子宮外妊娠とは?その症状や治療法、かかりやすい人の特徴について

子宮外妊娠は全妊娠の1%前後で発生すると言われています。子宮外妊娠という言葉は聞いたことがあっても、どういった症状があり、どのようなリスクが潜んでいるのかということまでは知らない方も多いのではないでしょうか。女性なら誰でも可能性がある子宮外妊娠について基本的な知識を身に着けておきましょう。

子宮外妊娠とは

正常な妊娠では、卵子と精子は卵管で受精します。その後、受精卵は卵管を移動し、子宮内膜に降り立ちます。これが着床、すなわち正常な妊娠です。
これに対し、子宮外妊娠は文字通り子宮以外に受精卵が着床した状態のことをいい、異所性妊娠という呼び方をされることもあります。
子宮外妊娠の9割が卵管で着床するケースですが、卵巣や子宮頸管などで着床する場合も同じ子宮外妊娠として取り扱われます。

日本医科大学多摩永山病院女性診療科・産科医局-情報-子宮外妊娠
※参考



子宮外妊娠の特徴について

異常妊娠であることに気づきにくい

子宮外妊娠は異常妊娠であるということに気づきにくいのが大きな特徴です。
異常妊娠とはいえ、子宮外妊娠も妊娠には変わりありません。そのため、妊娠検査薬では陽性反応が出ますし、妊娠の兆候としてつわりが始まる方もいます。一般的な妊娠初期症状と何ら変わりがないために、産婦人科医の指摘を受けるまで気づかない方がほとんどです。

そのため、妊娠検査薬で陽性反応が出たら早い段階で産婦人科を受診するのがおすすめです。子宮外妊娠だけでなく、その他の健康管理にもつながります。

腹痛が大きなサイン

子宮外妊娠の場合、痛みに差があるものの腹痛が大きなサインになります。激痛を訴える方の場合は、既に症状が進んでいることが懸念されますが、軽度の腹痛という方もいます。
月経予定日頃の腹痛は生理痛と勘違いされることもありますし、妊娠初期症状としても軽度の腹痛・腰痛を感じる例も多いことから、子宮外妊娠を疑う妊婦さんはまずいないでしょう。それがまた子宮外妊娠のこわいところでもあるのです。
妊娠したらすぐに異常妊娠の可能性を疑うべき、というわけではありませんが、女性であるからこそ腹痛には気を配り、些細なことでも婦人科系疾患を意識することも早期発見につながります。

早期発見が治療を大きく左右する

発見が遅れると大量出血の可能性も

自覚症状が少ないため、産婦人科で宣告されることになる子宮外妊娠。多くの方が異常妊娠の疑いやその事実に困惑することでしょうが、痛みや出血が少ない段階で発見できることは不幸中の幸いでもあるのです。

子宮が赤ちゃんの成長に合わせて大きくなるのに対し、子宮以外の場所は拡張することはありません。そのため、着床した受精卵を早く取り除かなければ、卵巣や卵管といった着床部位が受精卵の大きさに耐え切れず破裂・大量出血することがあるのです。
中には、下腹部に激痛を覚え救急車で運ばれる人や不正出血で受診してはじめて妊娠に気づくという方もいます。最悪の場合、出血量によっては命の危険もありますし、次の妊娠が難しくなるケースもあるため、早期発見・早期治療が重要です。

問診が早期発見のカギに

妊娠5週、すなわち生理予定日を1週間過ぎたころになると、正常妊娠の場合は子宮内に胎嚢が確認されるようになります。もし、妊娠検査薬で陽性反応があるにもかかわらず、その時期を過ぎても胎嚢が子宮に確認されない場合は子宮外妊娠が疑われます。
もちろん、受精卵の発育状況によっては胎嚢の確認が遅れることもあります。その場合は再受診となりますが、子宮以外の場所で胎嚢が見つかった場合は即座に子宮外妊娠の診断がおります。

実際に胎嚢が確認されるまでは何とも言えない部分もありますが、産婦人科での診察では問診が基本です。最終月経やセックスの時期に加え、基礎体温表があるとさらにより正確な妊娠週数を出すことができます。排卵時期や妊娠週数を正確に出すことで、異常性にも気づきやすくなるのです。
妊娠を考えている方は排卵日予測やタイミングを図る際にも使えるものですので、基礎体温の計測を早速始めてみるといいですね。



