妊婦さんとコーヒーの上手な付き合い方~おすすめのデカフェ12選!~

妊娠中はコーヒーに入っているカフェインが気になりますよね。育児雑誌にも「コーヒーはよくない」や「妊娠中は控えたい」という言葉がちらほら。コーヒー好きさんへ妊娠中のコーヒーとの上手な付き合い方をご紹介します。

妊娠中に摂取するカフェインの影響

“妊娠中にコーヒーは控えるように”

育児雑誌や妊婦向けのインターネット情報でそのようなことを聞いたことがありませんか?
妊娠中のコーヒーで問題とされるのは、コーヒーに含まれるカフェインです。カフェインは薬としても使われる一方で、大量の摂取は体に悪影響を及ぼします。それは妊娠中でなくてもそうなのですが、では妊娠中にいったいどのような影響がでるのでしょうか。

血流が悪くなり、胎児の発育が妨げられる

このようなことを聞くと、かなり心配になってしまいますよね。コーヒーには確かに中枢神経を興奮させることによって覚醒作用及び強心作用などがあらわれます。
そして赤ちゃんに及ぼす影響は、血管が収縮することで、血流が悪くなり、胎盤を通じて供給されるはずの栄養が行きわたらなくなると言われています。

問題なのは過度の摂取 1日2~3杯のコーヒーならあまりナーバスにならないで

妊婦の1日のカフェイン摂取目安量は、300mgがボーダーと言われています。コーヒーのカフェイン含有量はドリップしたもので150mlあたり約100mg。ということは、2~3杯は許容範囲となりますよね。

意外と知られていないのが、ココアやチョコレートのカフェイン。また玉露はコーヒーよりもカフェイン含有量が高いので、気を付けたいですね。
胎盤を通じて、全て赤ちゃんにも行きわたってしまうことには変わりありませんが、目安量に注意しながら、コーヒーブレイクを楽しんでください。

カフェイン | 全日本コーヒー協会
一般社団法人全日本コーヒー協会の公式サイト こちらのサイトを参考にさせていただきました。



妊娠中でもおすすめ! コーヒー好きも納得のデカフェ

妊娠中でカフェインが気になる時には、デカフェがおすすめ。
デカフェとはコーヒーからカフェインを取り去ったもの。カフェインレスなので安心です。
海外では一般的ですが、日本でもようやくデカフェが浸透してきつつありますよね。

香りが立つ! レギュラーコーヒーのデカフェ

レギュラーコーヒーは何と言っても香りが違います。こちらもデカフェが何種類かありますが、インスタントに比べ、種類が少なめ。
お気に入りを見つけたら、使い切る分だけ保存器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。1週間で飲みきれない粉は、冷凍庫で保存しておくと香りが長持ちしますよ。

おすすめの商品を3点ご紹介します。それぞれに抽出法が違いますが、味わいは納得のものばかり。
ただし、カフェインレスであって、100%カフェインカットではないのでご注意を。

1.小川珈琲店 カフェインレスブレンド 180g(粉)

小川珈琲店 カフェインレスブレンド 180g(粉)
小川珈琲は京都の老舗のコーヒー専門店。水を用いて生豆からカフェインを97%以上カットしているそうです。
デカフェで手軽に味わえるのは嬉しいですよね。

2.日本ヒルスコーヒー ナイトカフェインレスコーヒー

日本ヒルスコーヒー ナイトカフェインレスコーヒー 170g
日本ヒルスコーヒー ナイトカフェインレスコーヒーも同様に炭酸水を用いて生豆からカフェインをカット。
味わいを損なわず、デカフェであることを忘れてしまいそうです。

3.澤井珈琲 コーヒー 専門店 カフェインレス デカフェ コロンビア レギュラーコーヒー

澤井珈琲 コーヒー 専門店 カフェインレス デカフェ コロンビア レギュラーコーヒー1kg 【 中挽き 】
澤井珈琲のカフェインレス デカフェ コロンビア レギュラーコーヒーは、二酸化炭素を用いて生豆からカフェインを包み込み抽出しています。コーヒー豆の素材自体を全く壊すことなく、カフェインをカットしているので、味わいを損ないません。



開けたての香りがたまらない! ドリップバッグのデカフェ

妊娠中はできるだけ手間を省いて生活したい、という方も多いですよね。コーヒーを淹れるにしても、ペーパーフィルターを用意して…コーヒーメーカーの準備をして…というのもひと手間。ドリップバッグなら、個包装になっているので、香りも損なわず手軽にコーヒーを淹れることができます。

お馴染みのコーヒーブランドからもドリップバッグのデカフェがでています。
妊婦さんだけでなく、夜にもコーヒーを飲みたい方や1日に何杯も飲んでいる方にもおすすめ。

4.キーコーヒー ドリップオン カフェインレスコーヒー

キーコーヒー ドリップオン カフェインレスコーヒー (8g×5P)×5個
キーコーヒーはちょっとお値段が張りますが、香りといい味わいといい納得の一杯。パッケージを開けるとふわっとコーヒーの香りが漂います。家族で一人だけ飲む、という場合は個包装の方が香りを楽しめますよね。

