妊婦さんの胃痛の対処法5選ポイントは食事の方法にアリ!

妊娠中に胃痛に悩まされたとき、どんなケアをすれば緩和されるのでしょうか。家でできる簡単な対処法を紹介します。

自宅でできる緩和ケアで胃痛を乗り切ろう!

なにかと問題が尽きない妊娠期間。原因不明の胃痛に悩まされる妊婦さんも多いのです。いつもなら市販の薬を飲んでなんとなくおさえるものの、おなかに赤ちゃんがいる状態では軽々しく薬も飲めません。薬は飲んでもいいの?胃痛で食事もできなければ、赤ちゃんの栄養もたりなくなるのでは…。
そんな妊婦さんの胃痛緩和ケアについてご紹介しましょう。



妊婦の胃痛とは?症状とは?

妊娠初期、中期、後期で実は症状が違う胃痛

実は妊婦の胃痛は時期によって、その不快感や痛みが違うことが多いのです。
例えば、妊娠初期の胃痛は着床時からでてくる人もいます。チクチクした痛みがまさか妊娠にともなう胃痛とは気づかず、薬を飲んでしまってあわてることもあるので、妊活中は「妊娠しているかもしれない」という意識は常にもって行動していたほうがいいでしょう。

妊娠中期になると、初期は比較的胃の調子が良かったのに、つわりが終わったあたりから胃がチクチクキリキリと痛み出すという症状を訴える妊婦さんが非常に多いのです。その痛みは吐き気をもよおしたり、ゲップがでたりと、妊娠していない時の胃痛とは少し様子が違うことも。
妊娠後期になるとゲップがとまらず、胃痛にあわせて満腹感が常にある人もいます。このようにその時期によって胃痛の症状も変わってくることが多いのです。

妊婦の胃痛の原因は?

原因は様々…圧迫感の胃痛は赤ちゃんが大きくなった証!

妊娠初期の胃痛の原因は着床によりホルモンのバランスがくずれてしまったことが原因のひとつで、それは「つわりの一種」ととらえられます。つわりが終わるとともにその胃痛もおさまってきます。

中期以降は、ホルモンのバランスを崩して精神が不安定になることによりストレスをためてしまうことが原因のひとつであることも。
また、身体的な原因でいえば、おなかの中の赤ちゃんが順調に育つことによって、胃が子宮に常におされるような形になってしまい、満腹感やゲップや吐き気につながるということが多いのです。つまり、中期以降の胃痛は赤ちゃんが大きく育ってきているというありがたい証拠でもあるのです。
とはいえ、この胃痛を抱えて妊娠生活送るというのは本当に大変です。胃痛がさらにストレスになり、もっと深刻な胃痛につながりかねません。



妊婦の胃痛への対処法は?

食事は回数を分けて、少しずつ消化の良いものを

基本的なことですが、妊娠中は母体が栄養を赤ちゃんに送る必要があります。胃痛があるからと言って食事を抜くのはやめましょう。
そして、胃は空っぽになると胃液が消化できるものがないので胃壁にかかってしまい、更に胃が荒れてしまう原因になります。「三食きちんととる」ということも大事ですが、妊娠期間中、胃痛に悩まされている時は、食事の回数を増やして、「消化の悪いものを避けて」少しずつ食事をとることが大事です。
消化に悪いものとは、例えば、キノコ類、海藻、生魚(刺身など)、食物繊維の多いもの(細かく切って柔らかければ大丈夫)などです。

特に良いのは温かいものです。胃を温めると体全身も温まり血液の循環もよくなります。野菜をくたくたに煮たスープを作り置きしておいて、消化のいい炭水化物であるパンやご飯と一緒に食べれば、胃も落ち着き、栄養もたっぷりとれますよね。

ゆっくりよく噛んで、腹八分目をめざそう

妊娠中はついつい「赤ちゃんのために二倍食べなきゃ」と周囲も食べさそう食べさそうとしてきますが、そんなに食べすぎると今の時代は体重制限にひっかかってしまいます。主治医の指示に従った体重をめざすためにも、食事は腹八分目が有効です。

腹八分目は、実は胃にもいいことだらけです。胃がいっぱいになってしまうと、消化しなければと胃に血液が集まり、眠気が一気にきてしまいます。
食後横になるのは下の項目にも書きますが決していいことではありません。そして胃が圧迫されているので、実はそれほど胃に食事が入らないことも多いのです。ゆっくりと味わいながら食べることで腹八分目をめざしましょう。

食後は30分は横にならないで

重いおなかを抱えているので、食事後の休憩で横になりたい気持ち、よくわかります。でも待って!実はそれが胃痛をひどくしているかもしれません。というのも、妊婦さんはよく「胃の上部」が痛くなることが多いのです。
横になることによって胃液が逆流して食道のあたりまで上がってきて「逆流性食道炎」というものになってしまう妊婦さんも多いのです。胃液は地球の重力に従いますので、横になれば横に広がってしまい、空っぽの胃の上部や食道まで荒らしてしまうこともよくあるのです。
胃液が胃の中の食事をゆっくり消化するまでは、ソファーに座るなどして、すぐに横にならない工夫をしましょう。

胃痛時に横になりたい時は右を向きましょう

胃痛がひどくて横になりたい、でもあまり横になると胃痛がひどくなるというし…という時は、無理せずに横になって。ただし、左ではなく右側に向いて横になると胃痛がおさまることが多いので試してみてください。
胃の形は右側に垂れ下がるような袋状になっているので、右を下にして横になれば、胃液は胃の上部に行くことをかなり抑えられます。胃液が原因の場合は、これで胃が楽になることも多いのです。

やっぱり薬が飲みたい時は主治医に相談!

どうしても胃痛が我慢できず、薬に頼りたい時は必ず主治医に相談しましょう。
産婦人科では、妊婦さんが飲んでも大丈夫な漢方系などの薬の処方箋をそろえています。
我慢するのではなく、きちんと相談してください。
漢方薬の中には妊娠期に飲みすぎるとよくないものもあるので、必ず回数と量を守りましょう。

妊娠中の胃痛に関する口コミ

胃痛を緩和して、元気な赤ちゃんを!

無理しないで!ママのペースで頑張って!

いかがでしたか?
妊娠期間は限られた期間だけです。胃の痛みを上手に緩和しながら、元気な元気な赤ちゃんが生まれるように乗り切りましょう。
無理しないで、ママのペースで頑張って!ゆったりとストレスのない生活が、ママの体にも赤ちゃんの体にも一番です。