陣痛促進剤ってどんな時に使うの?種類と効果、リスクについて

ママが「予定日より前に生みたい」「自然に生みたい」などと願っていても、お産のはじまりや進行は誰にもわからないもの。お産の状況によって医師から陣痛促進剤の使用をすすめられる場合があります。そんなときに慌てないように、今回は陣痛促進剤について正しく理解を深めていきましょう。

陣痛促進剤って?

まず陣痛とは「子宮が赤ちゃんを外に押し出そうとする子宮収縮」のことです。

そして陣痛促進剤は「人工的に陣痛を促し、コントロールする薬」になります。
ママに陣痛をつけ、出産がスムーズにおこなえるように使われる薬です。日本では約3割のお産に陣痛促進剤が使われているといわれるほど使用頻度が高くなっています。



陣痛促進剤はどういうときに使うの?

本来は、お腹の中の赤ちゃんの準備が整うと陣痛が自然に起こりますが、出産予定日を数日過ぎても陣痛が起こらない場合や、ママや赤ちゃんの体調によって早く生まなければならないときがあります。

陣痛促進剤は大きく分けて2つの場合に使用します。

1.分娩を誘発したいとき

予定日を大幅に過ぎるとママの胎盤の機能が低下して赤ちゃんの心配が出てくることがあります。そのため妊娠41週を過ぎると、陣痛促進剤の使用が検討されます。

また、妊娠高血圧症候群などでママの体調が悪いときや、お腹の赤ちゃんの体調が悪いときなど、赤ちゃんを早く生んだほうがいい場合には予定日前でも使われることがあります。

2.微弱陣痛や破水したのに陣痛がこないとき

微弱陣痛は陣痛がきているものの弱くて、子宮口の開きが遅いことをいいます。
微弱陣痛でお産が長引いているときや、陣痛が途中で止まってしまってお産が進まないときなどは、ママと赤ちゃんの命に危険が及ぶ可能性があるため、安全を考えて陣痛促進剤を使用します。そうすることで、難産を避けることができるのです。
破水が起こっても陣痛がはじまらずに子宮内での感染が心配される場合や、赤ちゃんの心拍が弱くなっているときにも陣痛促進剤が使われます。

お産が長引くとママも赤ちゃんも疲れてしまい、ますます陣痛が弱くなり時間ばかりが過ぎるという悪循環を起こしてしまうこともあるので、使用するかどうか慎重に検討した上で投与されるようです。

使用前には医師が説明してくれます

日本の医療では万が一にそなえて、医療行為を行う場合に起こりうる危険性のすべてを開示します。
そして、必ず本人(または家族)に薬が必要な理由を説明して同意をとるので、使用することにこわいイメージを持つ妊婦さんもいるようです。

医師から十分な説明を受けたあとに「陣痛促進剤を使わない」という選択もできますが、分娩の進行状況によっては使用したほうが安全な場合も多くなっています。
お産時は多かれ少なかれパニック状態になっていることも多いので、そんなときにサインをするかもしれないことを考えると、事前に陣痛促進剤について理解を深めておくとよいでしょう。

実際に陣痛促進剤を使って出産したママの声

お産のときに陣痛促進剤を実際に使って出産したママや現在お産の真っ只中の妊婦さんの声を集めてみました。
みなさんがお産という大仕事の中でも、冷静にツイートされていることがわかります。
ぜひ参考にしてみてくださいね。



陣痛促進剤のメリットと種類、効果や費用について

それでは具体的なメリットやお薬の種類、得られる効果をみていきましょう。

陣痛促進剤のメリットはお産が早くなること

お産の進行が早くなり、自然分娩で出産できるところが良い点です。
ママの体質により、薬の効き方が異なってきますが、お産に有効な陣痛がついてくれば赤ちゃんにもうすぐ会えるという目安になって精神的にラクだったという声もあります。

