌されるところです。この黄体がうまく作用していないのが黄体機能不全です。この病気が原因で出血がみられることがあります。

黄体ホルモンは高温期をつくったり、妊娠を維持するよう受精卵を着床させて育てる役目がありますが、高温期がなかったり、極端に短かったり、生理前の乳房の張りなどの症状がなかったりすると黄体機能不全の可能性があります。

薬で治療しますが、ストレスや食事、体の冷えなども多いに関係しますので、生活習慣を改めることが大切です。

不正出血の色や量はどのようなもの?

出血の色 ~人によってさまざまです~

鮮血だったり、うすいピンク色だったり、茶色だったり様々です。特にどれが安心で、どれが心配とも言い切れませんので、気になる場合には受診することをおすすめします。

鮮血だと心配だけど、茶色いくらいなら…と思ってしまいますが、不正出血を放置するとそこに潜んでいる病気が治りにくくなってしまうこともあります。

出血の量 ~大量の場合は要注意~

大量であれば、やはり注意が必要です。
しかし、少量の場合でも、なにか病気が原因の場合もありますので、長い期間続いたり、少しでも心配であれば受診するようにしましょうね。

このような場合は受診しましょう

生理期間以外の出血は、心配ないものであったとしても、体からのなにがしかのサインです。
少しでも気になることがある場合には婦人科を受診するのがよいでしょう。

いつも同じような出血がある場合などは、出血の記録をつけるようにし、受診した際にはきちんと伝えられるようにしておくとよいですね。

鮮血で量が多かったり、だらだらと長く続く場合にはすぐに受診するようにしましょう。

体からのサインを見逃さないように

不正出血はストレスや疲れなどが原因の場合も多くあります。生活習慣を見直して、疲れを溜めないようにしたり、バランスのとれた食生活を送ることで改善する場合もあるんですよ。

しかし、ガンなどの重大な病気のサインの場合もありますので、体が出している危険信号を見逃さないようにしましょうね。日ごろから自分の体に関心を持つことがとても大切なのではないでしょうか。