臨月のおりものはなにが違う?量や色、ニオイなどの変化まとめ

いよいよ出産が間近になると、出産にむけて体の変化が起こってきます。そんな体の変化の中でも、不快に感じる事が多いおりもの。おりものは妊婦の体を守る大切な役割を担っているのをご存知でしょうか。臨月に入ったら、おりものの様子を今まで以上に気にしてみましょう。

妊娠中のおりものの役割とは

おりものって何で出来てるの?

まず、おりものとは子宮・汗腺・膣からの分泌物が混じった粘りのある液体である事をご存知でしょうか。妊娠するとおりものの量が増えて、不快な思いをしている妊婦さんは多いもの。
しかし、おりものは様々な役割を担う、女性にとって大切なものです。おりものの役割を理解し、おりものの様子をチェックする習慣を身につけたいですね。

おりものは女性の体を菌から守るもの

おりものの役目の一つが自浄作業。膣の中はおりものの働きで弱酸性に保たれています。膣の中が弱酸性に保たれていると「デーテルライン菌」という常在菌が、バイ菌の増殖を防いでくれるのです。
またおりものは、体の調子を伝えるバロメーターでもあります。量・色・匂いの変化があれば要注意。気づかぬうちに病気になっているかもしれません。



臨月のおりものは、いつもの状態からどう変化する?

匂い・色・量に変化が起きる臨月のおりもの

いよいよ臨月を迎えると、エストロゲンの分泌量が今まで以上に盛んになり分泌物も多くなります。そのため、おりものの量が増えたり、色、匂いにも変化が見られるようになるのです。
この変化は臨月であれば当たり前。おりものがどのように変化するのか、しっかり理解しておくと安心ですね。

変化1)おりものの量が多くなる

おりものの量が増える原因はエストロゲン

妊娠するとおりものが増えますよね。その原因はエストロゲンというホルモンの仕業。妊娠するとエストロゲンが大量に分泌されるようになり、子宮頚管の分泌物も増えていきます。それに伴っておりものも自然と増えてしまうのです。

赤ちゃんが産道を通りやすくする為に増える

おりものは赤ちゃんが産道を降りやすくする為の潤滑油としての役割を持っているので、おりものの量が増えるのは実はとても大切なこと。
量が増えて下着が気になる人は、おりものシートを使う・下着をこまめに替えるなどして臨月を乗り切って下さいね。



変化2)黄色や茶色のおりものになる

茶色や黄色なら心配無用

臨月になると、個人差もありますが、おりものの色が茶色や黄色に変化する人もいます。これはエストロゲンの影響なので心配する必要はありません。

変化3)匂いが強くなる

エストロゲンの分泌量が匂いに影響する

エストロゲンが増えることで、おりものの匂いも強くなってしまいます。この原因は膣の中で分泌された「乳酸」という菌が原因。この乳酸のおかげで膣の中が清潔に保たれています。
つまり乳酸だから、甘酸っぱいような匂いになるんですね。

変化4)水っぽいおりもの

もしや破水?と勘違いしやすい水っぽいおりもの

水っぽいおりものが大量に出るようになると、出産が間近になっているサイン。ただし、この水っぽい大量のおりものは破水と勘違いしやすいので気をつけましょう。破水とおりものの見分け方はいくつかあります。

破水とおりものの違い

破水とおりものの違いは、まず匂い。破水の匂いは生臭いような独特の匂いがします。おりものの匂いは甘酸っぱい匂い。
次に破水の色は透明・黄緑・黄色ですが、おりものは透明か白っぽい色です。そしてここが一番重要ですが、破水ですと自分自身で止めることができません。
筆者も第一子を破水から出産しましたが、水のようなものがジャーっと出てきて、おりものとは全く違う感覚だったのを覚えてます。ただ、これも個人差が大きいもの。
不安があれば病院へ連絡しましょう。

変化5)粘り気の強いおりもの

白っぽいゼリー状なら問題なし。血が混ざっていたらおしるし

臨月になると粘り気があるゼリー状のおりものが出るようになります。ただ白い色や透明なら問題ありませんが、赤やうすいピンクなどの血が混じってたら、おしるしの可能性が大。慌てず騒がず、病院に連絡してみましょう。
ちなみに筆者の第二子の時は、うすいピンクのおしるしが出てから数時間後に、10分間隔の陣痛がやってきました。しかしおしるしに関しても個人差が大きいです。おしるしが何回も来る人もいますし、筆者のように1度のおしるしで陣痛につながるケースもあるので、やはり注意が必要です。

重要な役割を持つ臨月のおりもの

不快に思っていたおりものですが、女性の体を守る大切な役割を果たしていますね。特に臨月の女性にとっておりものは、出産のサインを貰える重要な役割を担っています。
もう少しで臨月、または今臨月であるプレママはおりものの様子に少し気をつけながら、穏やかに運命の日を待っていて下さいね。