妊娠6ヶ月(20~23週)のママと赤ちゃんの様子、気を付けること

お腹もずいぶん大きくなり、赤ちゃんの元気いっぱいな動きを感じることができる妊娠6ヶ月。気分よく動けるうちに、子育てをする環境を整えたり、お産の準備をしておきましょう。また、超音波検査ではそろそろ性別がわかるように。そんな妊娠6ヶ月のママと赤ちゃんの様子、気を付けることなどをご紹介します。

妊娠6ヶ月ってどんな時期?

胎動がより強く感じられます

赤ちゃんが大きく強く成長するにつれ、胎動もこれまでより強く感じられるようになります。子宮の大きさにもまだ余裕があるため、赤ちゃんがお腹の中ででんぐり返しをしたりくるくる回ったりするのを感じられるかもしれません。
胎動が強いときには、お腹の上から触って動きを感じられたり、服の上から赤ちゃんの動きが見えることも。パパと一緒にお腹の赤ちゃんのことを考える時間を作るのもいいですね。 日に日に激しさを増す胎動。別の生き物のように変形するお腹。「こんなに激しい胎動で赤ちゃんは本当に大丈夫?」「痛みを少しでも和らげる方法はないの?」そんな不安や疑問を抱くママたちに、激しい胎動の原因と乗り切り方をお教えします♪

そろそろ性別がわかるかも

男の子と女の子で外性器の違いがはっきりわかるようになり、超音波検査で性別を教えてもらえるかもしれません。昨今では超音波機器もずいぶん発達し、お腹の赤ちゃんの姿を鮮明に映し出すことができるので、最新機器を使っている病院であればほぼ100%の確率で性別を判定することができます。
ただ、腕や脚で隠れていたりして見えなかったりすることもあるので、この時期にはっきりわかるとは限りません。また、産まれるまでは性別を教えない方針の病院もあります。



ママの体の中では何が起こっているの?

授乳に備え、乳房が発達します

赤ちゃんが産まれて間もなく始まる授乳。
妊娠の折り返し地点にあたる妊娠6ヵ月ころには、ママの体は産まれてくる赤ちゃんのための授乳の準備が整い始めます。乳房が大きくなる、乳首がかゆくなったりチクチクしたりする、乳首を触ると黄色っぽい乳汁が出てくるなど、その兆候を感じられるママもでてきます。
辛いつわりの時期を乗り越え安定期に突入する妊娠中期。おなかもバストもどんどん大きくなり、身体がめまぐるしく変わる時期なだけに、腰痛や冷えなどのマイナートラブルに陥りやすい時期でもあるのです。おなかの赤ちゃんのためにもママ自身のためにも、機能的な下着で上手に身体をケアして快適なマタニティライフを送りましょう♪

赤ちゃんの様子

赤ちゃんの大きさ

身長: 30cm
*このころ、赤ちゃんは脚をきつく曲げることが少なくなるためCRLではなく身長を測るようになります。

ちっちゃなお腹に胎便が溜まり始めます

妊娠20週
血管が透けて見えるほどに薄かった赤ちゃんの皮膚が、少しずつ厚くなりはじめます。皮膚の内部にある皮脂腺からは「胎脂」と呼ばれるワックスのような脂が分泌されます。この胎脂は赤ちゃんの体にびっしりと生えた産毛に絡まっており、薄く繊細な皮膚を赤ちゃんが産まれてくるまで優しく包んで守ります。
また、このころには髪の毛や足の爪が少しずつ生え始めます。
赤ちゃんのお腹では「胎便」と呼ばれる最初のうんちが溜まり始めます。胎便は濃い緑色をしており、腸液や飲みこんだ羊水でできています。

妊娠21週
まぶたと眉が完成し、まばたきをすることができるようになります。
舌にはすでに「味蕾」と呼ばれる味を感じるための小さな器官がたくさんできていて、ちゃんと味を感じることができます。赤ちゃんが泳いでいる羊水を作るのは、ママが食べたもの。食べたもので羊水の味も変わっているかもしれませんから、赤ちゃんのためにバランスよくおいしいものを食べてあげたいですね。

妊娠22週
もしこの時期に赤ちゃんが産まれてしまっても、治療や赤ちゃんの状態によっては生き残ることができる時期に入ります。
小さな歯茎の中では、すでに乳歯が生える準備を始めています。このころにはすでに眼球が完成しますが、瞳の周りにある「虹彩」、いわゆる黒目の部分にはまだ色素が十分にありません。産まれたばかりの赤ちゃんの目の色が薄く見えることがあるのはこのためです。
赤ちゃんの体の中ではすい臓がどんどん発達し、肺もこれまでより急速に発達していきます。

妊娠23週
このころの赤ちゃんは、聴覚がずいぶん発達してきます。初めは聞くたびにびっくりしていた近所の犬の吠える声や掃除機の音なども、しだいに聞き慣れてさほど驚かなくなってくるでしょう。
また、妊娠22週のころよりさらに肺が発達し、ママのお腹の中で呼吸の練習をできるようになります。赤ちゃんが産まれてくるまでは、羊水が肺液として赤ちゃんの肺を満たしています。



ママが気を付けるべきこと

歯茎が弱くなっています

ホルモンバランスの変化によって、ママの体は妊娠していないときとはずいぶん違う状態になっています。それによって引き起こされる妊娠中のマイナートラブルの一つ、「歯茎からの出血」。「つわりも治まって気分もいいし…」と歯を磨いたら、少し磨いただけで出血してしまい驚くママも多いようです。
この症状は出産してホルモンバランスが元に戻ればなくなりますが、それまではちょっとしたことで出血があって不快に思うこともあるでしょう。歯ブラシは毛の柔らかいものを使うようにし、力を入れずに優しく歯をなでるように磨くようにすると歯茎が傷つきにくくなります。