陣痛促進剤には2種類のホルモン剤が使われます

陣痛促進剤は「オキシトシン」と「プログランジン」の2種類があり、子宮収縮作用のあるホルモン剤です。摂取方法も経口薬(錠剤)と点滴薬の2パターンがあります。

点滴薬は医師や看護師が赤ちゃんの心音や陣痛を随時チェックしながら増量していきます。
万が一、異変が起きたときでも、すぐに投与を中止することができるので、点滴薬を使用するのが一般的なようです。
出産につながる陣痛がついてくれば増量せずに様子を見ます。

また、経口薬(錠剤)は1時間おきに1錠ずつ内服するため、自然の陣痛のようにゆっくりと痛みが生じます。3錠ぐらい内服したところでお腹が張ったり生理痛のような痛みを感じたりすることが多いようです。
一度飲んでしまうと体から排出することが不可能なので、内服前には陣痛の強さを医師や看護師が確認します。点滴薬同様、有効な陣痛がついてくるとその時点で内服が中止になります。

効果や痛みの感じ方には個人差が大きく出る

陣痛促進剤の投与からすぐに陣痛がはじまり5時間後に出産した人もいれば、投与から丸一日たった後に陣痛がはじまり出産する人、使用しても出産につながらない人も時にはいるように、効果は人それぞれです。

痛みについても感じ方は人それぞれで、「陣痛促進剤を使うほうが自然分娩よりも痛い」など、どちらがラクとはいえないようです。
ただ陣痛の間隔が急速に短くなるので、「通常の陣痛よりも痛みが濃縮されて一気に痛みを感じる」という声もあります。

使用した方がいいと判断されたときには、医師からしっかりと説明を受け、納得した上で承諾するようにしてくださいね。
また、投与中にもしも異変を感じた場合には、すぐに医師に伝えましょう。投薬を中止し、その後適切な処置が行われます。

いろんな意見がありますが、あまりこわがらずに「赤ちゃんにもうすぐ会える」と思って出産に立ち向かってくださいね。

費用は1〜5万円ぐらいかかる

陣痛促進剤の費用は1~5万円です。通常の出産費用にその金額が加算されるのですが、病院によっては金額が異なり、薬の効果や量も個人差があるため明細をみるまではっきり分からないというのが実情。

一般的には健康保険は適用されませんが、微弱陣痛など緊急的に使われた場合には適用されます。
民間の医療保険は加入内容によって適用される場合とされない場合があるので、保険会社にも確認してみてくださいね。

陣痛促進剤のリスク

陣痛だけが過剰に起こる「過強陣痛」

陣痛促進剤のよいところは、お産の進行が早くなり、自然分娩で出産できるところと先ほど述べましたが、赤ちゃんがまだ下がってきていなかったり子宮口が十分に開いていなかったりすると、陣痛だけが強く過剰に起こってしまいお産につながらないケースがあります。これを「過強陣痛」といいます。
陣痛促進剤を使用した場合に多いトラブルで、最悪な事態では子宮破裂を起こすこともあります。

この過強陣痛のリスクを回避するために、陣痛促進剤を使用する場合は事前に妊婦さんに分娩監視装置をつけ、医師や看護師が赤ちゃんとママの様子を細かく見ながら適切な量を投薬するのです。
つまり、正しく陣痛促進剤を使えば過剰な陣痛は避けられるものです。

正しく使用すれば命を救う有効な手段です

いかがでしたか。
陣痛促進剤にはいろいろな意見がありますが、事前に医師から説明を受けておいたりママがしっかりと陣痛促進剤のことを理解しておけばこわい薬ではなく、むしろ落ち着いた出産につながると思います。

妊娠や出産に関しては調べれば調べるほど心配になってしまいがちですが、大切なことはママと赤ちゃんが無事に出産を終えることなのです。
お産のプロである医師の意見もよく聞いて、かわいい赤ちゃんを迎え入れてあげてくださいね。