子宮外妊娠の具体的な治療方法

受精卵を育てることは難しい

医療技術が進歩したとはいえ、子宮外妊娠で受精卵を保護し、育てるというのは現代でも不可能と考えてよいでしょう。受精卵は着床すると、母体と胎児をつなぐ胎盤の形成をはじめます。しかし、卵管や卵巣に着床した場合はこの胎盤形成がうまくいかないため、結果として流産というかたちになってしまいます。

まずは様子を見て、手術や薬物療法で治す

子宮外妊娠の場合、流産してもそのまま吸収されるケースもあるため、まずは待機して経過を見守るという方法が採られることもあります。待機しても改善が見られない場合は、腹腔鏡あるいは開腹手術で卵管の一部や胎嚢のみを切除する手術が行われます。腹腔鏡による手術ではお腹の傷が小さくて済むため、その分回復も早くなります。外科手術を行う場合でも次の妊娠を望めるように、最低限の切除にとどめる手術が現在の主流です。
また、何らかの要因で手術が難しい場合は薬の投与で治療を行うこともあります。この場合、抗がん剤が使用されるのが一般的です。

一方、卵管破裂や大量出血が確認される場合は緊急手術が必要です。場合によっては命の危険を伴うこともあるため、医師の方針に従い最前の方法で手術が行われます。

予防策はあるの?子宮外妊娠になりやすい人とは

子宮外妊娠に特別な予防策は今のところはありません。その一方で、子宮外妊娠になりやすい人やその原因となる既往歴などに関してはいくつか判明しています。

これまでに卵管周辺での手術経験のある方

これまでに卵管やその周辺で手術を受けた経験のある方は、手術の傷跡が原因で受精卵の移動が妨げられていて、その結果子宮外妊娠を起こしているのではないかと考えられています。病気による手術経験だけでなく、人工妊娠中絶の経験も含めた手術経験が関係しており、中絶を繰り返した方は子宮外妊娠の可能性が高くなります。

性感染症、あるいは骨盤内感染症の既往歴のある方

性器クラミジアなどの性感染症や骨盤内感染症にかかったことのある方は、卵管が細くなることが原因で子宮外妊娠を引き起こしやすいと言われています。虫垂炎・子宮内膜症・腹膜炎なども、子宮外妊娠を引き起こしやすいと言われる病気です。

子宮外妊娠は繰り返し起こることも

必ずしもそうであるというわけではありませんが、子宮外妊娠は繰り返すことがあります。過去に子宮外妊娠を経験したことのある方は、そうでない方に比べ1割程、子宮外妊娠になる可能性が高いと言われているのです。

体外受精では頸管妊娠の可能性が高まる

子宮外妊娠では卵管に着床する卵管妊娠のケースがもっとも多いですが、近年では子宮頸管に着床する頸管妊娠も増えていると言われています。
体外受精後、胚移植の際に子宮の奥の方に受精卵が戻されますが、その場所が子宮口近くにずれてしまうと頸管妊娠となることがありまあす。また、不妊治療が盛んとなったことで、子宮内外同時妊娠も増えているとか。これは、排卵誘発剤などが要因となり二卵性双胎となるケースに多くみられる異常妊娠です。

きちんと治療すれば次の妊娠を望むことも可能

妊娠検査薬で陽性反応を確認後、産婦人科を受診し検査をされた方の中には、子宮外妊娠の疑いがあるとの診断に不安を感じ、経過観察後の子宮外妊娠の診断に絶望を感じたという方もいらっしゃるかもしれません。一度お腹に宿った命を諦めるという経験は本当につらいものとお察しします。
子宮外妊娠は繰り返す可能性がある一方で、それを乗り越えて無事に正常妊娠・出産を経験したという方は決して少なくはありません。特に早期に発見できればその分良い状態で次の妊娠・出産に向けて動くこともできます。

具体的な予防法のない子宮外妊娠ですが、女性だからこそ、下腹部の痛みは軽視せず、婦人科を受診するクセをつけておくのも体を大切にする一つの方法です。体と向き合い、異変にいち早く気付けるようにしておきたいものですね。