なかには、「ビタミンを摂ろうとリンゴを丸かじりしていたら、リンゴが血で赤く染まってしまった!」というママも。かたいものを食べるときは、小さめに切っておくとよさそうですね。

妊娠高血圧症候群に注意

妊娠20週から分娩後12週までの間に高血圧が発症すると、妊娠高血圧症候群と呼ばれます。重症化すると、赤ちゃんだけでなくママの体も危険な状態に陥ってしまいます。高血圧のみがみられる場合と高血圧に加えて蛋白尿がみられる場合があり、妊娠後期に発症することが多いようです。
しかし、妊娠中期から発症するケースもたまにあり、その場合はより重症化しやすいため注意が必要です。

原因や予防法は良くわかっていませんが、35歳以上の高齢主産の方、初産の方や過去に妊娠高血圧症候群を起こしている方、肥満の方、家族が妊娠高血圧症候群を発症したという方、妊娠前から血圧が高めだった方などに起こりやすいことがわかっています。
赤ちゃんが元気で生まれてきて欲しい!というのは、妊婦さんみんなの願いですよね。そのために大切なことの1つは、妊娠中の健康管理です。なかでも特に、妊娠20週以降に起こる高血圧には注意が必要といわれています。“妊娠高血圧症候群”とはいったい何なのか、どんな症状なのか。詳しく知っておきましょう。

乳首のケアは、お医者さんに相談して

インターネットが普及して自分でさまざまなことを調べられるようになった昨今では、「赤ちゃんが吸いにくいんじゃ…」などと乳首の形や大きさなどを心配して、独断でマッサージなどを行ってしまうママがいるようです。
しかし、乳首を刺激すると子宮を収縮させるホルモンが分泌されるため、早産や流産につながってしまう可能性があります。気になる場合には検診で担当医に相談したり助産師さんにやり方を聞くなど、専門家に指示を仰ぎましょう。

腰痛を予防しましょう

お腹が大きくなってくると、ホルモンバランスの変化に加えて重心が変わるため腰を痛めやすくなります。暖めたり、腹帯やマタニティガードルで支えたり、正しい姿勢を心がけたりすることで対策しましょう。
また、これらの対策は腰痛が起きる前の予防策にもなります。腰を痛める前なら、血行を良くするための軽い運動なども積極的にするといいようです。 妊娠中は様々な体調の変化や異常に悩みますよね。その中でも腰痛に悩んでいらっしゃる方は多いのではないでしょうか。ただでさえ体調が優れないのに更に気分をイライラさせてしまう腰痛。どうして起こるのか、どうすれば緩和されるのか。その原因と手軽な対処法を紹介します。

動けるうちに今後の準備を

そろそろお腹もだいぶ大きくなり、動きづらくなってきますね。安定期である程度動けるうちに今後の準備をしておくことが大切です。「でも、まだまだ生まれるまで時間もあるし、大丈夫でしょ?」なんて思っているうちに、お腹がどんどん大きくなって腰痛が出たり後期づわりに悩まされ始めたりすることも。

子供が産まれてから準備をしようと思っているママも多いですが、産後は体力をかなり消耗していて環境を整えることにまで頭が回らないものです。
また、昼夜問わずの授乳や乳腺炎などの思わぬトラブルでなかなか思うように動けなかったり、「外で授乳する準備をしていないから数時間の外出もままならない…」といった状況に陥ったりすることもあります。
気分がいいうちに、お産で必要なものや産後必要になるものを購入するなどきちんと準備をしておきましょう。 妊娠生活もあっという間に折り返し地点。出産までの半分も、あっという間に過ぎていきます。
調子がいいうちにこれから必要になるざまざまなものを準備しておきましょう。
赤ちゃんの性別がわかったら、服やベビー用品もそろえ始められますね。産まれてくる赤ちゃんのことを考えながらのショッピングも、妊娠生活の醍醐味の一つです。
体調の変化に気を付けながら、マタニティライフを楽しみましょう。

妊娠6ヶ月を週数でもっと詳しく知りたい方はこちら↓

妊娠20週目に入ると、経産婦さんだけでなく初産婦さんも含めた多くの人で胎動を確認できるようになります。赤ちゃんの耳が聞こえはじめるのもこの時期です。ここでは妊娠20週目にママの体に起こる変化や、赤ちゃんの様子をママたちの声を交えながら見ていきたいと思います。 妊娠21週目は、流産の扱いとなる最後の週となります。中絶ができるのも21w6dまでです。ママは体調を見ながらそろそろおっぱいのケアをはじめたい時期です。ここでは妊娠21週目にママの体に起こる変化や、赤ちゃんの様子をママたちの声を交えながら見ていきましょう。 妊娠22週目に入ると、赤ちゃんが早期出生した場合”早産”と呼ばれ、救命率が上がります。赤ちゃんの健やかな成長のためにも、妊娠高血圧症や妊娠糖尿病への注意をより一層深めなければならない時期でもあります。ここでは妊娠22週目にママの体に起こる変化や、赤ちゃんの様子をママたちの声を交えながら見ていきたいと思います。 妊娠23週目に入ると、軽い胸焼けや胃部圧迫感といった後期つわりの症状を感じはじめる人も出てきます。ここまで大体同じような成長経過をたどってきた赤ちゃんも、そろそろ個体差があらわれる時期です。ここでは妊娠23週目にママの体に起こる変化や、赤ちゃんの様子をママたちの声を交えながら見ていきたいと思います。