アトピー性皮膚炎とは?原因と対処・治療法を知ろう

現在、アトピー性皮膚炎の患者は国民の約1割と言われています。アトピーには不快な症状も多く、なかなか治らないため心配になるママもいますよね。アトピー治療はステロイド!というイメージの方も多いと思いますが、最近では違った薬も出てきているようです。今回はアトピーの症状と対処法についてご紹介します。

そもそもアトピーとは?

アトピー性皮膚炎とは湿疹とかゆみを伴う皮膚の炎症を起こす病気

アトピー性皮膚炎は湿疹とかゆみを伴う皮膚の炎症が起こる病気です。もともとアレルギー体質の人や皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られます。
症状が良くなったり、悪くなったりを繰り返し、なかなか治らないので患者さんは苦しい思いをしていることが多いです。乳幼児では2カ月、それ以外の人で6カ月以上症状が続くときに、慢性と診断されます。
アトピー性皮膚炎が慢性化するメカニズムは解明されておらず、まだまだわからないことの多い病気です。



アトピー性皮膚炎の特徴

1.皮膚が乾燥し、フケのようなものがポロポロ落ちる

皮膚が乾燥し、ポロポロとフケのようなものが落ちてきます。
かきむしると更に悪化し、症状も重くなっていきます。
耳や顔まわりなどに症状が出ていると、本当にフケのように見えるので可哀相ですね。皮膚が乾燥することで起こるので、しっかりと保湿をしてあげましょう。

2.赤みのある湿疹ができる

小さなぶつぶつから、赤みのある大きな盛り上がりなどさまざまなものが出ます。
小さかったものが、それぞれくっついて全体的に赤くなってしまうこともあります。
素人では汗疹なのか、ちょっとした皮膚の刺激でできた湿疹なのかわからないので、症状が長く続くようならお医者様に診せてくださいね。

3.強いかゆみを伴い、患部を引っ掻いてしまうと液体が出てくる

強い痒みを伴うため、かきむしっている間に液体が出てきたり、夜も眠れず機嫌が悪くなることもあります。
寝ているときなどは無意識にかいてしまいがちなので、朝起きたら患部をかき壊していたなんてこともあります。かき壊した部分から別の感染症にかかることもあるので、患部は清潔にしてあげてくださいね。

4.皮膚が硬く盛り上がり、ごわごわする

何度もかきむしっているうちにその部分が硬くなってごわごわになります。
特に肘の内側や膝の裏側、首など皮膚のうすい部分がなりやすいです。

5.おでこ、目、口、耳のまわりや首、わき、手足の関節の内側によく出る

皮膚の薄いところによく出ます。
特に汗の溜まりやすい関節部分やわきなどは出やすくなっています。
耳のまわりが乾燥し、耳たぶの下が切れてしまうこともあります。

6.水ぶくれができたり、じくじくとただれる

水ぶくれがつぶれたり、じくじくしている部分が服などにくっついてしまいます。
それを剥がす際に更に悪化することもあるので、できるだけ早くこの症状は治したいですね。
患部に服などを触れさせないようにし、乾燥を心がけましょう。 乳幼児では似たような皮膚トラブルもあるので、自己判断せずにお医者様に相談しましょう。
かゆみがあるため、無意識にかきむしってしまい、更に症状を悪化させてしまうことがよくあります。
また、かきむしったことで、「とびひ」になってしまうこともあるので注意が必要です。アトピー性皮膚炎の患者は肌のバリア機能が弱いため、「接触性皮膚炎」、「ヘルペス」などの合併症にかかってしまうこともあります。

毎日のスキンケアも怠らないで!

子どもの肌に合った保湿剤を選んであげよう

アトピーになると、市販の保湿剤などが合わないこともあります。
そんなときは、かかりつけの病院で相談してみましょう。クリームタイプ、ローションタイプなどさまざまな保湿剤を出してくれますよ。お医者様と相談しながら使えるので安心ですよね。
皮膚が乾燥しているとアトピーが悪化したり、治りにくくなるので、お家でのスキンケアはしっかりと行いましょう。
スキンケアを毎日かかさず行っているうちに、気が付いたらアトピーがよくなっていた!なんてこともあるようです。
自分の肌に合った保湿剤を選んで、乾燥を防ぎましょう。

お風呂上がりはすぐ保湿!5分以内にケアしよう

お風呂上がりはしっとりして乾燥とは無縁そうに感じますよね。
しかし、お風呂上がりは一番肌の乾燥がしやすいので、すぐに保湿しなければいけません。
できれば5分以内に保湿してあげられるといいですね。アトピー持ちのお子さんだけでなく、肌トラブル回避のためにもスキンケアは重要です。お風呂上がりはバタバタと忙しいですが、可愛い子どものために頑張りましょう。



アトピー性皮膚炎の治療法3つ

【1】ステロイド外用薬を使う

naricooo
ステロイド外用薬はアトピーの症状を劇的に改善します。ステロイド外用薬は皮膚の炎症を抑えてくれる素晴らしい薬ですが、副作用もあるので心配になりますね。そのため、ステロイドは「諸刃の剣」とも言われています。
アトピー性皮膚炎の治療に使うとき、症状が悪化してから使う人が多いです。しかし、症状が悪化してから使い始めると、ステロイドを使う期間も長くなるため副作用が出やすくなります。
ステロイドの副作用は、長く使えば使うほど出やすくなると言われています。
見た目がきれいになっても、皮膚の中でまだくすぶっている可能性もあるので、お医者様の判断なしに勝手にステロイドを中止することのないようにしましょう。

【2】免疫抑制外用薬で治療する

アトピー性皮膚炎の原因のひとつとして「免疫異常」が挙げられます。免疫異常とは、体の防御機能が働きすぎてしまうことで、アトピーの場合は、免疫異常の影響で皮膚に炎症が起きてしまうのです。
そのため、免疫抑制剤を使って体の防御機能が強く働きすぎないようにします。
炎症を抑える強さとしてはステロイド外用薬のミディアム(弱め)~ストロング(強い)程度となっています。
顔や首など、薬の吸収がいい部分に症状が出ている場合、ステロイドを使い続けると副作用が出る可能性もあるため、副作用を避ける意味で使われることもあります。

【3】抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤を内服する

皮膚をかくことで傷つき、症状が悪化してしまうため、かゆみ止めとして処方されます。
かゆみがなくなると掻きむしらなくなるため、症状の回復も早いです。
この薬は鼻炎や花粉症などのアレルギーの抑制にも使われるもので、たくさんの人が飲んでいる安全な薬です。

成長するにつれて改善されることが多い

いかがでしたか?
アトピー治療はステロイドの他にも免疫抑制剤や内服薬もあるので、さまざまなものを試して自分に合ったものを見つけてくださいね。幼児~小学生くらいの間が特に症状がひどくなりがちなので、「幼少期は辛かった」という方もよくいます。
しかし、成長するにつれてアトピーの症状はなくなることが多いです。夏場に汗をかいてちょっと再発…なんてこともありますが、大人になるとだんだん落ち着いてくることが多いです。
子どもがかゆそうにしている姿は見ていても辛いですよね。症状をやわらげるためにもしっかりとスキンケアを行い、正しく薬を使用しましょう。