5.アロマポットカフェインレスコーヒー

アロマポットカフェインレスコーヒー 10g×8袋
1個包装あたり10g入っているので、たっぷりと楽しめます。また、カフェインレスと思えないコクと味わい。開けたての香り、お湯を注いで待っている間の香り、それぞれ楽しんでみてくださいね。

6.モンカフェ カフェインレス コーヒー

モンカフェ カフェインレス コーヒー 7.5g×10P
贈答用にも利用されているモンカフェにもデカフェがあります。3種類以上の豆を使用した独自のブレンドと焙煎方法にもこだわりが。
「カフェインレスコーヒーは美味しくない」と思っている方には試していただきたい一品です。

もっとも手軽で簡単! インスタントコーヒーのデカフェ

ドリップバッグの手軽さよりも、もっと手軽なのがインスタントコーヒー。最近ではインスタントでもうなってしまうほど、レギュラーコーヒーに近い味わいと香りです。お湯を沸かして、すぐに飲みたいという方、お仕事中に飲みたい方へおすすめです。リーズナブルなのも嬉しいですよね。

7.ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス

ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス 80g
ネスカフェは知っている方も多いコーヒーの有名なブランド。自然の水だけを使用しネスカフェ独自の製法でカフェインを97%カットしています。こちらのデカフェも味わいや香りは定評があります。コーヒーの香り重視の方にはおすすめ。

8.マウント ハーゲン オーガニック カフェインレスインスタントコーヒー

マウント ハーゲン オーガニック カフェインレスインスタントコーヒー100g
マウントハーゲンは、ドイツのコーヒーブランドですが、高地有機栽培のアラビカ豆100%使用。オーガニックコーヒー豆のみを使用したインスタントならぬ贅沢なコーヒーです。アイスコーヒーも手軽につくれるところがいいですよね。

9.クライス カフェ ジャパン カフェインレスコーヒー

クライス カフェ ジャパン カフェインレスコーヒー 50g
クライスは妊婦さんなら雑誌などで見たことがある方も多いのではないでしょうか。
ドイツのコーヒーブランドですが、カフェインの除去は化学薬品を一切使用しない方法で行っており、妊婦さんにも安心できますよね。

産前産後にぴったり! タンポポコーヒー

育児雑誌などで知られているタンポポコーヒーは、妊婦さんにおすすめ。
コーヒーに似た味わいなのでコーヒーが好きな方も好まれる味わいです。飲むと母乳がでやすくなったり、体の冷えや便秘など、体によい効果があるのが嬉しいですよね。

10.ノンカフェイン タンポポコーヒー

ノンカフェイン タンポポコーヒー 290g
タンポポコーヒーは他に比べて値段がお高め。「常に愛飲するにはちょっと…」という方は、デカフェと交互に楽しむのもアリです。
コーヒーとはやはりちょっと味わいが異なりますが、こちらはこちらでほろ苦い味わいがクセになりそうです。

11.ハーブコーヒー チコリークラシック

ハーブコーヒー チコリークラシック 100g
チコリークラシックは、コーヒーとはまた違う味です。タンポポコーヒーと比べるとよりコーヒーには近い味かとは思いますが、とてもマイルド。コーヒーの苦みが苦手な方にはおすすめします。
生活の木のハーブコーヒーチコリークラシックは、なかなかの味わいなので色々と飲み比べてみるのも楽しいですね。

12.ハーブコーヒー タンポポクラシック

ハーブコーヒー タンポポクラシック 100g
生活の木ブランドは安心できるのが魅力。ちょっとお値段は高いですが、タンポポコーヒーを安心して楽しみたい方にはおすすめです。産前や産後、授乳中などにむしろ体に良い効果をもたらしてくれるハーブコーヒー。ハーブの香ばしい味わいが広がります。

妊娠中も“適量”を守ってコーヒーを楽しんで

妊娠中のカフェイン接種は控えたいものですが、コーヒー好きさんにはそれがストレスになってしまうことでしょう。適量を守って、コーヒーでリラックスした時間を過ごしたいですよね。

海外では一般的なデカフェですが、ようやく日本でも色々な種類が増えてきました。
やはり香りはいつものレギュラーコーヒーには劣るかも…という方には、いつものコーヒー豆の量を1/3くらいにして、薄目に抽出。コーヒーの香りには、リラックスさせてくれる効果があるので、抽出中のコーヒーの香りを思いっきり楽しんでください。少量ならば、コーヒーのもらたしてくれるリラックス効果で良い効果が期待できます。

デカフェなども採りいれて、妊娠中もコーヒータイムを楽しんでくださいね。